GMOフィナンシャルゲート:自動販売機向けの組込型決済端末を提供開始~国内初、飲料自動販売機で「Visa payWave」の非接触型決済に対応~

GMOインターネットグループ 2017年12月21日

From PR TIMES



2017年12月21日
報道関係各位

GMOフィナンシャルゲート株式会社
===============================================================
自動販売機向けの組込型決済端末を提供開始
~国内初、飲料自動販売機で「Visa payWave」の非接触型決済に対応~
===============================================================
 GMOインターネットグループのGMOペイメントゲートウェイ株式会社の連結会
社で、対面クレジットカードなどの決済事業を展開するGMOフィナンシャルゲー
ト株式会社(代表取締役社長:杉山 憲太郎 以下、GMO-FG)は、今後のキャッ
シュレス化の進展を見据え、自動販売機及び自動サービス機(飲料自販機、券
売機、コインランドリー、コーヒーマシン等)向けの組込型決済端末をシリー
ズで展開してまいります。

 このシリーズ第1弾として、NAYAX株式会社(代表取締役:松本 博司 以下、
NAYAX)と共同で、組込型マルチ決済端末を開発し、2018年1月より提供開始い
たします。これは、世界55カ国で展開しているNAYAXのキャッシュレス決済端
末「VPOS Touch」を国内向けに仕様変更し、カードやモバイル端末をかざすだ
けでカード支払い可能な非接触決済「Visa payWave(ビザペイウェーブ)」の
機能を追加したものです。
 本マルチ決済端末は、株式会社伊藤園(代表取締役社長:本庄 大介 以下、
伊藤園)の飲料自動販売機において導入が決定しており、2018年1月より、ま
ずは株式会社りそな銀行(代表取締役社長 東 和浩 以下、 りそな銀行)の
各支店内へ順次設置される予定です。

 GMO-FGは、飲料自動販売機を皮切りに、券売機やコインランドリー、コーヒー
マシンといった“Unattended Market(=自動販売・サービス機の総称)”へ
セルフ型のマルチ決済の導入を進めてまいります。
[画像: (リンク ») ]


---------------------------------------------------
【自動販売機向けの組込型決済端末の開発背景と概要】
---------------------------------------------------
 世界的にキャッシュレス化が進む中で、日本政府においても、今後10年間
(2027年6月まで)にキャッシュレス決済比率を倍増し、4割程度まで引き上げる
ことを目指すと提言(※1)していることから、今後様々なシーンでキャッシュ
レス決済が求められていくと考えられます。
 こうした中、カードやモバイル端末をかざすだけでスマートに支払いができ
る非接触決済が注目を集めており、世界71の国・地域で「Visa payWave」を利
用した非接触決済が導入されています。「Visa payWave」は、国際的なセキュ
リティ基準EMV(※2)に準拠した安全性の高い決済サービスで、対応のVisaカ
ード(クレジット・デビット・プリペイド)や、モバイル端末を専用の決済端
末にかざすだけで支払いが可能です。

 こうした背景のもとGMO-FGは、“Unattended Market”と称される自動販売
機及び自動サービス機のキャッシュレス決済を推進するべく、組込型決済端末
をシリーズで展開していくことといたしました。まずはシリーズ第1弾として、
NAYAXと共同で、同社のキャッシュレス決済端末「VPOS Touch」を国内向けに
仕様変更し、「Visa payWave」による非接触決済にも対応した組込型マルチ決
済端末を開発し、2018年1月より提供開始いたします。

 また、この組込型マルチ決済端末は、初の導入先として伊藤園の飲料自動販
売機での採用が決まっており、2018年1月より、りそな銀行の各支店に組込型
マルチ決済端末が搭載された自販機が設置されます。りそな銀行では、2017年
10月に即時発行型の「Visa payWave」搭載デビットカードを発行開始している
ことから、対応のカードの発行を受けた利用者はすぐに自動販売機で非接触型
決済を体験いただけます。

(※1)出典:平成29年8月発表 経済産業省「キャッシュレスの現状と推進より
(※2)EMVとは、国際カードブランドであるVisaとMasterCardが策定した
   「ICチップ搭載クレジットカードの統一規格」のこと。 両社の頭文字「M」
   と「V」、規格策定当時ヨーロッパでMasterCardブランドを運営していた
   Europay Internationalの頭文字「E」から「EMV」と名付けられた。


----------------------------
【「VPOS Touch」について】
----------------------------
 「VPOS Touch」は、接触型のクレジットカード決済だけでなく、カードやモ
バイル端末を“かざす”決済が可能な、自動販売機・自動サービス機向けの組
込型マルチ決済端末です。2018年1月にVisaカードに対応し、2月以降順次Master
CardやJCB等のカードブランドに対応していく予定です。また、国内のパブリッ
ク電子マネーやハウス電子マネー、インバウンド向けQRコード決済、社員証決
済、ポイント対応等様々な決済に対応を予定しており、利用シーンに応じた柔
軟な決済サービスを提供いたします。

----------------------------
【NAYAX株式会社について】
----------------------------
 NAYAXは、「VPOS Touch」の設計・製造・販売を行っているイスラエルの
NAYAX Ltd.の日本法人として、2015年5月に設立されました。NAYAX Ltd.は世
界55カ国で自動販売機向けに決済端末を供給し、ご利用いただいております。
また、決済端末以外に、自動販売機のリモート管理、販売状況の管理、分析ツー
ルなどのソリューションも提供しています。

-----------------------------------------------
【GMOフィナンシャルゲート株式会社について】
-----------------------------------------------
 GMO-FGは、対面店舗でのクレジット・デビット決済を軸とした決済代行事業
者として、1999年7月の創業以来18年の実績と信頼を築いてまいりました。IC
カード対応の共同利用センターとして、海外端末メーカーとのアライアンスを
軸に、経済合理性とテクノロジーの先進性で業界の革新に取り組んでおります。
据置・モバイルなどのCCT端末(共同利用端末)に加え、IC対応のスマートフォ
ン決済や病院・ゴルフ場向けの自動精算機での組込型決済サービスも行ってお
り、幅広い決済シーンで安心・安全・確実な処理を提供し関連事業会社と業界
の発展に貢献してまいります。

------------------
【関連URL】
------------------
・GMO-FGコーポレートサイト  (リンク »)
・NAYAXコーポレートサイト  (リンク »)

以上

-----------------------------------------------------
【報道関係お問い合わせ先】
●GMOフィナンシャルゲート株式会社 経営企画室 小泉
TEL:03-6416-3881 FAX:03-6416-3880
E-mail:sales_staff@mail.gmo-fg.com
●GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 石井・島田
TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp
-----------------------------------------------------

【GMOフィナンシャルゲート株式会社】(URL: (リンク ») )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOフィナンシャルゲート株式会社
所在地  東京都渋谷区道玄坂1丁目14番6号 ヒューマックス渋谷ビル
代表者  代表取締役社長 杉山 憲太郎
事業内容 ■クレジット、デビット、銀聯カード等の決済処理サービ事業
資本金  11億円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【GMOペイメントゲートウェイ株式会社】(URL: (リンク ») )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOペイメントゲートウェイ株式会社 (東証第一部 証券コード:3769)
所在地  東京都渋谷区道玄坂1丁目14番6号 ヒューマックス渋谷ビル
代表者  代表取締役社長 相浦 一成
事業内容 ■総合的な決済関連サービス及び金融関連サービス
資本金  47億1,200万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【GMOインターネット株式会社】(URL: (リンク ») )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOインターネット株式会社(東証第一部 証券コード:9449)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業
     ■インターネット広告・メディア事業
     ■インターネット金融事業
     ■モバイルエンターテイメント事業
資本金  50億円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) 2017 GMO Financial Gate, Inc. All Rights Reserved.
■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]