FINE、ロコンドと共同事業「LOCONDO Rename」を開始!

株式会社FINE 2017年12月19日

From PR TIMES

LOCONDO.jpで、新しいファッションのカタチ「Rename」の購入が可能に



株式会社FINE(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:加藤ゆかり 以下、FINE)は、靴とファッションの通販サイト LOCONDO.jp(以下、LOCONDO.jp)を運営する、株式会社ロコンド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 裕輔 以下、ロコンド)と共同事業「LOCONDO Rename (ロコンド リネーム) 」を2017年12月19日より開始したことをお知らせいたします。
[画像1: (リンク ») ]

これにより、LOCONDO.jp内で、FINEが提供する新しいアパレルの再流通(再販)のしくみ「Rename (リネーム) 」によって生まれたアパレルの購入が可能になりました。

■LOCONDO Rename(ロコンド リネーム)とは
「LOCONDO Rename」では、高品質かつバリエーション豊かな「Rename」アパレルをお得なプライスで販売します。「Rename」は、元は違うブランドの服です。ブランド価値の保護と、製品の有効活用を目的とし、ブランドネームタグを付け替え加工した製品です。品質やデザインはそのままに、お得なプライスで新しい価値を生み出します。さらに「Rename」は、これまで出会わなかったブランドの服とも出会える、ファッションの新しい楽しみ方でもあります。そんな「Rename」が、LOCONDO.jpで購入が可能になりました。ECでは初めての取り扱いになり、新商品も順次投入予定です。

LOCONDO Renameページ
(リンク »)
※製品の特性上、元のブランド名や価格などはお伝えすることができませんのでご了承ください。

■新しいアパレルの再流通(再販)のしくみ「Rename(リネーム)」とは
「Rename」とは、FINEが提供している、アパレルメーカー様のブランド価値へ配慮した、新しいアパレル再流通(再販)サービスです。提携する縫製工場で、元のブランド表記(襟ネームや洗濯ネームなど)の付け替え加工を行った上で販売することで、ブランド価値を守りながら再流通することが可能になります。

アパレル製品は、トレンドや着用シーズンの影響によりライフサイクルが短い製品です。そのため、在庫管理が難しく、在庫が残りやすいと言われています。そして、その在庫の再販(処分)時には、「ブランド価値の毀損」の問題があります。FINEでは、それらの問題の解決策として、ブランド価値を毀損しない新しい在庫の再流通サービス「Rename」を開始しました。2016年5月より、小売店への卸売を中心に販売を開始し、現在の流通総数は23万点以上になります。
[画像2: (リンク ») ]

Renameページ
(リンク »)
※「Rename」は株式会社FINEの登録商標です。(登録番号:第5993600号)

<会社概要>
会社名 株式会社FINE(ファイン)
代表者 加藤 ゆかり
所在地 〒464-0850
愛知県名古屋市千種区今池一丁目5番10号 千種KIビル6階
電話 052-800-8130
ULR (リンク »)

<FINEについて>
アパレルのブランド価値を守るための「ブランド後方支援カンパニー」です。アパレルメーカー様の新品在庫買取に特化し、昨年度は99万点を買取しています。買取商品を適切な方法で再流通(再販)をすることで、メーカー様の在庫の問題解決に取り組んでいます。そして、2016年からは、ブランド価値を毀損しない新しいアパレル再流通のしくみ「Rename」も開始しました。

<本件に対する問い合わせ先>
株式会社FINE PR担当:津田
電話:052-800-8130 E-mail:pr@c-fine.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。