Spelldata、中国市場向けのWebサイトを展開する日本企業向けに中国政府認可CDNのChinaCacheのサービスを提供開始

Spelldata 2017年12月21日

From PR TIMES

中国国内に静的・動的、双方のWebページのコンテンツを高速配信

Webサイトの品質の分析・評価・改善のリーディングカンパニー、株式会社Spelldata(本社: 東京都千代田区、代表取締役: 竹洞陽一郎)は、2017年12月21日より、中国政府認可CDNであるChinaCacheと代理店契約を締結しサービスの提供を開始します。



ChinaCacheは、1998年設立のCDNで、中国国内で最初のInternet Exchangeを構築した実績を持ち、中国国内の120以上の主要都市に、500台以上のサービスノードを展開しており、北京に最大のデータセンターを有しています。
また、中国国内だけでなく、北米、ヨーロッパ、日本国内でも展開し、グローバルCDNとしてサービスを展開しています。

中国国内へのWebサイトの配信は、金盾と呼ばれる政府の設置したファイアウォールを経由して通信しなくてはならないため、他国への配信に比べて遅延しがちです。
中国国内のユーザに、日本のWebサーバからコンテンツを高速に配信しようとすると、中国国内にキャッシュサーバを展開したCDNが必須となります。

今年5月に施行されたサイバーセキュリティ法によって、現在、中国政府から認可を受けている28社のCDNは、全て中国資本100%の中国企業です。
当社はその中でも最大手のChinaCacheと代理店契約を締結して、日本の越境ECサイトやエンタープライズ向けに提供することで、中国市場でのビジネスの発展にお役立ちいたします。

ChinaCacheは、Microsoft、Adobe、Symantecなどのテクノロジー企業をはじめとして、ユニクロ、Gap、P&G、Nikeなど多くのEC、中国官公庁や一般企業等30,000以上の顧客に利用されています。


ChinaCacheのサービスの概要は以下の通りです。

サービス名:EBPA (Enterprise Basic Page Acceleration)
特徴:中国国内のキャッシュサーバで、静的コンテンツをキャッシュして高速配信
配信対象:HTML、CSS、画像、JavaScriptのような静的コンテンツ
料金: HTTPS配信2TB月額 51,200円(税抜価格)より
[画像1: (リンク ») ]


サービス名: EIPA(Enterprise Intelligent Page Acceleration)
特徴:中国と日本の間を高速専用回線で接続し、TCPアクセラレーションで高速にキャッシュできないコンテンツを配信
配信対象:動的に生成されるコンテンツ
料金: HTTPS通信2TB月額109,920円(税抜価格)より
[画像2: (リンク ») ]


ICP Beian取得申請
ICP Beianは、中国国内のCDNやデータセンターなどを利用する際に必要な中国政府の認可番号です。
料金:3万円(税抜価格)

株式会社Spelldataについて

Spelldataは、Webサイトの品質を専門分野とするデータ分析企業です。
Webサイトの配信品質・情報品質の分析・評価のリーディングカンパニーとして、お客様のWebサイトが国内・海外ともに快適に、エラーなく表示され、かつ価値の高い情報を配信できるように支援します。
Spelldataの取得する実行可能データとその分析により、デバイスと場所を問わず、コンシューマ体験、エンタープライズ体験、およびエンターテイメント体験を、企業が最適化する方法として、統計的品質管理手法を普及していきます。
Webサイト: (リンク »)

一般のお問い合わせ先
[会社名]株式会社Spelldata
[担当者名]横溝 康正(よこみぞ やすまさ)
[TEL]03-3242-3150
[Email]info@spelldata.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。