現代人の目の悩みを、あの落語家が小噺と落語で説く「目の疲れ・かすみ」の原因は3つ?!目薬は、正しく使って効き目実感!

参天製薬株式会社 2017年12月18日

From PR TIMES

アイケア噺の動画第2弾を公開



参天製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長兼CEO:黒川明)は2017年12月18日(月)より目のメカニズムやアイケアの重要性について小噺と落語で、楽しくわかりやすく紹介する動画「参天製薬 立川らく朝のアイケア噺」を特設サイト( (リンク ») )とYouTubeチャンネル( (リンク ») )で公開します。

本動画は、昨年公開した第1弾の三作(第一回~第三回)に続き、第四回~六回の全三作。医学博士であり、落語家でもある立川らく朝師匠が登場。角膜や老眼について、目の乾燥の原因やケア方法、目の症状に適した目薬の選び方を落語家ならではの笑いをまじえて、楽しくわかりやすく解説します。

デジタル機器の普及や不規則な生活などにより、私たちの目にはさまざまなストレスがかかっています。しかし、目のトラブルを感じているにも関わらず、アイケアをしていない人が多くいるのが現状です。当社では本動画を通して一般生活者の皆様のアイケアに対する関心を高め、知識と意識向上を図り、目の健康維持をサポートしてまいります。

[動画TOP画像]

[画像1: (リンク ») ]



■「参天製薬 立川らく朝のアイケア噺」概要
・タイトル :参天製薬 立川らく朝のアイケア噺
・時  期 :2017年12月18日(月)全三作を公開
・公開場所 :「参天製薬 立川らく朝のアイケア噺」
特設サイト( (リンク ») )
YouTubeチャンネル( (リンク ») )

[内 容]
第四回 立川らく朝のアイケア噺「目を向けよう、デリケートな角膜」(6分41秒)
第五回 立川らく朝のアイケア噺「目に見えない目の加齢」(6分38秒)
第六回 立川らく朝のアイケア噺「目薬選びの目のつけどころ」(5分38秒)
※第一回~三回は、2016年より公開中

[立川らく朝アイケア噺 特設サイトTOP画面] (リンク »)


[画像2: (リンク ») ]



【動画カット画像】
●第四回「目を向けよう、デリケートな角膜」より                         

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]



●第五回「目には見えない目の加齢」より

[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]



●第六回「目薬選びの目のつけどころ」より     

[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]



●アイケア小噺
各回、アイケアの重要性についての解説の後には、クスッと笑える各テーマに合わせた小噺を披露。
[画像9: (リンク ») ]


●立川らく朝プロフィール
落語家・医学博士、笑いと健康学会理事、日本ペンクラブ会員
昭和29年1月26日、長野県に生まれる。
昭和54年、杏林大学医学部卒業。慶応義塾大学医学部内科学教室へ入局。
主として脂質異常症の臨床と研究に従事。
慶応健康相談センター(人間ドック)医長を勤める。
平成12年、46才にして立川志らく門下に入門、プロの落語家として活動を開始。
平成14年、都内に内科クリニックを開設。
平成16年、立川流家元、立川談志に認められ二つ目昇進。
平成27年4月、落語立川流真打トライアルにて真打昇進決定(10月1日付)となる。

現在、健康教育と落語をミックスした「ヘルシートーク」、「健康落語」、「健康噺」、「健康一人芝居」という新ジャンルを開拓。マスコミなどで評判となり全国での公演に飛び回る毎日。また「健康情報を笑いを交えて提供する」というコンセプトで全く新しい講演会を精力的に開催。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。