ユーザーの本音で作った法人向けITサービス活用ガイド『boater(ボーター)』を開始

株式会社ブルートーン 2017年12月13日

From PR TIMES

(リンク »)

株式会社ブルートーン(本社:東京都港区、代表取締役:紺野 祐樹)は、2017年12月13日より、企業のITサービス活用促進を狙った、ユーザーの本音で作った法人向けITサービス活用ガイド『boater(ボーター)』( (リンク ») )を開始いたします。



[画像1: (リンク ») ]

■サービス提供の背景と概要
働き方改革、人材不足・採用難が叫ばれる中、企業の生産性を高める手段としてITサービスへの期待はますます高まっています。近年、ITサービスはIoT、AIやビックデータ等の技術的進展やFinTechやHR tech等の盛り上がりもあり、サービス範囲の拡大や多様化を加速させてきました。

一方で、企業にとっては取り巻く環境変化による課題の複雑化と、ITサービスの多様化により、自社の課題に適したサービス選択はますます難しくなっています。そのような中、ITサービスを効率的に選択した企業では、「信頼できる知人の経験者からのアドバイス」を参考にしたという声が聞かれています。しかし、特定分野に経験のある知人を持つ確率は決して高くなく、誰にでもできるという状況ではありませんでした。

そこで、『boater』では、ITサービスを導入・活用しているユーザーにインタビューを行い、ITサービスの比較選定と活用をガイドできるようにしています。

また、ITサービス提供会社も顧客に自社サービスの提供価値を正しく伝えることに課題を感じています。そこでユーザーのインタビューを活用することでユーザーにとってのサービスの強みや活用方法を明らかにし、提供会社目線ではない、ユーザー視点の訴求をすることで支援してまいります。

■対象となるITサービス
[画像2: (リンク ») ]

順次対象範囲を拡大してまいります。

■サービスの特徴
1. サービスのユーザーに編集部が直接インタビュー。
  マネージャーを中心とした企業のユーザーに、ITサービス活用の良し悪しなど本音を直撃します。
2. ITサービスの活用方法など手法を紹介。
  ITサービスの活用に必要な体制・手順、運用のコツなどを紹介します。
3. ITサービス選定の支援サービス。
  知見を仕入れたboaterのコンサルタントが選定を支援します。

■boaterの意味
大海にいる企業がボートに乗ってこれまで以上に早く進めるようになる、という意味を込めています。
boaterのロゴは、ボートとボートの櫂(オール)を表しています。

■株式会社ブルートーンについて
社名   :株式会社ブルートーン
代表者  :代表取締役 紺野 祐樹
所在地  :〒108-0072 東京都港区白金1-27-1-703
設立   :2017年6月
事業内容 :デジタルマーケティング事業、コンサルティング事業
問合せ先 :info@bluetone.co.jp

代表者略歴
東北大学工学部卒。慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了。
2002年に入社した新日鉄ソリューションズ株式会社を経て、株式会社シグマクシス、株式会社コーポレイトディレクションではコンサルティングに従事。その後、株式会社エルテス(東証マザーズ3967)では事業統括の取締役として東証マザーズへの上場に貢献。2017年に同社退任後、株式会社ブルートーンを設立。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]