デジタルハリウッド×AQUAによるIoTアイディアソンを開催!

デジタルハリウッド株式会社 2017年12月15日

From PR TIMES

コインランドリーのデータ活用で新サービスを考案するIoTアイディアソン、2018年1月14日に開催

デジタルハリウッドはアクア株式会社(以下AQUA)とともに、2018年1月14日(日)に、広く一般の参加を募っての「IoTアイディアソン」を開催します。
広くビジネスマン・学生・主婦などから自由なIoTに関するビジネスアイデアを出せる機会を目指します。
また今後、AQUA発行のAPIを使用し、新たなサービス・プロダクトを考案するハッカソンも開催予定です。




 IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社は、アクア株式会社とともに、2018年1月14日(日)に、広く一般の参加を募っての「IoTアイディアソン」を開催いたします。

[画像1: (リンク ») ]


■アイディアソン開催の背景

昨今、エンジニアやベンチャー起業家たちが起こす「FLAT」で「スピーディー」なTechカルチャーを学び・取り入れて、自社を革新しようとする大企業が増えてきております。

デジタルハリウッドが運営するインキュベート機関『D ROCKETS』は、「大企業×ベンチャー・エンジニアのFLATなコラボレーション」によるオープンイノベーションを推進しております。

これまでも、この価値観に強く共感する大企業とパートナー契約を結び、ベンチャーと大企業がそれぞれWin‐Winになるビジネスのデザインを推進してきましたが、この度新たにAQUAとパートナー契約を結び、アイディアソン・ハッカソンを通じたオープンイノベーションプロジェクトを行なう運びとなりました。

AQUAはこの度、マイクロソフト社のクラウドサービス「Azure」により、コインランドリー機器の利用データを取得・クラウド上で管理をし、そのデータをサービス開発等に活用する『次世代Cloud IoTランドリーシステム』をスタートします。

AQUAのコインランドリー事業においては、日本における機器台数シェアで業界No.1の約75%※を占めています。

※2017年6月現在:国内コインラインドリー市場機器台数において(アクア株式会社調べ)

【AQUAのコインランドリー事業:概要動画】  (リンク »)

それに伴い、広くビジネスマン・学生・主婦などから自由なIoTに関するビジネスアイデアを出せる機会を目指し、2018年1月14日(日)にアイディアソンを開催いたします。

また今後、AQUA発行のAPIを使用し、新たなサービス・プロダクトを考案するハッカソンも開催予定です。


■開催概要

申し込みページ  (リンク »)

・日時:2018年1月14日(日)13:00~18:00
・会場:ジーズアカデミーTOKYO BASE 東京都港区北青山3-5-6 青朋ビル2F
・対象:ビジネスマン、デザイナー、エンジニア、主婦、大学生
    ※IoTについての知識は不要です。様々な知見からIoT活用のアイディアを募ります。
・定員:30名
・参加費用:無料 ※軽食、懇親会付き
・優勝賞金:5万円


【プログラム】

・12:45-13:00 受付
・13:00-13:30 説明、チームビルディング
・13:30-16:00 アイディアソン
・16:00-17:00 企画プレゼン&審査会
・17:00-17:30 審査発表&講評会
・17:30-18:00 懇親会


■主催

アクア株式会社  (リンク »)
[画像2: (リンク ») ]


■協賛

ハイアールアジアR&D株式会社  (リンク »)
[画像3: (リンク ») ]


■後援

日本マイクロソフト株式会社 
(リンク »)


[画像4: (リンク ») ]


■運営

デジタルハリウッド株式会社(D ROCKETSインキュベート) 
(リンク »)
[画像5: (リンク ») ]


G's ACADEMY TOKYO  
(リンク »)
[画像6: (リンク ») ]

セカイを変えるWebサービスを、日本から発信することを目指し、デジタルハリウッド株式会社が2015年4月に設立した、エンジニア起業家養成スクール。授業料後払いシステムで、転職志望の方はもちろん、起業志望の方が多く通学しています。現役で活躍する一流エンジニアのメンターサポートをうけ、オリジナルのTechサービスを開発します。卒業後資金調達に成功したスタートアップが次々と誕生しています。

[画像7: (リンク ») ]


<これまでに開催したハッカソン>
・BEAMS(ファッション×IoT)
・BEAMS×Pepper(サービスプロトタイプを開発)
・石田大成社(職人技をICTで解決)
・ビジネス・アーキテクツ(人工知能のあり方を開発)
・日本出版販売(書店をIoTで改革)
・YAMAHA×ITPバイカソン(IT活用でバイクの新しい顧客を開拓する)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]