日本初!経営者アンドロイド誕生

株式会社プレジデントワン 2017年12月14日

From PR TIMES

人工知能時代を切り開く、経営者アンドロイドが登場。
人口減少社会をむかえ、急速に創業者が消えていく。
日本社会を作り上げてきた創業者精神をいかに、次代に引き継ぐか。
未来が経営者アンドロイドに託される。



株式会社プレジデントワン(名古屋市中区栄4-14-31 代表取締役 松久久也 電話052-243-3662  (リンク ») )は、このたび7年の歳月をかけ、日本ではじめて、経営者アンドロイドを完成した。経営者アンドロイドは、株式会社マルコー商会(愛知県豊橋市神ノ輪町20-2 代表取締役 鈴木 真理子)の経営の現場にて実用化された。同社創業者である洪本正克会長の経営理念、体験、信条、生き方などの知識を人工知能化し、経営、社員教育のテーマに対応した対話力を実現。知識、経験、技術、見識、情熱など経営者の知的財産を、経営者アンドロイドを通じて、次代の経営幹部、社員に引き継ぐ。

戦後、日本経済をけん引してきたのは、旺盛な創業者精神である。その中から、ソニー、ホンダ、パナソニックなどの大企業を生み出してきた。しかし、人口減少社会に突入し、企業数が激減するとともに、日本経済をけん引してきた創業者精神も失われようとしている。今日、日本の未来は、創造的な経営者をいかに輩出するかという課題を抱える。

一方、時は進み、第四次産業革命が進行中である。人工知能、バイオテクノロジー、ナノテクノロジーが時代を変えていくと言われている。そうした流れの中で、人工知能を経営の分野に応用することで、幅広いニーズに応えることができる。なかでも、創業者の精神、思考様式をアンドロイド化することで、創業精神を失うことなく事業承継を可能にし、企業マインドの停滞を回避することができる。

さらに、経営者アンドロイドを社員教育に活用することで、社員一人一人の能力にあった、マンツーマン教育を実現する。日頃、多忙な経営者に代わり、経営者アンドロイドが、社員一人一人の悩み事、課題に対し質の高い教育を実現し、ひいては高い労働生産性の向上につなげることができる。

人工知能化されたアンドロイドを経営の現場に応用することで、アンドロイドの新しい分野が切り拓かれ、いよいよアンドロイド型人工知能の時代が本格化する。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]