米国クラウドファンディングで24万ドルを集めたウェアラブルディスプレイ『Vufine』、販売台数1万台を突破

VUFINE, Inc. 2017年12月12日

From PR TIMES

ビックカメラ他量販店での販売も開始

Vufine Inc.(所在地:米国カリフォルニア州サニーベール ファウンダーCEO:高坂 悟郎 URL: (リンク ») )は、スマートフォンやタブレットなどのカメラと連動させる眼鏡装着型ウエアラブルディスプレイ『Vufine』が、2016年4月の出荷開始以来通算で1万台を販売し、単眼式ヘッドマウントディスプレイで世界一の販売台数(*2016年、同社調べ)となりましたので、お知らせします。 



[画像1: (リンク ») ]

Vufineはこれまで世界61カ国に直接販売を行なってきました。2017年からはさらに販売網とサポート体制を強めるために各地域に戦略的パートナーとなる代理店を置き、販売体制を強化しつつあります。これまでの出荷台数は北米エリアが最も多く、続いて日本、イギリス、ドイツとなります。
[画像2: (リンク ») ]

『Vufine』は機能をシンプルにすることにより、複雑で高価な製品ではなく、手に入れやすく使いやすい製品を目指した高解像度の”ディスプレイ”です。

Pokemon GoなどのARゲームをハンズフリーで楽しむことや、ドローンから撮影を行う際に飛行中の機体と空撮映像を同時に確認しスムーズな撮影を可能にする用途などで利用されてきました。それに加え、近年ユーザーが増えてきている一眼レフカメラでの動画撮影において、カメラを動かすダイナミックな撮影を行う際の映像確認に『Vufine』を使用するケースが増えてきています。SONYの新作ミラーレス一眼カメラα6500の全米キャンペーンではカメラの取り回しやすさのアピールにVufineが使用されました。
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]


購入前に実機を試したいというユーザーの声に応えるため、今後も体験のできるタッチポイントを増やしていきます。日本では、セキドDJI横浜ベイサイド店に加え、10月よりビックカメラの都内5店舗(お取扱店舗:池袋東口カメラ館・有楽町店・AKIBA店・新宿西口店・ビックロ、名古屋2店舗(名古屋駅西店・名古屋JRゲートタワー店)でも店頭体験が可能となりました。

■商品概要
商品名 :Vufine(ビューファイン)
販売価格:25,800円
販売場所: (リンク »)
サイズ :96 x 20 x 14mm (3.8"W x 0.8"H x 0.6"D)
重さ :26g (0.9oz)
バッテリー持続時間:約90分
ディスプレイタイプ:LCOS qHD 960x540
ヴァーチャルスクリーン:眼から10cm at 28cm (4” at 11”)
輝度:220 cd/m2
コントラスト比:150:1
リフレッシュレート :60Hz
URL   : (リンク »)

■Vufine,inc.について
会社名  :Vufine,inc.
URL   : (リンク »)
本社所在地:1202 Kifer RoadSunnyvale CA 94086
設立   :2015年3月
代表者  :高坂 悟郎
事業内容 :ウェアラブルデバイスの企画、開発、製造、流通、販売



プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]