コマツとNVIDIA、建設現場におけるAIの導入で協業

NVIDIA 2017年12月13日

From PR TIMES

建設現場の安全と生産性の向上を目指す



[画像: (リンク ») ]

東京—GTC Japan—(2017 年 12 月 13 日)—NVIDIA と、世界の大手建設・鉱山機械メーカーであるコマツ(株式会社小松製作所)は本日、AIを導入することで、建設現場の安全と生産性を高めていくパートナーとして協業していくことを発表しました。

GTC Japanにおいて、NVIDIA の創業者兼 CEO であるジェンスン・フアン (Jensen Huang) によって発表された本協業では、コマツが建設現場全体を可視化し、分析するために、NVIDIA の GPU を活用していきます。NVIDIA(R) Jetson™ AI プラットフォームは、現場に配備される建機の頭脳のような役割を果たし、現場の安全と生産性を向上させます。

フアンは、今年世界中で開催された7回のGPUテクノロジ・カンファレンスを締めくくる、日本の基調講演で次のように述べています。「AIは今さまざまな業界で導入されています。AIで変革する次の新たな分野は、自ら考え移動できる頭脳を持つ、自律型インテリジェントマシンといえるでしょう。将来のマシンは周辺環境を認識し、事故や故障を常に予測・警告することで、オペレーターがより効率的かつ安全に作業できるよう支援するのです。建設業や鉱業において、多大なる恩恵をもたらすでしょう。」

建設業界は、NVIDIA が業務の変革支援を目的としてこれまでに市場リーダーと契約を交わしてきた一連の業界のなかで、もっとも新しい事例となる業界です。これらのパートナーシップには、医療画像分野のGE Healthcare や Nuance、ロボット工学分野のFANUCのほか、自動運転車の実現を目指すAudi、Tesla、Toyota、Volvoをはじめとする 225 社を超える自動車メーカー、スタートアップ、研究所などが含まれます。

AI の利用に最適な建設業界
安全や生産性において課題を抱える建設業界は、AI を利用した現場の改善に特に適していると言えます。

建設現場は、重機や不整地、連続稼働などの問題が存在するため、きわめて危険な職場の 1 つに挙げられることが一般的です。昨年は日本だけでも300 人近くの死者と、15,000 人を超える負傷者が出ています※1。

日本の建設業界は、高齢化と熟練工の減少などによる深刻な労働力不足に直面しており、特に困難な状況に置かれています。技能労働者約 340 万人(2014 年時点)のうち、1/3 にあたる約 110 万人が今後 10 年間で高齢化等により離職する可能性が高いことが想定されています※2。

AI によるコマツのスマートコントラクション事業の拡張
これらの課題に対処するため、コマツは、2015 年以降「スマートコンストラクション」事業を展開し、建設現場に携わる人・モノ (機械、土など) についてのさまざまな情報をつなぐことで、建設現場の安全、生産性を向上させています。同事業はこれまでに累計で、国内の 4,000 以上の建設現場に導入されており、世界への展開も視野に、これからも増え続ける予定です。

コマツの常務執行役員CTO、岩本 祐一氏は次のように述べています。「コマツは、建設現場にNVIDIAのGPUを導入し始めます。NVIDIAの画像処理や仮想化、そしてAIにおける豊富な技術やノウハウを活用することで、建設分野を『未来の現場』に変革させることができるでしょう。」

NVIDIAのGPUはドローンやカメラと通信することで、現場全体の可視化と分析を実現するAIプラットフォームになります。GPU はコマツのパートナーであるSkyCatchのドローンと通信し、3D 画像を収集して地形データを作成し、地形を可視化します。一方、IoT 管理ソフトウェア企業のOPTiMは、現場のカメラから集めた人や建機のデータをGPUで認識し、現場の地形情報に紐付けて可視化するためのアプリケーションを提供します。SkyCatchとOPTiMはいずれも、将来有望な AI 企業に対するNVIDIA のInception プログラムに参加しているスタートアップ企業です。

この協業の中心となるのは、エッジでAIコンピューティングを提供するクレジットカードサイズのプラットフォーム、NVIDIA Jetsonです。NVIDIA のクラウドテクノロジーと連携するJetsonは、コマツの建機に搭載されることで、建機の周りにいる人や機械を直ちに認識できる360°映像が提供可能となり、接触や衝突などの事故を防ぎます。

さらにJetson は、建機の運転席に設置されているステレオカメラにも使用され、刻一刻と変化する状況をリアルタイムに認識し、建機のオペレーターに的確な指示を与えることを可能にします。

また、将来的には、機器の自動制御に加えて、建設現場や採掘現場の高解像度レンダリングや仮想シミュレーションなどに利用される予定です。

※1:建設業労働災害防止協会「労働災害発生状況」
※2: 一般社団法人日本建設業連合会「再生と進化に向けて~建設業の長期ビジョン~」(2015年3月)を基にコマツが推計

NVIDIA についての最新情報:
プレスリリース: (リンク »)
ブログ: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

NVIDIAについて
NVIDIAが 1999 年に開発した GPU は、PC ゲーム市場の成長に拍車をかけ、現代のコンピューターグラフィックスを再定義し、並列コンピューティングを一変させました。最近では、GPUディープラーニングが最新のAI、つまりコンピューティングの新時代の火付け役となり、世界を認知して理解できるコンピューター、ロボット、自動運転車の脳の役割をGPUが果たすまでになりました。今日、NVIDIAは「AIコンピューティングカンパニー」として知名度を上げています。詳しい情報は、 (リンク »)  をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]