Drawbridge、三井物産を通じてCCIへConnected Consumer Graph(R)の提供を開始。

Drawbridge, Inc. 2017年12月13日

From PR TIMES

Drawbridge Inc.のプレスリリース(英語)の簡易和訳

2017年12月8日、クロスデバイスマッチングの米国最大手Drawbridge, Inc.(カリフォルニア州、CEO:Kamakshi Sivaramakrishanan、以下Drawbridge社)は、資本業務提携パートナーの三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安永 竜夫 以下三井物産)を通じて、株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新澤 明男、以下CCI)へ、複数デバイスを跨り同一ユーザーを推定するConnected Consumer Graph(R)(以下、Consumer Graph)の提供を開始したことを発表しました。CCIはConsumer Graphを同社DMPに組み込むことで、複数デバイス間を横断するデジタル広告商品の開発やオーディエンスデータの販売、分析サービスの提供が可能となりました。



従来のデジタル広告配信においては、Webブラウザ上のCookieや、iOS・Androidのモバイル広告IDといった広告識別子ごとに別々のユーザーとして判定されることから、デバイス単位での最適化にとどまっておりましたが、スマートフォン・PC・タブレット等、ユーザーが複数デバイスを保有するマルチデバイス化が進むにつれて、デバイスを跨いだユーザー単位でのデータ活用・分析に対する需要が高まっております。

CCIは、Drawbridge社が提供する高度な独自アルゴリズムによる判定精度の高いクロスデバイスマッチング技術を採用することで、同社DMP事業を通じて媒体社にクロスデバイス広告商品を提供するだけでなく、同社データエクスチェンジ事業の「PrediX(R)」が保有しているオーディエンスデータも同様にクロスデバイス化し、新たな広告商品を広告主・広告代理店に提供可能となります。

株式会社サイバー・コミュニケーションズについて
日本のインターネット広告誕生の1996年に設立。以来、電通グループにおけるデジタル広告関連事業者として、デジタルマーケティング全般のサービスを展開。国内主要の500社以上の広告会社と取引、取扱うメディアは1,500サイト以上に及ぶ。「The Media Growth Partner」をスローガンに掲げ、媒体社に対しては商品開発やコンサルティングを通じて収益の最大化・最適化を図り、広告主、広告会社に対しては、インターネット広告の統合的なプランニングを提供。

Drawbridge, Inc. について
Drawbridgeは特許取得済みのAIや機械学習技術によるクロスデバイスマッチング技術で、ブランドや企業に対し、広告、販促を始めマーケティング分野等で、顧客に対しパーソナライズされた体験を実現する同分野のリーディングカンパニーです。Drawbridge Connected Consumer Graph(R)の保有するデータ量は世界で30億デバイス以上に及び、データの精度は約97.3%(ニールセン調べ)を誇っています。同社はDrawbridge Connected Consumer Graph(R)を提供する他、同データを自社で保有するDSPに用いる広告配信事業も行っています。本社はシリコンバレーにあり、Sequoia Capital、Kleiner Perkins Caufield Byers、Northgate Capitalからも出資を得ており、CNBCの新たな価値 を提供するDisruptor企業(創造的破壊者)、Fortune社、CB InsightsのリーディングAI企業にも選出されています。
同社の事業内容等の詳細については、 (リンク ») をご覧ください。

お問い合わせ先(日本窓口)
三井物産株式会社
ICT事業本部ITサービス事業部マーケティング事業第一室
電話:03-3285-6195
E-mail:Drawbridge_TKJGA@dg.mitsui.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。