LINE、「送信取消」機能を本日より提供開始

LINE株式会社 2017年12月13日

From PR TIMES

取り消さなくてはならない誤送信メッセージは、24時間以内であれば履歴付きで取り消し可能に



LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」 (リンク ») にて、24時間以内に誤送信したメッセージを取り消しできる「送信取消」機能を、本日より提供開始しましたことをお知らせいたします。

LINEでは、リアルで即時性が高い日常のカジュアルなコミュニケーションを提供したいという思いから、これまで「送信取消」機能は取り入れていませんでしたが、ユーザビリティの向上及びコミュニケーションの選択肢を拡大させるための機能拡充の一環として、ユーザーの皆様がLINEで安心してより良いコミュニケーションを取れるよう、誤送信したメッセージを取り消しできる「送信取消」機能を提供する運びとなりました。

メッセージの取り消しは、誤送信したメッセージを長押しし、「送信取消」のメニューを選択すると、送信者と送信相手の端末両方から対象メッセージを取り消すことができます※。取り消し後は、取り消したという内容が送信者と送信相手のトークルーム上に表示されます。
※メッセージを取り消すことができるのはLINEの最新バージョンのみとなります。
[画像: (リンク ») ]


取り消すことができるメッセージは、24時間以内に送信したテキストとスタンプ、画像、動画、ボイスメッセージ、URL、LINE MUSIC、連絡先、位置情報、ファイル、通話履歴で、既読・未読両方のメッセージが対象となります。グループトークや複数人トークにも対応し、スマートフォンに加え、デスクトップ版もご利用可能です。なお、スマートフォンに届く通知メッセージは取り消すことができません。

※「送信取消」機能の詳細については、LINE公式ブログでもご確認いただけます。
(リンク »)

LINEは、LINEが掲げる「CLOSING THE DISTANCE」というミッションのもと、これからも豊かなコミュニケーションの実現を目指し、ユーザーの皆さんにとってより便利で安心なサービスを提供してまいります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]