実名グルメサービスRetty、「牛肉料理」に関するアンケートを実施:焼肉だけじゃない!健康ニーズや嗜好の変化を背景に進化する「牛肉料理」、ブームの主役は「赤身肉」

Retty株式会社 2017年12月20日

From PR TIMES

~「量より質」、素材を活かしたプロの調理技術に脚光、Retty TOP USERがオススメする「肉割烹」にも注目~

日本最大級の実名グルメサービス「Retty」(レッティ (リンク ») )を運営するRetty株式会社は、外食の「牛肉料理」について、Rettyユーザー1,015名を対象にアンケートを実施しました。



[画像1: (リンク ») ]


■ 「タン」「ハラミ」「ヒレ」、脂が少なめでさっぱり味の肉が支持を集める傾向

外食の牛肉料理について「すごく好き」との回答が6割超、「まあ好き」との回答を合わせると、ほぼ全ての回答者が「好き」と回答しました。外食で「食べたことがある」牛肉料理は「焼肉」「ステーキ」「ハンバーグ」との回答がそれぞれ8割超で上位に並びました。一方、外食で「食べたい」牛肉料理は、定番の「焼肉」「ステーキ」に次いで「鉄板焼き」が並び、牛肉料理を楽しめる外食として浸透してきている模様です。好きな部位は「タン」「ハラミ」「ヒレ」「サーロイン」との回答が6割超となり、焼肉の定番「カルビ」などに比べて脂肪が少なくさっぱりした味わいの肉がより多くの支持を集めました。


■ プロの調理に対する需要が顕在化、健康ニーズや嗜好の変化を背景に「赤身肉」の人気が高まる

外食で牛肉料理を食べたいタイミングを聞いたところ、「スタミナ」をつけたい時、あるいは「贅沢感」「ご褒美」を目的に休日や記念日に楽しまれる傾向がみられました。また、外食の牛肉料理で重視するポイントは、「価格」に次いで「焼き加減」「柔らかさ」が並び、産地国や銘柄よりも肉の「食感」が重視される結果となりました。

牛肉料理について感じていることについては、「美味しい肉を適量食べたい」との回答が約9割に上りました。次いで5割超が「高級肉は自分で焼くよりも、プロに調理してほしい」と回答し、素材を活かす調理法にも注目が集まっている模様です。さらに、「以前よりも『赤身肉』を好むようになった」との回答が僅差で続きました。近年の「牛肉ブーム」は健康ニーズの高まりに加え、高級肉の象徴とされてきた「霜降り肉」とは異なる味わいを支持する層の増加を背景に、素材選びや食べ方に対するこだわりが多様化していることがうかがえます。


【Retty TOP USER(「中野」カテゴリ)  Ban Amano さんのコメント】

「ここ数年は肉ブームが続いていますが、『食べたいけれど、若い頃のようにたくさん食べるのは難しい』と感じ、ブームに乗り切れていない世代にもぜひオススメしたいジャンルが『肉割烹』です。主に赤身の希少部位を使い、独創的な調理による多種少量の肉料理を提供してもらえるのが魅力です。全体的に1万円超えの高価格なお店が多いですが、お肉が主体となった料理なのでおいしさが分かりやすく、ウニやイクラといった異食材とコラボした肉料理なども体験できるので、記念日や会食といった特別な日にはぴったりです。」

[画像2: (リンク ») ]


Ban Amano さんプロフィール
(リンク »)
中野区在住。山梨県出身。「天野伴 税理士事務所」代表。肉料理の中でも、おいしい部位を少しずつ、色々な食べ方でいただける「肉割烹」が特に好き。「おいしいお店」の「おいしい一品」に注目し、情報を発信している。飲食店選びにおいては、「値段と料理のバランス」と「接客」も重視。


【Retty グルメニュース編集部のコメント】

「いま日本は空前の肉、特に和牛ブームをむかえており、様々なスタイルの楽しみ方が多くのお店から提案されています。ただ肉を焼くだけでも、焼肉、ステーキ、鉄板焼き、肉割烹といったスタイルがあり、さらに産地、ランク、味付け、ほかの食材と組み合わせると、驚くほどのバリエーションとなっています。その多様性によって、自分好みの肉料理に出合うことができるようになったのも、この肉人気に拍車をかけていると思われます。
また、赤身肉の人気に見逃せないのが、いま大流行中の低糖質ダイエットとの関連性。赤身肉のような高たんぱく質な肉は、体にもいいとされたことで、多くの人が罪悪感なしに食べられるようになったと考えられます。」

Retty グルメニュース  (リンク »)
「肉割烹」と「肉料理」の、分かりそうで分からない"微妙な違い"とは?<おすすめ肉割烹5選付き>: (リンク »)


写真引用元
写真左: (リンク »)
写真中: (リンク »)
写真右: (リンク »)


【調査結果】
■ あなたは外食で食べる「牛肉」または「牛肉料理」が好きですか? (回答はひとつ、n = 1,015)
・ほぼ全員が「すごく好き」または「まあ好き」と回答
[画像3: (リンク ») ]


※以下、外食で食べる「牛肉」または「牛肉料理」を「すごく好き」「まあ好き」と回答したユーザーの回答

■ あなたが外食で食べたことがある「牛肉料理」を教えてください (回答はいくつでも、n = 992)
・「焼肉」がトップ、「ステーキ」「ハンバーグ」も9割前後で続く
[画像4: (リンク ») ]



■ あなたが外食で好きな(または今後食べたい)「牛肉料理」を教えてください(回答はいくつでも、n = 992)
・「焼肉」「ステーキ」が8割前後で圧倒的な人気、次いで「鉄板焼き」が僅差で「ハンバーグ」を上回り、牛肉料理を楽しめる外食として支持を集める
[画像5: (リンク ») ]



■ あなたが好きな牛肉の「部位」を教えてください(回答はいくつでも、n = 992)
・「タン」「ハラミ」「ヒレ」「サーロイン」が6割超でトップに並ぶ
・焼肉の定番「カルビ」などに比べて脂肪が少なくさっぱりした味わいの肉が多くの支持を集める
[画像6: (リンク ») ]



■ あなたは外食で「牛肉料理」を誰と食べたいですか?(回答はいくつでも、n = 992)
・「恋人または配偶者と」「友達と」が8割前後で上位に並ぶ
[画像7: (リンク ») ]



■ あなたはどんな時に外食で「牛肉料理」を食べたいですか?(回答はいくつでも、n = 992)
・「スタミナ」をつけたい時、あるいは「贅沢感」「ご褒美」を目的に休日や記念日に楽しまれる傾向
[画像8: (リンク ») ]



■ あなたが外食で「牛肉料理」を食べる時、肉について重視することとして、当てはまるものを全て教えてください(回答はいくつでも、n = 992)
・「価格」が約7割で圧倒的に多い。「焼き加減」「柔らかさ」にこだわる人も5割前後で続き、肉の食感が重視されている
[画像9: (リンク ») ]



■ あなたが外食の「牛肉料理」について感じていることとして、当てはまるものがあれば全て教えてください(回答はいくつでも、n = 992)
・「美味しい肉を適量食べたい」との回答が約9割、次いで「高級肉は自分で焼くよりも、プロに調理してほしい」が5割超となり、素材を活かす調理法にも注目が集まっている模様
・「以前よりも『赤身肉』を好むようになった」との回答も約5割の支持を集め、健康ニーズの高まりや嗜好の変化がうかがえる


[画像10: (リンク ») ]



【調査概要】
調査テーマ:「牛肉料理」に関するアンケート
調査方法:インターネット調査(Rettyアプリユーザー)
調査地域:全国
調査対象:Rettyのユーザー1,015名(男性576名、女性439名)
– 年齢構成 19歳以下 1%、20代 11%、30代 18%、40代 40%、50歳以上 31%
調査実施時期:2017年12月2日(土)~12月4日(月)


■「Retty」について  (リンク »)
実名グルメサービス「Retty」は、「信頼できる人からお店探しができる」グルメサービスとして、2011年6月にサービスを開始しました。実際に行ったお店のオススメ情報を投稿していただく形で、20~40代の男女を中心に、幅広い年代にご利用いただいています。2017年5月に、月間利用者数が3,000万人を突破しました。

・iPhoneアプリ: (リンク »)
・Androidアプリ: (リンク »)


■「Retty TOP USER」について  (リンク »)
特定のエリアやジャンルのグルメ情報に詳しいユーザーとしてRettyが認定する「Retty TOP USER」のオススメからお店を探すことで、よりいっそう自分の好みに合ったお店に出会える体験を提供しています。Rettyの「信頼できる人からお店探しができる」というコンセプトを、さらに実感いただけるサービスです。


■ 会社概要
会社名  Retty株式会社  (リンク »)
代表者  代表取締役 武田和也
所在地  東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル3F
事業内容 日本最大級の実名グルメサービス「Retty」の運営

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

Retty株式会社の関連情報

Retty株式会社

Retty株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。