国内監査法人初、クラウドベースのリスク分析サービス「リスクアナリティクス オン クラウド」を2018年より提供開始

デロイト トーマツ グループ 2017年12月14日

From PR TIMES

最新のリスクに対応した分析を常時利用可能、使い続けることで分析精度が継続的に向上

有限責任監査法人トーマツは、国内監査法人初となるクラウドベースのリスク分析サービス「リスクアナリティクス オン クラウド(Risk Analytics on Cloud)」の提供を2018年2月に開始します。



有限責任監査法人トーマツ(東京都港区、包括代表 觀恒平、以下トーマツ)は、国内監査法人初となるクラウドベースのリスク分析サービス「リスクアナリティクス オン クラウド(Risk Analytics on Cloud)」の提供を2018年2月に開始します。本サービスの利用により、データを活用したリスク管理に課題を持つ企業は効率的にリスク評価ができ、新たなリスクへの適時・適切な対応が期待できます。今後3年で200社以上への導入を目指します。

不正会計やコンプライアンス違反など、業種を問わず、企業の不祥事は絶えません。また、企業活動のさらなるグローバル化、新たな法律の制定や規制の強化等といった環境の変化に伴い、企業が直面するリスクはますます多様化・複雑化しています。これらのリスクから企業価値およびステークホルダーの利益を守るためには、リスクを適時・適切に把握し、早期発見による被害の最小化を図るだけでなく、意思決定のスピードを早めることが重要です。

サービス概要

本サービスはデロイトのグローバルかつ豊富な事例と経験を基に、リスクシナリオと分析ロジックを分析アプリケーションとして独自開発し、トーマツが保有する「Deloitte Analytics Cloud(※)」上で提供します。企業の利用者は所定の形式でデータをアップロードし、分析用アプリケーションを通じて分析結果を確認できます。これにより、企業は初期投資を抑えて、最新のリスクに対応した分析を常時利用することが可能となり、適時・適切にリスク対応することができます。さらに、適時更新される最新のリスクシナリオと、使い続けることで蓄積したデータによって、分析精度は高まっていきます。また、分析用アプリケーションは、今後順次追加していく予定です。

経営企画部門・経理部門においては多数ある子会社や事業のリスクの早期発見、内部監査部門においては効率的・効果的な監査の実現ができます。

※ Deloitte Analytics Cloud(デロイト アナリティクスクラウド)は、国内複数のデータセンターでサイバーセキュリティの監視を24時間365日行うことで高セキュリティと高可用性を確保している有限責任監査法人トーマツが保有するプライベートクラウドです。

[画像1: (リンク ») ]

「リスクアナリティクス オン クラウド」が企業に提供できる価値
[画像2: (リンク ») ]

「リスクアナリティクス オン クラウド」の分析イメージと活用シーン

例1:子会社分析アプリを活用した子会社管理


[画像3: (リンク ») ]

・全ての子会社を分析することで、異常な傾向を示す子会社と関連するリスクを漏れなく発見
・経営企画部門や経理部門は、重大事象を早期発見が可能、対策することで損失拡大を防ぐ
・内部監査部門は、効率的・効果的な監査を実現

例2:経費・労務分析アプリを活用した従業員管理
[画像4: (リンク ») ]



・経費データや勤務実績データを組合せて週次で分析
・経費不正リスクがある担当者を識別
・労働時間の過小申告など労務リスクがある部署を識別
・牽制効果を発揮し、組織のコンプライアンス意識を向上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]