ビットエー、AI特化型メディア「BITAデジマラボ」を「Ledge.ai(レッジエーアイ)」として全面刷新し、AI関連事業を「株式会社レッジ」として子会社化

株式会社ビットエー 2017年12月12日

From PR TIMES



[画像: (リンク ») ]

株式会社ビットエー(所在地:東京都港区高輪、代表:橋本和樹)の運営する「BITAデジマラボ」は、12月11日(月)より、ブランドを全面的に刷新し、新たなAI特化型Webメディア「Ledge.ai(レッジエーアイ)」(URL: (リンク ») )として運営を開始いたします。それに伴い、メディア事業を株式会社レッジ(所在地:東京都港区高輪、代表:橋本和樹)として、子会社化しましたのでお知らせいたします。

■本件の背景と経緯
「BITAデジマラボ」は、『発想と実装の間をつなぐ』メディアとして、最新技術の紹介だけでなく、ビジネスにテクノロジーをどう活用するかという視点で、AIやチャットボットなどの最新情報を発信しています。

この度、より『AI特化型メディア』としての更なるブランド強化を目的とし、新たに「Ledge.ai(レッジエーアイ)」として、ブランドの全面刷新へ踏み切りました。

また、AIに特化したメディア運営、AIプロジェクトのコンサルティングとしての事業成長を更に加速させるため、BITAデジマラボのチームを株式会社レッジとして子会社化いたしました。

■媒体名・社名変更の意図
「Ledge(レッジ)」という単語には、『尖り』や『出っ張り』という意味合いがあります。最先端のAI技術を扱うメディアとして、どこまでも尖った情報を発信していきたいという思いが込められています。

「Ledge.ai(レッジエーアイ)」は、「BITAデジマラボ」の『発想と実装の間をつなぐ』というコアバリューは引き継ぎつつ、よりAIという最新技術にフォーカスした媒体を目指します。

【株式会社ビットエーについて】
・会社名 :株式会社ビットエー
・URL  : (リンク »)
・代表者 :橋本和樹
・所在地 :東京都港区高輪3-25-29
・事業内容:ITシステム、アプリケーションソフトの企画、設計、開発

【株式会社レッジについて】
・会社名 :株式会社レッジ
・URL  : (リンク »)
・代表者 :橋本和樹
・所在地 :東京都港区高輪3-25-29
・事業内容:AIに特化したメディア運営、AIプロジェクトのコンサルティング

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]