第10回共創イベント 伝統産業の再生に挑むハッカソン&アイデアソンを開催!~ 大堀相馬焼の職人技をハックせよ!伝統工芸ハック&アイデアコンテスト ~【イベント開催・参加者募集】

復興庁 2017年12月08日

From PR TIMES

<テーマ>職人技のIT化で若い人が大堀相馬焼の作り手として活躍するには?<平成29年度 復興庁「新しい東北」共創力で進む東北プロジェクト>

日時:2017年12月16日(土)13:00~17日(日)16:00の2日間、会場:会津大学 LICTiA(福島県会津若松市一箕町大字鶴賀字上居合90)、募集エリア:全国、募集人数:定員30名、参加費:無料



[画像: (リンク ») ]

 復興庁の「共創力で進む東北プロジェクト」では、被災地の課題解決に向けてオープンイノベーションの手法を取り入れ、官民連携の新しい取組みとして全国で「共創イベント」を開催しています。最終回となる第10回は、福島県会津若松市にて2017年12月16日(土)から17日(日)の2日間の日程で、ITを使ったプロダクトを開発するハッカソンとアイデアソンを同時に開催いたします。
 今回は、大堀相馬焼(おおぼりそうまやき)の松永窯からご応募いただきました課題について、松永窯4代目でベンチャー起業家として活躍する松永武士氏や職人らとともに、伝統産業の再生に挑んでいきます。
 300年以上前に起源をもつ大堀相馬焼は、福島県浪江町大堀で焼かれる陶器で、江戸時代に栄えた後、戦後に再興され、1978年には国から「伝統的工芸品」に指定を受け、材料調達場所、轆轤を挽く職人、絵付け職人、窯元や販売先といった活動のすべてが、地域に根差して展開されてきました。しかしながら、福島第一原発の事故により、浪江町からの撤退が余儀なくされたことでバリューチェーンが崩壊。震災前には21軒あった窯元も11軒(松永窯調べ)まで減少し、職人不足と後継者不足が加速しています。特に轆轤を挽く職人不足と高齢化が深刻で、一刻も早い後継者の育成が望まれ、若年層を伝統工芸産業に惹きつける取組や技を後世に残す取組みが急務となっています。
 そこで当日は、「ハッカソン部門」「アイデアソン部門」に分かれ、前者では、現役で活躍する大堀相馬焼の職人も参加して、大堀相馬焼の職人技をITでコピーするための手段を考え、大堀相馬焼の新たな作り方を生み出し、それを体験できるプロトタイプの開発に挑戦していきます。また後者では、IT化された職人技を利活用した人材のユニークな育成方法や育った人材が世界で稼げるためのアイデアを考え、大堀相馬焼の新しい担い手として彼らが活躍するステージを描いていきます。
 なお、本イベントで創発したアイデアや企画は、今回の課題を提供した大堀相馬焼の松永窯と関連団体が最終案に取りまとめ、最大300万円の経費支援を受けて、2018年3月までに具現化する予定です。

■第10回共創イベント「参加者募集概要」
○日時:2017年12月16日(土)13:00~17日(日)16:00の2日間
○会場:会津大学 LICTiA(福島県会津若松市一箕町大字鶴賀字上居合90)
○応募対象者:・本テーマに挑戦してみたいITエンジニア
       ・伝統工芸の技能継承に関心がある人
       ・AI、3D、VR/AR、IoTなど新たに広がるITの活用に関心がある人
       ・若い人材が活躍できる地域産業に創出に関心がある人
       ・共創に関心のある方
       ・本テーマに関心のある方
       ・高校生、大学生
       *未成年者は保護者の同意が必要です。
○募集人数:定員30名
○参加費:無料 *宿泊費、食費や移動などにかかる実費は各自でご負担ください。
○持ち物:パソコンを持参できる方は、お持ちください。
○応募方法:インターネット  アクセス先  (リンク »)
      *「共創力で進む東北プロジェクト・共創イベント」参加同意書をご記入の上、当日ご提出いただきます。記載内容に同意いただけない方は、ご応募をお控えください。
○本イベントに関するURL: (リンク »)
○参加決定のご連絡:事務局より応募時に登録したメールアドレスへのご連絡をもって決定。
○お問い合わせ先:共創イベント開催事務局(NECソリューションイノベータ株式会社内)
    TEL 03-5569-3300 E-mail fw_tohoku2017@nes.jp.nec.com

■第10回共創イベント「開催概要」
○主催:復興庁
○登壇者:株式会社ガッチ 代表取締役 松永武士松永 武士氏
○テーマ:職人技のIT化で若い人が大堀相馬焼の作り手として活躍するには?
○プログラム:12月16日(土)
       12:30 開場
       13:00 開会メッセージ・趣旨説明
       13:10 インプットトーク
       14:00 ハッカソン&アイデアソン
       18:00 終了 *終了後、懇親会を予定しています。
       12月17日(日)
       10:00 アイデアソン&ハッカソン
       15:00 成果発表会・審査・結果発表・講評
       16:00 終了
       ※プログラムは、変更になる場合があります。

共創力で進む東北プロジェクト専用サイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]