楽天トラベル、2017年 訪日旅行(インバウンド) 人気上昇都道府県ランキングを発表

楽天株式会社 2017年12月19日

From PR TIMES

- 伸び率1位は島根県 -

旅行予約サービス「楽天トラベル」 ( (リンク ») )は、2017年1月1日(祝)~12月31日(日)の楽天トラベル外国語サイト経由の予約人泊数(=予約人数×泊数)をもとに、「2017年 訪日旅行(インバウンド) 人気上昇都道府県・人気都道府県ランキング」を発表しました。外国語サイト経由の予約人泊数は、前年同期比+52.6%(約1.5倍)と堅調に伸びています。宿泊先を都道府県別にみると、伸び率では島根県が1位となり、予約人泊数では東京都をはじめ定番の都道府県がランクインしました。

2017年 訪日旅行(インバウンド) 人気上昇都道府県ランキング ※伸び率順

[表1: (リンク ») ]



2017年 訪日旅行(インバウンド) 人気都道府県ランキング ※予約人泊数順

[表2: (リンク ») ]



予約人泊数をベースに、前年同期比の伸び率順に都道府県を順位付けした「2017年 訪日旅行(インバウンド) 人気上昇都道府県ランキング」では、島根県が1位になりました。同県内では、「松江・玉造・安来・奥出雲」エリアの予約人泊数が前年同期比+155.0%(約2.6倍)と最も増加しており、特にアクセスが便利な松江駅前や松江しんじ湖温泉の宿泊施設が好調です。隣県の鳥取県は3位にランクインし、米子鬼太郎空港を擁する「米子・皆生温泉・大山」エリアが最も伸びて+166.9%(約2.7倍)となりました。同県では香港からの予約人泊数が最も多く、2016年の香港航空による米子-香港線就航など、国際線の拡充が予約の増加を後押ししたと考えられます。なお島根県と鳥取県は2017年1月、両県を横断する広域観光周遊ルート「縁の道~山陰~」を紹介するウェブサイトを開設するなど、連携して国内外の誘客に注力しています。

2位の三重県では、「志摩・賢島」エリアが最も大きく伸び、前年同期比+378.7%(約4.8倍)となりました。2016年5月に開催された「G7伊勢志摩サミット2016」による知名度の向上が、引き続き貢献しているとみられます。リアス式海岸が美しい英虞湾を一望できる「横山展望台」、水族館、クルージング、シーカヤックなどのマリンスポーツ、海女体験といった、伊勢志摩国立公園の自然や地元の文化に触れられるスポットやアクティビティにアクセスしやすい宿泊施設が人気です。

4位の宮城県では、2016年6月にタイガーエア台湾が仙台-台北線を、2017年9月にPeach Aviationが仙台-台北線を就航したことなどから、台湾からの予約が+173.9%(約2.7倍)と特に好調です。5位の鹿児島県は、2016年4月に発生した熊本地震の影響からの回復がみられ、最も人気の「鹿児島・桜島」エリアが+140.8%(約2.4倍)となるなど、順調に伸びています。


──────────────────────────────────────────
2017年 訪日旅行(インバウンド) 人気上昇都道府県・人気都道府県ランキング 概要
──────────────────────────────────────────
集計日: 2017年11月29日(水)
集計方法: 以下の「宿泊期間」における楽天トラベルの外国語サイト(6言語10サイト)経由の予約人泊数(=予約人数×泊数)を集計。
宿泊期間: 2017年1月1日(祝)~12月31日(日)


楽天トラベルFacebook (リンク »)
楽天トラベルInstagram @rakutentravel
楽天トラベルアプリ (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。