JR東日本 子ども見守りサービス 『まもレール』のサービス対象を首都圏111駅に拡大します

東日本旅客鉄道株式会社 2017年12月08日

From PR TIMES



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

●東日本旅客鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:冨田哲郎)とセントラル警備保障株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鎌田伸一郎)は、2018年1月9日(火)から「子ども見守りサービス『まもレール』」のサービス対象駅を拡大します。
● 2017年10月1日(日)に山手線、中央線の57駅からサービスを開始し、今回新たにさいたまエリアや横浜エリアを中心に5線区54駅を加え、合計7線区111駅でのご利用が可能となります。
●さらに2018年春には、首都圏を中心に合計15線区244駅にサービス対象駅の拡大を予定しており、今後も暮らしやすい沿線づくりをめざし、地域社会のよりよい未来に貢献してまいります。

1.新たにサービス対象となる線区および駅名
(1)京浜東北・根岸線をはじめ、5線区54駅で新たにサービスを開始し、合計7線区111駅でのご利用が可能となります。
■時期
2018年1月9日(火)初電から
■新たに対象となる線区および駅名 (ただし、下線の駅は既にサービス対象となっている駅です)
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

(2)2018年春までに、次の8線区133駅を加え、首都圏を中心に合計15線区244駅でサービスがご利用いただけるようになります。
■2018年春までにサービス対象となる線区
・総武線(東京・秋葉原~千葉:各駅停車含む) ・内房・外房線(千葉~蘇我)
・京葉線(東京~蘇我) ・南武線(川崎~立川)
・埼京・川越線(大崎~川越) ・横浜線(東神奈川~八王子)
・武蔵野線(府中本町~西船橋)
・常磐線(品川~上野~取手:各駅停車含む。ただし、綾瀬駅はご利用いただけません)

※新幹線改札口・乗換口、他社線との乗換口など、一部ご利用いただけない改札があります。
※詳しくは、「まもレール」オフィシャルサイトにてご確認ください。

2.サービス概要
お子さまが、「Suica」「PASMO」にて対象駅の自動改札を通過すると、ご登録いただいた保護者のスマートフォンなどの携帯端末に「利用駅」「通過時刻」「チャージ残額」が通知されます。
電子メールへの配信のほか、「JR東日本アプリ」のプッシュ通知機能での配信もご利用いただけます。
[画像5: (リンク ») ]


■対象者
小学生、中学生、高校生 (満18歳の3月31日まで)

■対象のICカード
「Suica」「PASMO」
※無記名式の「Suica」「PASMO」は、ご利用いただけません。

■利用料金
月額500円(税抜) ※お子さま1人、保護者1通知先の場合。

■お申込み方法
下記「まもレール」オフィシャルサイトで受け付けております。
(リンク »)

・「Suica」は、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
・「PASMO」は、株式会社パスモの登録商標です。
・ 株式会社パスモ商標利用許諾済 第108号

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

東日本旅客鉄道株式会社の関連情報

東日本旅客鉄道株式会社

東日本旅客鉄道株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]