マネックス証券、AIでFXのトレーディング技術の向上を支援!新サービス「トレードカルテFX」提供開始

マネックス証券株式会社 2017年12月11日

From PR TIMES



マネックス証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:松本大、以下「マネックス証券」)は2018年1月(予定)より、マネックス証券のFX(外国為替証拠金取引)サービス「FX PLUS」をお使いのお客様に、人工知能(AI)でFXのトレーディング技術の向上を支援する新サービス「トレードカルテFX」(以下「トレカル」)の提供を開始しますのでお知らせします。
「トレカル」は、マネックス証券とHEROZ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:林隆弘・高橋知裕、以下「HEROZ」)が共同で開発しました。(特許出願済み)

「トレカル」は、FXトレーディングを頻繁に行うお客様をサポートするAIです。過去のトレーディング実績を基に、HEROZの「HEROZ Kishin」AIを用いて、お客様の取引の傾向(売買タイミングや得意・不得意なチャートパターンなど)や取引スタイルを地図の様に表示(特許申請:特願2017-211439)します。これによりお客様は、視覚的に自身の取引スタイルを理解することができ、「目標とする取引リズムや取引スタイルを固めたい」「通貨ごとの適正相場を確認したい」等の課題を解決することが可能になります。
[画像1: (リンク ») ]



【開発思想】
「トレカル」はお客様のトレーディング技術の向上を支援し、お客様に成長を体感していただくためのパーソナルアシスタントツールです。
トレーディングにおいてしばしば重要視される取引要素(売買タイミングや得意不得意なチャートパターン等)に着目し、過去のトレーディング実績を基に収益等の統計情報をHEROZが誇る将棋AIから生まれた「HEROZ Kishin」AIで分析する事で、トレーディングの世界を地図の様に示し、まるで地図アプリや乗換アプリの様に現状の取引スタイルの理解を促し、お客様個別の目標へ導きます。(特許申請:特願2017-211439)
[画像2: (リンク ») ]


マネックス証券とHEROZは、「トレーディングの評価基準」、「トレーディング能力とその向上」、「トレーディングの目標」という一見当たり前の問いを改めて考え直しました。
お客様各々に備わっている取引スタイルを分析し、「スタイルの一貫性」をトレーディングの価値基準としました。お客様の「取引スタイルの定着度合」をトレーディング能力と向上の評価軸とし、トレーディングの目標は人が目指せるものでなければならないのではと考え、これまでの技術では実現の難しい目標をAIを用いて「地図のように表示」しました。

【課題解決】
「トレカル」はFXトレーディングを頻繁に行うお客様の、以下の課題を解決すると考えます。
・日々の取引の予習・復習をきっちりこなしたい
・取引リズムや取引スタイルを固めたい
・他通貨での取引や相場適正を確認したい
・相場傾向に依らない客観的評価が欲しい
マネックス証券は今後もお客様のご意見などを取り入れ、より良い投資環境構築の一助となるべく、今後もさらにサービス改善に努めてまいります。
詳細はマネックス証券ウェブサイト( (リンク ») )をご覧ください。

■HEROZ会社概要
会社名:HEROZ株式会社(HEROZ, Inc.)
所在地:〒108-0014 東京都港区芝5-31-17 PMO田町2F
設 立:2009年4月
資本金:1.1億円
代表者:代表取締役 林 隆弘・高橋 知裕
事業内容:人工知能(AI)を活用したインターネットサービスの企画・開発・運営
HEROZは、「驚きを心に」をコンセプトとして人工知能(AI)等の技術で「世界を驚かすサービスを創出する」ことを目指しています。「将棋ウォーズ」、「CHESS HEROZ」、「BackgammonAce」の開発を通じて蓄積した機械学習等の人工知能(AI)関連の手法を固有のコア技術とし、現役将棋プロ棋士に勝利した将棋AIの開発者などトップエンジニアが日々開発に取り組んでおります。
今後も独自AI「HEROZ Kishin」を軸にディープラーニング(深層学習)等の機械学習の研究開発やビジネス活用を続け、人工知能革命(AI Revolution)で各産業にパラダイムシフトを起こして参ります。
※HEROZ Kishinは、これまで人間には解決できなかった問題に挑戦し、新時代を創造するAIです。
以 上

【トレードカルテFXについて】
本サービスは本サービス利用登録者(以下「利用登録者」)等の取引実績を対象として統計分析を行い、その結果を利用登録者に示しますが、その結果を利用登録者に向けた用途以外で用いる事はございません。当社は記載した銘柄の取引を推奨し、勧誘するものではございません。当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄選択や売買タイミングなどの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任で行っていただくようにお願いいたします。

【手数料等およびリスクについて】
マネックス証券の取扱商品等のお取引をいただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じることがあります。各商品等のお取引にかかる手数料等およびリスクは商品毎に異なります。詳細につきましては、マネックス証券ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「目論見書」「目論見書補完書面」「リスク・手数料などの重要事項」等を必ずお読みください。

【マネックス証券株式会社について】
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

マネックス証券株式会社の関連情報

マネックス証券株式会社

マネックス証券株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]