ターミナル、大規模データ分散処理領域でコラビットと戦略的業務提携

株式会社ターミナル 2017年12月18日

From PR TIMES

~人工知能を用いたデータ解析技術で、不動産相場分析ソリューションのベータ版を公開~

株式会社ターミナル(本社:東京都港区、代表取締役:中道 康徳、以下ターミナル)は、株式会社コラビット(本社:東京都港区、代表取締役:浅海剛、以下コラビット)と、大規模データ分散処理領域で業務提携し、不動産相場の分析ソリューション『CTScan』を開発し、ベータ版を公開しました。



『CTScan』とは、不動産業界に精通したターミナルが、独自保有する大規模な不動産賃貸物件情報と、コラビットの『HowMa』開発で培った、独自解析アルゴリズムや、豊富な分析プロジェクト経験を組み合わせ、直感的なユーザーインターフェイスで相場分析が行えるソリューションです。これにより、地域別毎の賃料等を実勢価格で比較できるため、相場調査や家賃査定の効率化を支援できます。

<画面イメージ>
[画像: (リンク ») ]

『CTScan』の主な機能は、以下となります。
 ・地域から探す
  - 国内全国の郵便番号または住所から表示したい地域を検索
 ・履歴から探す
  - 過去の閲覧結果を保管し、すぐに表示
『CTScan』ベータ版のご利用は、こちらからお申し込みください。
 URL: (リンク »)

今後は、比較機能の追加や、様々な公開情報を取りこみ、シミュレーション性能を高めたソリューションの提供を行う予定です。

ターミナルは、不動産市場の変化をいち早くとらえることを可能にすべく、ソリューション開発で培った技術やノウハウを搭載した製品開発を通じて、不動産取引市場の発展に貢献していくことを目指します。


■株式会社ターミナルについて
2015年7月設立。ターミナルは、不動産と情報技術の融合を追求するReal Estate Tech企業として国内初、おとり広告検知ソリューション『trueper』や、不正注文防止ソリューション『adwhite』の提供などを通じて、新たなサービスを創出する基盤開発を行う企業です。
URL: (リンク »)

■株式会社コラビットについて
コラビットは、不動産の大きな課題である「中古流通活性化」を担うReal Estate Tech企業です。大量の不動産取引データをAIによって分析し住宅の価値を可視化するサービス『HowMa』などを提供しており、同社の技術は金融機関や大手不動産フランチャイズなど複数の上場企業で利用実績があります。
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]