東北の文化や経済、復興を学ぶ/宮城県・岩手県の「訪日教育プログラム」実施

株式会社パソナグループ 2017年12月14日

From PR TIMES

~復興庁 平成29年度「新しい東北」交流拡大モデル事業~

株式会社パソナ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長COO 佐藤司)と株式会社VISIT東北(本社:宮城県仙台市、代表取締役 齊藤良太)は、復興庁より平成29年度「新しい東北」交流拡大モデル事業を受託し、主に外国籍学生を対象に東北の伝統文化や経済、復興状況について学んでもらう「訪日教育プログラム」を2018年1月より実施いたします。



復興庁は、東北地方への訪日観光客誘致を促進するため、旅行商品や学生交流、企業向け研修プログラムなど国内外の外国籍人材が東北を訪れるプログラムを造成する『「新しい東北」交流拡大モデル事業』を昨年度から実施しています。本年度は11事業が選定され、新たなビジネスモデルの構築を目指しています。

今回パソナとVISIT東北が実施する「訪日教育プログラム」では、VISIT東北が3月に設立した一般社団法人宮城インバウンドDMO(宮城県丸森町)、東北地方の旅行コンテンツ開発・飲食店等を展開する株式会社イーハトーブ東北(岩手県一関市)と連携し、宮城県・岩手県の伝統文化や地域産業、東日本大震災からの復興状況を学ぶプログラムを提供いたします。主な対象を海外の大学に在籍する外国籍学生とし、文化体験やワークショップ、地元住民との関わりを通じて東北の今を体感していただくことで、母国への情報発信や交流人口の拡大を促進します。

本事業を通じて、東北への訪日観光客の拡大をはじめ東北の観光復興や活性化への貢献を目指してまいります。


■ パソナ・VISIT東北「訪日教育プログラム」概要
目的:
東北地方の伝統文化や、東日本大震災からの復興状況を体験し学ぶプログラムを通じて、 母国への情報発信や交流人口の拡大を目指す
対象:
海外の大学に在籍する外国籍学生、国内留学生 等
内容:
1.宮城県(全4コース)
[画像1: (リンク ») ]

2.岩手県(全2コース)

[画像2: (リンク ») ]


U R L :
(リンク »)
お問合せ:
株式会社パソナ グローバル事業本部 グローバルドゥタンク事業部 Tel 03-6734-1272
株式会社VISIT東北 産業活性化チーム Tel 022-211-6221

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社パソナグループの関連情報

株式会社パソナグループ

株式会社パソナグループの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]