ARスポーツ観戦。ジャパンラグビー トップリーグでARライブ映像視聴の実証実験を実施

株式会社WOWOW 2017年12月21日

From PR TIMES



[画像1: (リンク ») ]

~来る5G時代に向けた新しいスポーツ観戦スタイルを提案~

株式会社WOWOW(本社:東京都港区、代表取締役社長 田中 晃、以下「WOWOW」)は、株式会社TBSテレビ(本社:東京都港区、代表取締役社長 武田 信二、以下「TBS」)、北海道日興通信株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長 鈴木 範夫、以下「NIXUS」)と共同開発した配信技術「Live Multi Viewing」を活用し、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 吉澤 和弘、以下「ドコモ」)、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 田中 達也、以下「富士通」)と共同で、12月24日(日)に 東京都港区・秩父宮ラグビー場で開催される「ジャパンラグビー トップリーグ」のNEC グリーンロケッツ vs NTTドコモ レッドハリケーンズ戦において、スポーツ観戦の楽しみ方を広げる、ドコモが提供する「AR*ライブ映像視聴システム」の実証実験を実施いたします。

本システムにより来場者は、スマートグラス**を装着することで、プレーの生中継映像や、チーム・選手プロフィール、解説情報等を見ながら試合を観戦することができます。スマートグラス上に表示されるコンテンツは、リモコンなどの操作端末を必要とせず、手で直感的に操作することが可能です。また、会場ではスマートフォン向けのコンテンツ配信も併せて実施いたします。

本システムは、目の前に表示されたCGオブジェクト(今回は、試合映像やプロフィール情報等)を実際に物に触れるような感覚で操作できるドコモの空間インターフェース技術と、TBS、WOWOW、NIXUSが共同開発した低遅延・高レスポンスで複数の映像を切り替えられる配信技術「Live Multi Viewing」を連携することで実現しました。また、コンテンツを配信するネットワークの遅延低減や負荷分散を行なうために、ドコモの「5G通信」や、5G時代の要素技術である富士通の「Mobile Edge Computing」が活用されています。

来る5G時代に向けてTBS、WOWOW、NIXUSは、配信技術「Live Multi Viewing」に高画質・高音質、大規模同時配信といった機能を追加し、さらに利便性を向上してまいります。また、今後開催される大規模スポーツイベントを見据えて、スタジアムでの新しい観戦スタイルを提案してまいります。

*Augmented Reality(オーグメンティッド・リアリティ)。拡張現実。人が知覚する現実をコンピュータにより拡張する技術
**眼鏡型のウエアラブルデバイス。実際に見ている光景に情報を重ねて表示することが可能

「ARライブ映像視聴システム」実証実験 実施概要

実施日時:2017年12月24日(日)午前11:30試合開始
実施場所:秩父宮ラグビー場
※秩父宮ラグビー場に入場いただくには、別途「ジャパンラグビー トップリーグ」観戦チケットが必要です。
※来場者は、会場内のAR体験コーナーにて、実証実験の体験が可能です。

[画像2: (リンク ») ]

LMV:Live Multi Viewing
MEC:Mobile Edge Computing

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社WOWOWの関連情報

株式会社WOWOW

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。