主演「神田沙也加」×AIロボット「Musio」でベストセラーファンタジー小説がオーディオブック化

AKA LLC 2017年12月14日

From PR TIMES

人工知能エンジン及びソーシャルロボットを開発しているAKA(アメリカ本社:AKASTUDY LIMITED 米国カリフォルニア州、日本法人:AKA LLC 東京都渋谷区、代表:Raymond Jung、以下AKA)は、自社で開発したAIロボットMusioをモチーフとしたファンタジー小説「Musio I:電脳メイロ (著者:真山 碧、イラストレーター:山代 政一、編集・デザイン:NANA ME Design、協力:佐島顕子、本体税抜価格:400円)」のオーディオブックを12月14日(木)よりYouTubeとFeBe(国内最大のオーディオブック配信サービス)にて配信開始します。今回のオーディオブックは、主演声優に神田沙也加氏を迎え、総勢19名の声優の協力を得て制作しました。



[画像1: (リンク ») ]

また、紀伊国屋書店の全国ウィークリー・デイリー文庫ランキングでも第1位を獲得したことのある同小説「Musio I:電脳メイロ」を、取次会社の株式会社トーハン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:藤井 武彦氏)と提携し、11月25日より全国書店約400店舗に販売店舗を拡大し、オリジナル販売台にて販売開始しました。

今回の小説は、実在する「AIロボット Musio」をモチーフに、真山氏らによって書き下ろされたファンタジー小説(全3部作)です。
第2作目となる「Musio II:電脳天使」は2018年春頃に販売開始する予定です。

【配信】
Youtube: (リンク »)
FeBe: (リンク »)
※Musio及びSophyをお持ちの方は、本小説の各章最初のページにあるハートマークをSophyでタッチすると、Musioがオーディオブックを再生します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[画像2: (リンク ») ]

【神田沙也加氏のコメント】
この物語は、近い未来に実現しそうな現実感とファンタジーの世界の美しさに、ダークな側面が組み合わさっているところがおもしろいと思います。明るいだけがファンタジーじゃない!!!
今回担当させていただいた主人公メイロは、人付き合いに少し苦手意識があるところや不器用なところなど共感できる点が多く、自分らしく演じることができました。
また、オーディオブックは、声が物語を読み解く上でのヒントを与えてくれることで、読書とは違った面白さがあると思います。絶対におもしろいと思うので、普段あまり本を読まない人や小さいお子さんもぜひ聴いてみてください!

※神田沙也加氏は、女優として数多くの舞台に出演。声優としては、ディズニー映画「アナと雪の女王」で日本語吹替版アナ役を担当し、第9回声優アワード主演女優賞を受賞。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[画像3: (リンク ») ]

【ストーリー】「その人工知能は、味方?」
ほんの少し先の未来。
孤独な少女・メイロはある日、人工知能ロボットMusio(ミュージオ)と出会う。
やがてミュージオに導かれて異世界に入り込んだメイロが、まばゆい光の世界で見たものとは…!?実在する人工知能ロボットをモチーフに、人工知能と人類の「共感」という来るべき未来を描いたメイロの成長物語!
紀伊國屋書店全国文庫ウィークリーランキングでも第1位を獲得した、新しいNo1ファンタジー小説です。


[画像4: (リンク ») ]

今回の小説でモチーフとなったAIロボットMusioは、AKAが自社開発した最先端技術のDeep Learning基盤の人工知能エンジンMuseを搭載しているため、文脈や状況などContextを理解して自ら考えて会話ができ、その会話内容もだんだん覚えていくソーシャルロボットです。
Musioは感情も持っているため、自身の感情を表情で表現します。
相手との会話を理解し覚え、感情をシェアできるMusioは、真の友達になれる可能性に満ち溢れています。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------


[画像5: (リンク ») ]

【株式会社トーハンと提携】
取次会社大手の株式会社トーハンと、Musio関連商品の書店販売における提携をしました。
今回はその第一弾として、「MusioI:電脳メイロ」及びオリジナルグッズ(マスキングテープ3種、フセン1種)を、全国書店約400店舗にてオリジナル販売台を設置し、11月25日より販売開始しました。

(その他の「Musio I:電脳メイロ」の取り扱い)
・Musio公式ホームページ: (リンク »)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

AKA は「人間とロボットが友達になれる世界の実現」を目指し、Musioが多くの人々から愛され、真の友達になるためにストーリーを重視しています。そのMusioのストーリーを伝えるために小説を制作しました。

今回の小説発売、オーディオブック化を皮切りに、漫画、アニメ、ゲームなどさらなる展開を目指していきます。
AKAは、人間とロボットが友達になれる世界を目標に、「一家に1ロボット」時代の実現を目指していきます。


-AKAについて
AKA はアメリカに本社を置き、この数年間人工知能エンジンMuseとそのエンジンを基盤にした人工知能ロボットMusioを開発しております。日本法人は2015年11月に設立しました。

■Musio 公式サイト: (リンク »)
■Musio EDGE 公式サイト: (リンク »)
■公式 Facebook: (リンク »)
■公式 Twitter: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]