KCCSモバイルエンジニアリングとACCESS、ネスレ日本のオフィス向け新サービス「キットカット たのめるくん」のシステムを開発

KCCSモバイルエンジニアリング株式会社 2017年12月06日

From PR TIMES

-IoT向け低価格通信サービス「Sigfox」を用いた、国内初のオフィス向けサービス商用化-



2017年12月6日
報道関係各位

KCCSモバイルエンジニアリング株式会社
株式会社ACCESS


KCCSモバイルエンジニアリングとACCESS、
ネスレ日本のオフィス向け新サービス「キットカット たのめるくん」のシステムを開発
-IoT向け低価格通信サービス「Sigfox」を用いた、国内初のオフィス向けサービス商用化-

KCCSモバイルエンジニアリング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金 炯培、以下KCME)と株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:兼子 孝夫、以下ACCESS)は、ネスレ日本株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長兼CEO:高岡 浩三、以下ネスレ日本)が2017年12月中旬から開始する「ネスカフェ アンバサダー」(オフィス)向け新サービス「キットカット たのめるくん」において、「Sigfox(シグフォックス)」とボタンデバイスを用いた自動発注システムを提供することを発表します。なお、本件はオフィス向け商用サービスにSigfoxを活用した国内初の事例となります。

[画像1: (リンク ») ]

「キットカット たのめるくん」は、ネスレ日本が「キットカット」をより手軽に楽しんでいただけるよう「ネスカフェ アンバサダー」向けに提供する新サービスで、在庫少量時にボタンを押せば自動的に発注できる仕組みです。2017年12月中旬からサービスが開始され、2018年末までに10,000オフィスでの利用が見込まれています。
本システムでは、データ通信に新無線通信技術「LPWA(Low Power Wide Area)」の1つとして注目される、低コストかつ低消費電力での通信が可能なIoTネットワーク「Sigfox」を採用しています。KCMEの通信デバイス(Sigfoxマルチアダプタ)とKCMEがネスレ日本向けに開発したボタンデバイスを接続し、在庫少量時にボタンが押されると、発注データがSigfoxクラウドサーバを経由し、ACCESSが開発したオーダーサーバに送信されます。
今回ネスレ日本は、特別な通信環境を構築しなくても利用できる安価な通信サービスとしてSigfoxを評価しました。Sigfoxを用いたことで10,000ユーザ規模でもコストを抑えた運用が可能になるとともに、ボタンを押すだけで簡単に発注ができるというユーザの利便性を実現しています。
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]



   


   

 
              
[画像4: (リンク ») ]

■システム構築における2社の役割について
<KCME>
自社製品の通信デバイス(Sigfoxマルチアダプタ)とデータ連携API(SmartBee IoT)の提供、およびボタンデバイスの開発を担当           


[画像5: (リンク ») ]

<ACCESS>
「キットカット たのめるくん」機器およびシステムの仕様策定、並びに「キットカット たのめるくん」本体をクラウド連携させるためのサーバを開発し、システムイングレーション全般を担当。
※「キットカット たのめるくん」の筐体は株式会社クレオ(東京都)が制作しています。

KCMEとACCESSは、今後「キットカット たのめるくん」サービスの運用サポートを行い、サービス向上を支援してまいります。


■Sigfoxについて
Sigfoxは、低コスト、低消費電力、長距離伝送を特長とした、グローバルな通信規格です。2009年よりフランスで導入が始まり現在36カ国に展開、2018年には60カ国に拡大される予定です。日本においては京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)が唯一のSigfoxオペレータとして、インフラ構築およびネットワークサービスの提供を行っています。
(リンク »)

■KCCSモバイルエンジニアリング 株式会社(KCME)
KCCSモバイルエンジニアリングは、「モバイルとICTを融合した最適化ソリューションを核に情報通信ネットワークに貢献するグローバルカンパニー」を目指し2011年より事業を開始しました。情報革命の基盤となるMobile Internet、AI、IoT、Bigdata、仮想クラウド分野はもちろん、さらにその各分野を細分化した5G、SDN、NFV、GPON、関係するエンジニアリングまで、幅広く事業を展開しています。また、日本国内のみならず海外にも積極的に進出し、とりわけ発展めざましい東南アジア地域を中心に拠点を展開し、グローバルに事業を推進しています。KCCSモバイルエンジニアリングは、京セラコミュニケーションシステム(KCCS)のグループ会社であり、Sigfoxパートナープログラムに参加しています。
(リンク »)

本件に関する報道機関からのお問い合わせ
KCCSモバイルエンジニアリング株式会社 経営企画室 上野 潤一
TEL:03-3455-4110
E-Mail:junichi-ueno@kcme.jp

■株式会社ACCESS
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび300社以上の通信機器メーカーへの採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
(リンク »)

本件に関する報道機関からのお問い合わせ
株式会社ACCESS 広報 半澤 美雪
TEL:03-6853-9087
E-Mail:prinfo-gr@access-company.com


※ ACCESS、ACCESSロゴは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。


■「ネスカフェ アンバサダー」
 
[画像6: (リンク ») ]


「ネスカフェ アンバサダー」は、累計出荷台数400万台を突破した家庭用コーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」を家庭だけでなく職場にも活用してもらうために、2012年11月に開始したサービスです。経済性や利便性に加え、一杯のコーヒーを基点に会話や笑顔を広げる“職場内コミュニケーションの活性化”といったベネフィットが受け入れられ、応募者は35万人を突破しました(2017年9月時点)。「ネスカフェ アンバサダー」では、“共創=Co-Creation”をテーマに、専用サイトを通じてアンバサダーの皆様から様々な意見やリクエストを積極的に吸い上げ、新サービスを開発してきました。
2013年9月からは、レギュラーコーヒーから、カプチーノ、ココア、宇治抹茶ラテまで本格カフェメニューを楽しめる「ネスカフェ ドルチェグスト」をご利用いただけるコースを開設、さらに2013年12月からは、“オフィスでお茶も飲みたい”という声に応え、カプセル式ティー専用マシン「ネスレ スペシャルT」をご利用いただけるコースを開設しています。

◇「ネスカフェ アンバサダー」専用サイト: (リンク »)  

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。