AIスタートアップ「GAUSS」、総額1.7億円の資金調達を実施。上場企業3社から。

株式会社GAUSS 2017年12月20日

From PR TIMES

人工知能(以下「AI」)エンジンを開発する株式会社GAUSS(本社:東京都渋谷区、代表取締役:宇都宮綱紀、以下「GAUSS」)は、株式会社ANAP(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:家高利康)、ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:冨田英揮)ほか東証一部上場会社の合計3社を引受先とした第三者割当増資を実施し、総額約1.7億円の資金調達を行い、開発人員体制強化と開発機器の増強を行います。



[画像1: (リンク ») ]



■GAUSSについて
GAUSSは、AIパッケージ販売・開発およびAIエンジンの開発・運営をしています。「想像したことを創造する」を理念に、AI技術研究に留まらず、自社もAI事業を営む実行力を強みとして、法人様向けに新規事業の創出や業務の効率化を支援しており、様々な業界から引合いをいただいています。また、2017年10月よりTBSラジオ(好奇心家族)の毎週金曜日レギュラーで出演しているなど、様々なメディアにも取り上げられています。

[動画1: (リンク ») ]



■GAUSSのAIエンジン
GAUSSは自社開発した3分野のAIエンジンを応用して、法人とAIの共同開発及びパッケージ開発の実績があります。
[画像2: (リンク ») ]

1.予測エンジン:Galileo(ガリレオ)
時系列、データ分類、ベイズ推定、強化学習などを用いたデータ解析による予測
導入事例:電力事業社の電力需要予測の共同開発、競馬予測AI 「SIVA」の開発・運営

2.自然言語エンジン:Goeth(ゲーテ)
形態素解析、チャットボットなどを用いた自然言語解析
導入事例:大手コールセンター数社と業務効率化AIの共同開発

3.画像認識エンジン:Gogh(ゴッホ)
深層学習、局所特徴量によるベククトル化、教師無しデータによるクラスタリングを用いた画像解析
導入事例:ファッションブランド(株)ANAPとEC販売業務効率化AIの共同開発
(リンク »)
[画像3: (リンク ») ]

[デモムービー]

[動画2: (リンク ») ]


GAUSSは、今回の資金調達により開発人員体制強化と開発機器の増強することで、上記で開発したAIエンジンをパッケージ化して他企業へも展開し、各業界が抱える課題の解決に貢献して参ります。

■引受先の概要 (五十音順)
株式会社ANAP
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前二丁目31番16号
代表取締役社長 家高 利康

ディップ株式会社
〒106-6231 東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー31F
代表取締役社長兼CEO  冨田 英揮

ほか東証一部上場会社1社

■会社概要
株式会社GAUSS(ガウス)
〒150−0043 東京都渋谷区道玄坂1-15-3 プリメーラ道玄坂223
代表取締役社長 宇都宮 綱紀
取締役副社長 関塚 正平
取締役 川野 義広
設立 2017年5月2日
URL (リンク »)
問合先 IR担当 関塚 info@gauss-ai.jp / 03-6416-9212

■採用ページ
本資金調達により開発人員体制を強化するため、ITエンジニアを募集しております。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]