テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト 2017年 アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」発表

デロイト トーマツ グループ 2017年12月11日

From PR TIMES

500社の平均売上高成長率は前年から27ポイント増の600%で引き続き上昇

-1位は中国のWuhan Douyu Network Technology
-上位10社のうち3社がモバイル エンターテインメント企業
-中国企業が上位10社では5社、上位500社では119社ランクイン



デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(DTTL)は2017年12月11日、TMT(テクノロジー・メディア・通信)業界の企業を対象にした過去3決算期の収益(売上高)に基づく成長率のランキング「デロイト 2017年 アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」を発表しました。トップに輝いたのはWuhan Douyu Network Technology Co Ltdで、成長率は70,776 %と プログラムの16年間の歴史の中で2番目に高い記録となりました。今年の上位10社にはモバイル エンターテインメント企業が3社ランクインし、アジア太平洋地域でライブストリーミングおよびモバイル ゲームの市場が成長を続けていることがわかります。

中国に本社を置くWuhan Douyu Network Technology Co Ltd(Wuhan Douyu)はライブストリーミング・プラットフォーム大手で、Tencent Holdings Ltdの支援を受けています。Amazonがゲーム専門のライブビデオ・ストリーミング・プラットフォームTwitchを所有しているのと同様に、Wuhan Douyuは Douyutv.comの開発・運営を行っています。事業活動は、コンピュータ テクノロジー、ネットワーキング テクノロジー、エレクトロニクス、通信、自動制御技術の研究開発などです。

アジア太平洋地域テクノロジーFast 500を主催するデロイト アジア太平洋地域 TMTリーダーの楠 俊史(くすのき としふみ)は次のように述べました。「デロイト アジア太平洋地域テクノロジーFast 500には、消費者の生活のあらゆる側面でイノベーションを牽引するテクノロジー企業が顔を揃えています。上位10社を占めるのは、オンライン ゲーム/eスポーツをはじめとするモバイル エンターテインメント、デジタル金融/フィンテック、IoTソリューションに注力する企業です。この1年のWuhan Douyuの急成長に表れているように、中国のテクノロジー企業のモバイル エンターテインメント事業収益は大幅に増えています。これらの企業は多種多様な製品を通じてカスタマー エクスペリエンスの充実と顧客満足度の向上にフォーカスし、データプランの大容量化やコンピュータからモバイルへのシフトを進めた結果、中国の中間層のモバイル エンターテインメントへの需要増加をうまく活かすことができました」

Douyu TVの創業者で最高経営責任者を務めるChen Shaojie氏は自社の強みについて次のように話しています。「デロイト アジア太平洋地域テクノロジーFast500に選ばれて大変光栄です。2014年の設立から当社は業務に邁進し、おかげさまで記録的な収益をあげるまでになりました。今後も積極的に事業を拡大し、中国における一流ライブストリーミング サービスプロバイダーとしての地位を維持していきます」

地域別傾向
テクノロジーFast 500ランキングの選出は、過去3年度における収益(売上高)成長率に基づいて行っています。選出企業を地域別に見ると、引き続き中国企業の存在が目立ち、上位10社には5社が、上位500社には119社がランクインしました。

デロイト中国TMTのマネジングパートナーのWilliam Chouは「中国のデジタル普及率は伸び続けており、市場には技術革新の機会が豊富にあります。中国で1990年以降に生まれた世代は、信用取引への抵抗感が少なく、デジタル決済への順応性も高いため、貯蓄性向より消費性向のほうが大幅に高いです。そのため、中国のミレニアル世代にゲームやライブストリーミングといった安価なエンターテインメントを提供する企業、あるいはEコマースやフィンテックに注力する企業はこれからも成長を続けるでしょう」と述べました。

事業領域別傾向
過去5年間の傾向と同様に、ソフトウエア企業が最多となりました。2017年のランキングでは上位500社のうち212社がソフトウエア企業で、前年の199社から増加し、全体の42%を占めています。

2番目に多かったのはハードウエア セクターで、今年のテクノロジーFast500の18%を占めました。それにもかかわらず、上位10社にランクインしたハードウエア企業は、オンライン マルチプレイヤー バーチャルリアリティ ゲームを提供するオーストラリアのZero Latency Pty Ltd 1社にとどまりました。

収益(売上高)成長の傾向
上位500社の2017年の平均収益(売上高)成長率は600%と、573%を記録した前年を27%上回りました。ランキング上位10社の平均収益(売上高)成長率は11,995%でした。収益(売上高)成長率は上位500社、上位10社共に2008年以降の最高を記録しました。

デロイト アジア太平洋地域テクノロジーFast 500 リーダーの楠 俊史は「アジア太平洋地域は今も画期的なデジタル変革の最前線にいます。アジア太平洋地域テクノロジーFast 500ランキングは、デジタル革命の傾向をモニタリングし、明らかにするうえで重要な役割を果たし続けます」と述べました。

「デロイト 2017年 アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」ランキング上位10社

1位 Wuhan Douyu Network Technology Co Ltd / 中国 / 通信 / 成長率: 70,776%

2位 Hireup Pty Ltd / オーストラリア / ソフトウエア / 成長率: 7,713%

3位 Guangzhou Fengei Network Technology Co Ltd / 中国 / ソフトウエア / 成長率: 7,481%

4位 Qingdao Yeelight Information Technology Co Ltd / 中国 / ソフトウエア / 成長率: 7,189%

5位 WeLab Holdings Ltd / 中国 / ソフトウエア / 成長率: 7,130%

6位 Beijing Duiawang Education & Technology Co Ltd / 中国 / メディア / 成長率: 5,179%

7位 zipMoney Ltd / オーストラリア / ソフトウエア / 成長率: 4,012%

8位 Zero Latency Pty Ltd / オーストラリア / ハードウエア / 成長率: 3,611%

9位 Egis Technology Inc / 台湾 / ソフトウエア / 成長率: 3,580%

10位 Connexion Media Ltd / オーストラリア / ソフトウエア / 成長率: 3,278%

全500社のランキングは、 (リンク ») (英語)をご覧ください。

「デロイト 2017年 アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」を受賞した日本企業46社

日本企業は株式会社ココナラ(成長率1,252.39%)が36位、株式会社トレタ(成長率1,243.69%)が37位、株式会社ZUU(成長率1,150.62%)が41位と、3社が上位50位内にランクインしました。また、Fast500ランキングを受賞した日本企業は全部で46社と、昨年の35社から11社増加しました。

36位 株式会社ココナラ (未) / 成長率:1252.39%
個人の得意を売買するスキルのフリーマーケット「ココナラ」の運営

37位 株式会社トレタ (未) / 成長率:1243.69%
飲食店向け予約顧客台帳サービス

41位 株式会社ZUU (未) / 成長率:1150.62%
資産運用に関する総合プラットフォームの開発と提供

97位 株式会社マイネット / 成長率:584.72%
スマートフォンゲームの運営に特化したゲームサービス事業

176位 株式会社PKSHA Technology / 成長率:315.46%
機械学習技術等を利用したアルゴリズムの開発及びライセンス提供

187位 株式会社ジーニー (未) / 成長率:302.93%
アドテクノロジーおよびマーケティングテクノロジー事業

203位 株式会社グッドパッチ (未) / 成長率:259.06%
ハートに響くUIを追求するUIデザインカンパニー

239位 株式会社チームスピリット (未) / 成長率:211.83%
勤怠・工数管理、経費精算、電子稟議が一体となった働き方改革プラットフォーム

255位 株式会社ウフル (未) / 成長率:202.78%
他社ライセンスの再販、SI、自社ライセンスの開発、販売

285位 アライドアーキテクツ株式会社 / 成長率:177.52%
SNSを活用したデジタルマーケティング支援事業

287位 株式会社ブイ・テクノロジー / 成長率:175.74%
ディスプレイ用製造装置事業、最先端ディスプレイの量産に貢献する革新的な技術を提供

289位 株式会社ジーエヌアイグループ / 成長率:175.31%
中国で新薬探索から製造販売までを行う日本の製薬会社

291位 株式会社ユーザベース / 成長率:174.41%
企業活動の意思決定を支える情報インフラの提供

295位 株式会社デザインワン・ジャパン / 成長率:173.50%
オールジャンル口コミ店舗検索サイト「エキテン」の運営

297位 株式会社アカツキ / 成長率:165.77%
モバイルゲーム事業、ライブエクスペリエンス事業

304位 株式会社SHIFT / 成長率:156.27%
ソフトウェアの品質保証に関するコンサルティング及びテスティング事業

310位 WASHハウス株式会社 / 成長率:150.12%
遠隔監視によりクリーン運営・管理されるコインランドリーの展開

316位 株式会社Speee (未) / 成長率:145.44%
IT領域に強みを持ち、不動産、海外HR、医療など幅広い事業を展開

317位 株式会社Gunosy / 成長率:144.50%
データとアルゴリズムを活用した情報提供サービスの開発・運営とアドテクノロジー事業

324位 株式会社じげん / 成長率:141.76%
ライフメディアプラットフォーム事業

326位 弁護士ドットコム株式会社 / 成長率:140.05%
法律相談サイト「弁護士ドットコム」の運営・クラウド契約サービス「クラウドサイン」の提供

328位 株式会社ツクルバ (未) / 成長率:139.05%
インターネットを活用したリノベーション・中古住宅の流通プラットフォームcowcamo事業

336位 株式会社アトラエ / 成長率:133.15%
HR Tech関連サービス(Green、wevox、yenta)の提供

338位 株式会社クリエイターズマッチ (未) / 成長率:129.96%
国内最大級のインターネット広告制作プラットフォームを展開

339位 株式会社Phone Appli (未) / 成長率:129.44%
WEB電話帳ソフトをメインとした電話関連ソフトの開発及び販売

343位 テモナ株式会社 / 成長率:123.78%
EC事業者向けWebサービスの開発・運営等

344位 株式会社エー・ソリューションズ (未) / 成長率:123.68%
ロボアドバイザー・クラウドファンドソリューションを展開するFinTechベンダー

360位 株式会社テラスカイ / 成長率:115.56%
クラウドに特化したシステム開発、サービスの提供

371位 株式会社レントラックス / 成長率:109.27%
アフィリエイトサービスプロバイダ

375位 ペットゴー株式会社 (未) / 成長率:107.93%
ペットコマース&ペットデータ事業

390位 オーマイグラス株式会社 (未) / 成長率:101.30%
国産メガネのEC及び店舗販売等

393位 株式会社アイリッジ / 成長率:100.50%
スマートフォン向けO2Oソリューションの提供、アプリ開発、マーケティング支援

398位 株式会社エクストリーム / 成長率:97.29%
デジタルクリエイタープロダクション

399位 株式会社U-NEXT / 成長率:97.21%
VOD(映像配信)事業、MVNO(仮想移動体通信事業者)・光インターネット回線事業

402位 株式会社ディー・ディー・エス / 成長率:95.68%
生体認証技術を活用した情報技術関連製品の研究・開発・販売

404位 株式会社アイスタイル / 成長率:95.45%
美容系総合ポータルサイトアットコスメ及び小売事業の企画運営等

408位 株式会社RS Technologies / 成長率:93.81%
シリコンウェーハの再生・機密加工

411位 株式会社エイチーム / 成長率:90.82%
スマートフォンアプリや比較・ECサイト等の企画・開発・運営

413位 株式会社ウェブレッジ (未) / 成長率:88.48%
次世代型マーケティング支援事業及び品質向上支援事業

416位 ナイル株式会社 (未) / 成長率:87.22%
Web 及びアプリ領域におけるデジタルマーケティング支援事業

445位 株式会社豆蔵ホールディングス / 成長率:72.84%
基幹システム構築、Webアプリケーション開発等

463位 株式会社マーケットエンタープライズ / 成長率:65.39%
ネット型リユース事業

470位 株式会社シンクロ・フード / 成長率:61.91%
飲食業向けメディアプラットフォームの運営

489位 ソフトブレーン株式会社 / 成長率:56.42%
営業課題解決事業

494位 株式会社ホープ / 成長率:55.38%
アプリ「マチイロ」の運営、地域と行政をつなぐ総合サービス会社

500位 株式会社セレス / 成長率:53.93%
スマートフォンメディア事業

※(未) は未上場企業、それ以外は上場企業を示す(2017年9月末時点)。

【デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500とは】
テクノロジーFast 500は、デロイト トウシュ トーマツ リミテッドが、TMT(テクノロジー・メディア・通信)業界の急成長企業を、世界3極(アジア太平洋地域、北米地域、EMEA地域)の地域レベルで顕彰するプログラムです。2017年で16回目を迎えた「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」は2002年に開始、日本は初年度から参加しています。ランキング基準は、直近3決算期(北米地域、EMEA地域は直近4決算期)の収益(売上高)に基づく成長率としており、現在はオーストラリア、中国、インド、日本、韓国、マレーシア、ニュージーランド、シンガポール、台湾から、上場、未上場を含む様々な規模の企業が参加しています。ランキング対象となる事業領域は、1.半導体や部品・コンピュータ、周辺機器等を含むハードウエア、2.アプリや各種管理運用システムを含むソフトウエア、3.インターネットやクラウドサービスを含む通信、4.広告やマーケティング、Eコマースを含むメディア、5.バイオや製薬を含むライフサイエンス、6.再生技術やエネルギー貯蔵、機器を含むクリーンテック、以上の6領域としています。

【本プログラムで開示されている情報について】
この情報は、集計に当たり正確を期しておりますが、企業からの回答をそのまま集計し反映したものであり、有限責任監査法人トーマツやデロイト トウシュ トーマツ リミテッドは、明示または黙示を問わず、これらの情報の正確性などについて何らかの意見を表明したり、または内容を保証したりするものではありません。

【参考情報】
「アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」の詳細  (リンク »)
「北米地域テクノロジー Fast 500」の詳細  (リンク »)
「EMEA地域テクノロジー Fast 500」の詳細  (リンク »)

本ニュースリリースは、12月11日に香港で配信された内容を日本版として和訳し、一部加筆修正しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]