パイオニアの走行空間センサー「3D-LiDAR」が、エヌビディアの自動運転車開発プラットフォーム「NVIDIA DRIVE PX」に対応

パイオニア株式会社 2017年12月14日

From PR TIMES

パイオニア株式会社は、AIコンピューティングのグローバルリーダーであるNVIDIA Corporation(本社:アメリカ合衆国カルフォルニア州、社長:Jensen Huang、以下「エヌビディア」)と、同社の自動運転向けAI 車載コンピューターのオープン プラットフォーム「NVIDIA DRIVE™ PX」 への当社「3D-LiDAR」対応に向けて協業します。

「3D-LiDAR」は、遠方の物体までの高精度な距離の測定や、物体の大きさを検出できるセンサーで、物体形状の把握も可能なため、自動運転に不可欠なキーデバイスと言われています。当社は、2020年以降の量産化を目指し、高性能で小型、軽量、低コストな「3D-LiDAR」の開発を進めており、本年9 月より、国内外の自動車メーカーや ICT 関連企業などへ「3D-LiDAR」のサンプル供給を開始しています。

「NVIDIA DRIVE PX」は、エヌビディアの最先端GPUによるディープランニングを活用し、周辺360度の状況認識を行って車両の位置を正確に判断し、安全で快適に走行できるルートを算出します。当社の「3D-LiDAR」が、この自動運転向け車載コンピューターに対応することにより、AIを活用して自律走行に伴う複雑なデータを処理することが可能となります。


なお、当社は、エヌビディアが主催するGPUテクノロジーイベント「GTC Japan 2017」(2017年12月12-13日開催)において、本件に関するデモンストレーションを実施しました。
「GTC Japan 2017」について:  (リンク »)
エヌビディア ブログ:  (リンク »)
当社の「3D-LiDAR」について: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

パイオニア株式会社の関連情報

パイオニア株式会社

パイオニア株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]