“密室SFアクション・スリラー” 新感覚ドラマ『號哭(ごうこく)のカタストロフ』テレビ放送に先駆け「ビデオマーケット」にてデジタル先行配信決定!

株式会社ビデオマーケット 2017年12月19日

From PR TIMES



 株式会社ビデオマーケット(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋 利樹、以下当社)は、当社が運営する映画・ドラマ・アニメなど一般映像作品No.1(※1)動画配信サービス「ビデオマーケット」( (リンク ») )にて、新感覚ドラマ『號哭のカタストロフ』のデジタル配信を12月22日(金)より開始いたします。
 『號哭のカタストロフ』は、2018年1月10日(水)から隔週水曜日にテレビ放送が開始されますが、「ビデオマーケット」では放送に先駆けて全6話を先行配信いたします。各話ごとの販売のほか、お得な全話パックもご用意しています。
【『號哭のカタストロフ』作品ページURL】: (リンク »)  
[画像: (リンク ») ]

(C)『號哭のカタストロフ』製作委員会

<『號哭のカタストロフ』について>
■イントロダクション
新感覚『密室SFアクション・スリラー』
異星人に襲われて、六人の若者がシェルターに逃げ込んでくる――。
しかし、怪我をしていた一人の若者に異変が起きて、残りの五人の若者は命の危険に直面する。
安全のために堅く閉ざされたシェルターは、一転して逃げ場のない恐怖の密室になってしまう。
残された五人の若者たちは、互いに協力しあいながら何とか生き残ろうとするのだが――。
シェルターにまで侵入してくる異星人。密かに人体実験を行っている『謎の』軍事組織。そしてシェルター内で見つかる<777 777 777>という『謎の』数字……。
全ての『謎』が一つに繋がる時、生き残ろうとする若者たちに衝撃の事実が明かされるのだった!
果たして、若者たちは無事にシェルターを出ることが出来るのか?
そして、シェルターの外に待ち受けている衝撃の結末とは?
生き残った人類と血の戦士達vs機械至上主義のアンドロイド政府vs心を奪いとる異星人。互いの正義を賭けた三つ巴の戦いが始まる。

■作品情報
1話 「號哭の開幕」
2話 「奈落の弾丸」
3話 「7のハレーション」
4話 「疑惑のアンサンブル」
5話 「光のアンコール」
6話 「號哭のカタストロフ」

■販売情報
全6話 各話200円(税別)、全話パック960円(税別)


ビデオマーケットについて
映画・ドラマ・アニメなど一般作品No.1(※1)の190,000本超(見放題作品25,000本含む)提供する動画配信サービス。動画配信で課題となる通信環境により大きく異なる動画品質に関しても、「ビデオマーケット」では独自のプレミアムエンコード技術により、視聴機器を問わず高品位でお楽しみいただく事ができます。
さらにデジタルサービスならではの音声検索やジャンルを掛け合わせた絞り込み検索により、従来のレンタルビデオでは不可能な圧倒的な使いやすさを実現。膨大な作品の中から誰でも簡単に観たい作品を探し出せます。
(※1) MM総研調べ(カラオケ・ミュージックビデオ、成人作品を除く) 
参考URL: (リンク »)

【会社概要】
会社名:株式会社ビデオマーケット
所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル7階
代表者: 高橋 利樹
設立:2005年6月
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。