次世代の航空券販売流通通信規格「NDC」で最高レベルの認証取得

トラベルポートジャパン株式会社 2017年12月15日

From PR TIMES

最高基準「レベル3」の認証取得はGDSとして世界初

 世界中の旅行業界に先進のトラベルコマースプラットフォームを提供しているトラベルポート(本社:英国ラングレー、NYSE:TVPT)は2017年12月13日、航空業界の新しい流通基準を作成することを目的として、世界の航空運輸関連企業の団体「国際航空運送協会(以下IATA)」が提唱する次世代の販売流通通信規格「NDC(ニュー・デュストリビューション・ケーパビリティ)」の、予約・購入まで一連の実行を実証できる最高ランクのアグリゲーターレベル3に認定されました。アグリゲーターレベル3の認証を有するGDS事業者は今日現在トラベルポートが唯一となります。
 今回以前にも、トラベルポートは既に2016年11月にIATAよりGDSとして初めてアグリゲーターレベル1及び2017年2月にはITプロバイダーレベル2の認証を取得していました。

 NDCのアグリゲーターレベル3の認証を有する初のGDS事業者として国際的航空会社とのNDC接続を実行するため、航空テクノロジーのスペシャリストであるフェアロジックス社と協業する予定です。また、今回の認証取得の準備にあたりイギリスの独立系旅行会社メオン・バレー・トラベルとも協業しています。

 トラベルポートのシニアバイスプレジデント兼航空コマースのマネージングディレクターであるデレク・シャープは次のように述べました。
「私たちは今回のIATAの認定に感謝するとともに、複数のチャネルで商取引を行うのが当たり前となった現代の流通において最高ランクのNDC認定を受けた初めてのトラベルコマースプラットフォームとなれたことをとても嬉しく思います。既に我々は航空データベース「ATPCo」を通じて280以上のアンシラリーサービスを旅行会社から手配できるようにしています。今回認証を取得したNDCのステータスはそれを補完するものです。また、既に広く行われているAPI接続においてもこれを補完するものとして、重要な業務フロー、サービス、同期のための価値あるツールと言えるでしょう。これは全ての参画者による複合的なプロセスであり、他のパートナーと共にこの新たな取り組みを成功に導くことを目指してまいります。」

 IATA NDCプログラム担当のヤニク・ホイレスは次のように述べました。
「GDS事業者はNDCにとって、そのボリュームから考えても重要なビジネスパートナーです。それ故に我々はアグリゲーターとしてNDCレベル3の認証を取得した初めてのGDSであるトラベルポートを歓迎します。認定アグリゲーターとして、トラベルポートは彼らの既存顧客に対してNDC接続を提供でき、多くの航空会社にNDCを拡大することができるでしょう。」

 フェアロジックス社CEOのジム・ディヴィッドソンは次のように述べました。
「今回の先進的な取り組みのパートナーとして、我々は旅行サプライチェーン全体に価値を提供できるようNDCのパワーを強化していきます。GDSを介してのNDCによる流通は、業界全体としてNDCを採用するという意味で非常に重要であり、トラベルポートがこれを牽引するのは素晴らしいことです。」

 メオン・バレー・トラベル社のコーポレートディレクター コリン・バディは次のように述べました。
「我々はビジネスに最先端のテクノロジーを導入することに自信があります。旅行業界にとっては世界的に重要である、この革新的な発展に関われることを大変嬉しく思います。」


トラベルポートについて( www.travelport.com )
英国に本社を構えるトラベルポートは、世界でも有数の旅行・観光産業向けプラットフォーム提供会社で、旅行予約流通や決済等の幅広いソリューションを提供しています。世界 180 カ国で約4000人の従業員を有し、2016年の純収入は 23 億ドルを超えました。
トラベルポートは、世界的な旅行事業プロバイダーと旅行会社を結びつける旅行分野のB2Bマーケットプレイスの役割を推進しています。当社は航空マーチャンダイジング、ホテル客室流通、レンタカー、モバイル商取引やB2B決済の分野では世界的にもリーディングポジションにつけています。さらに当社では、航空業界向けにショッピング決済や発券、搭乗コントロールなど高度なITサービスを提供しています。

国際航空運送協会(IATA)について( www.iata.org )
国際航空運送協会(IATA)は世界およそ275社の航空会社で構成される業界団体で、世界の定期運航のうち約83%をIATA加盟の航空会社が占めています。IATAのメディア関係者向けツイッターでは最新の情報を見ることができます。 (リンク »)

フェアロジックスについて( farelogix.com )
アメリカ・フロリダ州マイアミに本社を構えるフェアロジックスは航空コマースと流通における画期的な技術により旅行業界の革新者として知られており、その高い技術は世界の主要航空会社でも採用されています。旗艦サービスであるエアライン・コマース・ゲートウェイは、航空会社自身で管理する流通、購入、価格設定、マーチャンダイジング、及び各チャネル間での販売向けに完全に統合、最適化された技術プラットフォームです。主要な10の旅客サービスシスムシステムを利用する20以上の航空会社のためにNDC(レベル3認定)を提供しています。カナダ・トロント、アラブ首長国連邦・ドバイにもオフィスを展開しています。

メオン・バレー・トラベルについて( www.meonvalleytravel.com )
それぞれが受賞歴を持つ、企業旅行、医療などの支援旅行、レジャー旅行の3部門で構成されるメオン・バレー・トラベルは、イギリスを拠点とする独立系の旅行専門会社です。中小企業からグローバルブランドや企業に至るまで多様な顧客層を誇り、業界で50年以上の経験を持っています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。