「小学校でのプログラミング授業」必要だと思う親は47.3%。理由は「ITテクノロジーの進化を考えると必要と感じる」―「小学生のプログラミング学習に関する調査」【VSN】

VSN 2017年12月14日

From PR TIMES

子どもが将来、「プログラマー」「エンジニア」になることに「賛成」。53.7%の小学生が既にスマートフォンを使いこなしている。

エンジニア人材サービスの株式会社VSN(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 川崎 健一郎)は、小学生の子どもを持つ20~50代の男女を対象に、「小学生のプログラミング学習に関する意識調査」を実施しました。
調査手法はインターネットリサーチ。 計994名から回答を得ました。



小学校での「プログラミング授業」、約半数が“必要”と感じている。
理由は「ITテクノロジーの進化を考えると必要」。
2020年度からの小学校でのプログラミング教育必修化にあたって、小学生の子どもを持つ親(男女)に必要性を聞いたところ、47.3%が“必要”という結果に。(図1)
その理由は「ITテクノロジーの進化を考えると必要」「早いタイミングから基礎知識を身に着けるべきだから」などが挙げられています。(図2)
また、子どもをプログラミング教室に通わせているのは6.2%と現在はまだ少数であることが分かります。(図3)
[画像1: (リンク ») ]


[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]


子どもが将来、プログラマーやエンジニアになることに「賛成」は半数以上。
子どもが将来、プログラマーやエンジニアになることには53.8%が「賛成」と回答。(図4)
「反対」は1割程度と、賛成意見が大きく上回る結果となりました。
[画像4: (リンク ») ]


子どもが使いこなしているデバイスは「スマートフォン」54.7%、「タブレット」48.1%、「パソコン」24.5%という結果に。
小学生以下の子どもを持つ男女に子どもが使いこなしているデバイスを聞いたところ、以下の結果に。スマートフォンは既に半数以上が利用していることがわかります。(図5)


[画像5: (リンク ») ]



調査概要
調査方法 : インターネット調査
調査地域 : 全国
調査対象 : 小学生以下の子どもを持つ20~50代の男女 計994名
有効回答数 : 合計994サンプル
調査日時 : 2017年12月1日(金)~12月4日(月)

詳細URL
(リンク »)

PDF版URL
(リンク »)

株式会社VSNについて
VSNは、約3,000名の正社員エンジニアを擁するアデコグループの技術系人材サービス会社です。
IT・情報通信、メカトロニクス・エレクトロニクス、バイオ・ケミストリー分野を主な技術分野としています。
(リンク »)

会社概要
会社名 / 商号 : 株式会社VSN
本社所在地 : 〒108-0023 東京都港区芝浦3丁目4番1号 グランパークタワー3F
設立 : 2004年2月
資本金 : 10億63百万円
売上高 : 220億33百万円 (2016年12月期)
代表者 : 代表取締役社長・川崎 健一郎
事業内容 : IT、メカトロニクス、エレクトロニクス、ケミストリー分野におけるエンジニア派遣事業、開発請負ならびに有料職業紹介事業
拠点 : 仙台、宇都宮、新宿、横浜、名古屋、大阪、福岡
[画像6: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]