フューチャースタンダード、初期費用無料で始められる”プログラミング不要”のクラウド映像解析AIツール「SCORER Cloud Processing」をリリース

株式会社フューチャースタンダード 2017年12月12日

From PR TIMES

映像解析ソリューションカンパニーの株式会社フューチャースタンダード(本社:東京都文京区、代表取締役:鳥海哲史、以下、フューチャースタンダード)は2017年12月12日、初期費用無料で、映像解析の知識や経験がない方でも簡単にクラウド上でAIによる映像解析を行える「SCORER Cloud Processing(スコアラー クラウド プロセッシング)」の提供を開始いたしました。



今回提供を開始した「SCORER Cloud Processing」は、国内外にある複数の映像解析AIアルゴリズム提供企業と提携することで、各アルゴリズムごとの設定や開発の手間をゼロにすることに成功しました。
これにより、映像解析AIアルゴリズムを選択するだけで、誰でも簡単にクラウド上で映像解析AIを利用することが可能になります。

「SCORER Cloud Processing」は、フューチャースタンダードが提供している映像解析プラットフォーム「SC ORER」のクラウド版サービスです。「SCORER」とは、カメラや映像に関する最新技術をブロックのように組み合わせ「安く・早く・簡単」に映像解析システムを開発できるプラットフォームです。

「SCORER」の特徴は、大手システム開発企業やAIベンチャーなどが保有している、一般的には利用できない様々な高性能・高機能な映像解析技術、ネットワーク技術、クラウド技術、組込み技術の提供を受けることで、それらを一元的に管理利用できる点にあります。

[画像1: (リンク ») ]

今回リリースした「SCORER Cloud Processing」では、ログインするだけでどなたでも無料で映像解析を始めていただくことが可能です。映像解析の設定まで、わずか3クリックという手軽さを実現しました。

《 利用手順 》
STEP1:解析したい映像を選択
[画像2: (リンク ») ]

STEP2:解析アルゴリズムを選択

[画像3: (リンク ») ]

STEP3:解析結果を確認・出力

[画像4: (リンク ») ]

《 利用出来るAIアルゴリズム一覧 》
◆ 利用可能
・ SenseVideo (中国 SenseTime)
・ SCORER Face(フューチャースタンダード、 Open CV)
・ SCORER People(フューチャースタンダード、Open CV)

◆ 今後、リリース予定
・ Microsoft Azure API(2017年内 リリース予定、)
・ RICOH Visual Recognition API (2017年内 リリース予定、日本 リコー)
・ Ayonix Face ID(2018年年初 リリース予定、日本 Ayonix)

《 ご利用料金 》
ユーザー登録費用 :無料
初期費用     :無料


[画像5: (リンク ») ]


「SCORER Cloud Processing」の登録は無料です。
利用時間に応じて費用が発生する従量課金制を採用しています。料金は最新のAIを利用しても70円/1h~となっており、研究・R&D用としても実務用としても十分なコストパフォーマンスを発揮することが可能な料金体系となっております。

分析結果イメージ: SenseVideo
[画像6: (リンク ») ]


◆ 参考動画: (リンク »)
◆「SCORER Cloud Processing」サービスサイト: (リンク »)

◆ 提携企業と提供アルゴリズム
1. SenseTime(センスタイム)社:「SenseVideo(センスビデオ)」
[SenseTime社]
(リンク »)
[SenseVideo]
(リンク »)

SenseTime(センスタイム)社、最先端のディープラーニング技術をコンピュータービジョン(※1)に適用する香港の人工知能開発のスタートアップ企業。香港中文大学の教授でもあるTang Xiaoou氏が設立し、現在では中国の政府機関や大手企業各社(China Mobile、Huawei Technologyなど)に利用されております。
SenseTime社の技術は世界的にも高く評価されており、スタンフォード大学が毎年主催する世界的に有名なコンペティションであるILSVRCのビデオ部門において、Google社をもしのぐ成績で同部門1位を獲得しております。
(リンク »)
「SenseVideo(センスビデオ)」とは、映像の中の物体を検知するオブジェクト認識アルゴリズムのことです。

センスタイム社からのコメント
-----------------------------------------------------------------
SenseVideo は世界最高精度( ※2)の物体検出技術を開発したメンバが生み出した車両・歩行者を対象とする画像認識エンジンです。発表以来,セキュリティ業界や小売業のお客様などから数多くお問い合わせいただいております。このたび SCORER Cloud Processing のラインナップに加えていただきまして,これまで以上に幅広いお客様にご活用いただけることを非常に楽しみにしております。ぜひ一度お試しいただき最先端画像認識技術の新たな活用方法・活用フィールドを発見いただければ幸いです。
-----------------------------------------------------------------
(※1)コンピュータビジョンとは、コンピューターに取り入れた生の画像情報を処理して、必要な画像情報を取り出す技術のこと。いわば「コンピューターの目」を作ること。
(※2) ILSVRC(ImageNet Large Scale Visual Recognition Challenge)2015および2016の動画認識部門で世界1位 (リンク »)

2. Microsoft(マイクロソフト)社:Microsoft Azure
[Microsoft Azure Cognitive Service Video Indexer]
(リンク »)
[Microsoft Azure Media Services Media Analytics]
(リンク »)
Azure Cognitive Serviceは動画内の情報を分析し、文字起こしやタグ付けなどが可能。Azure Media Services Media Analyticsは人物の顔を検知し、モザイクやマスクをかけることでプライバシーやセキュリティに拝領した動画が生成可能

3. リコー社: 「RICOH Visual Recognition API(Human Detection)」
(リンク »)
画像内の人物を検知し、カウントすることが出来るアルゴリズム。カメラを向いていなくても検知可能

4. Ayonix(アヨニックス)社: 「Ayonix Face ID]」
(リンク »)
3次元顔認識技術を応用したアルゴリズム。高精度で顔認証、属性分析などが可能

「SCORER Cloud Processing」の今後の事業展開
「SCORER Cloud Processing」の事業目標として、2018年内に月間解析対象総映像時間10万時間の達成を目指しております。現在、「SCORER Cloud Processing」は、小売店を中心にした関心度測定ツール「ESASY」(株式会社クレスト)や警備業界向けソリューションの開発(株式会社ホワイトボード)に加えて、国内上場企業様でも課題解決の映像解析ツールとして活用していただいております。弊社では、今後、パートナー制度の策定も含めて、より多くの皆様に使って頂ける施策を検討しております。ご期待下さい。

「SCORER Cloud Processing」で利用できるAIの利用用途例
◆ SenseVideo
・ 交通量調査:道路などを撮影した映像から周辺の交通量を計測
・ 属性分析:年齢性別判断機能を利用して、店舗などのマーケティングデータの取得
・ 動線解析:対象をトラッキングすることで、撮影エリア内での移動経路を可視化
◆ SCORER Attention Counter
・ 交通量検知と組み合わせることで、VMDなどの関心度・視聴率を計測
◆ SCORER Pedestrian Counter
・ 店舗や施設内の通行量を簡易的に測定

映像解析技術と数多くの事例を持つフューチャースタンダード
フューチャースタンダードは「未来の普通を予測し実現する」ことを目的に2014 年3月4日に設立しました。
映像解析技術が広く認知されてまいりましたが、まだ各技術の利用環境は使い勝手、価格面で利用しづらいというのが実態です。フューチャースタンダードは、最新技術をブロックのように組み合わせ「安く・早く・ちょうどいい」映像解析システムを開発できるプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」、エンタープライズクオリティの監視ソリューションをリーズナブルに提供する「SCORER Surveillance(スコアラー サーベイランス)」提供することで、だれでも、簡単、リーズナブルに映像解析技術を使える ようにし、世の中をより便利にいたします。

《 フューチャースタンダード会社概要 》
会社名      : 株式会社フューチャースタンダード
ホームページ  : (リンク »)
代表取締役   : 鳥海哲史
設立日      : 2014年3月4日
本社所在地   : 東京都文京区本郷4丁目37番17号
資本金      :1億7,426万円
メールアドレス : info@futurestandard.co.jp
事業内容   
最新技術をブロックのように組み合わせ「安く・早く・簡単」に映像解析システム を開発できるプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」事業。エンタープライズクオリティの監視ソリューションをリーズナブルに提供する「SCO RER Surveillance(スコアラー サーベイランス)」事業。
映像解析に関わるコンサルティング事業
映像解析に関わる受託開発事業

《 本リリースに関するお問い合わせ先 》
株式会社フューチャースタンダード
担当者 : 藤井大地 (広報担当)
メール : info@futurestandard.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。