地域×クラウドファンディングFAAVO、株式会社JR東日本ステーションリテイリングを連携し、多摩地域の「マチとのコトづくり」地域活性化企画を開始

株式会社サーチフィールド 2017年12月21日

From PR TIMES

エキュートの新たな地域連携の取り組みとしてクラウドファンディングを活用した地域活性化プロジェクトに着手します

クリエイター支援事業を手がける株式会社サーチフィールドは、株式会社JR東日本ステーションリテイリングと連携し、地域活性化企画を開始します。多摩地域の企業や団体、職人などからプロジェクトを募り、目標金額を達成した物品等をエキュート立川で販売いたします。プロジェクト募集は2018年1月初旬より、2月・3月でプロジェクトへの支援を募り、成立したプロジェクトの成果物を4月下旬にエキュート立川で開催する”マルシェ”にて販売を行います。



※本プレスリリースは、株式会社JR東日本ステーションリテイリングと株式会社サーチフィールドの共同プレスリリースです。
[画像1: (リンク ») ]

株式会社JR東日本ステーションリテイリング(本社:東京都港区/代表取締役社長:貝瀬厚)は、地域に根付いた施設運営の一環として「マチとのコトづくり」を推進しています。このたび、次世代を見据え「マチとのコトづくり」を深度化することを目指して、クラウドファンディングを活用した地域活性化企画に新たに着手します。このたび、地域を盛り上げるプロジェクトに特化したクラウドファンディングネットワーク「FAAVO」を運営する、株式会社サーチフィールドとともに第1回プロジェクトを始動することを決定しましたので、お知らせします。

株式会社JR東日本ステーションリテイリングおよび株式会社サーチフィールドは、本プロジェクトを通して、新しいアイデアや企画を形にしたい地域事業者の掘り起こしと、広くお客さまに地域の魅力を体感していただける機会の提供に取り組んでまいります。

第1回プロジェクトについて 【多摩地域】
クラウドファンディングネットワーク「FAAVO」を活用して、新しいアイデアを形にしたい、多摩地域で活動する企業や職人を支援。さらに、それらの参加者のうち、支援金の集まった参加者等に対して、エキュート立川で開催する“マルシェ”でイベント運営できるリアルの場を提供します。“マルシェ”では、一般のお客さまが、参加者のアイデアに触れることが可能。地域の新名物や地域素材を使ったアイテムなどの実物を購入したり、作り手の想いを直接聞くことができます。一連のプロジェクトを通して、1.地域団体の活動機会を広げること、また、2.地域にお住まいのお客さまやエキュート立川にいらっしゃる一般のお客さまの、多摩地域の新しい魅力に出会えるきっかけ を創出し、地域連携を図ります。

【1】 2018年1月12日~ 特設サイト公開、参加者募集
URL: (リンク ») ※開設後にアクセス可能となります。
※先行して「FAAVO多摩中央」(運営:まちづくり立川)エリアオーナーが一部募集開始

募集する参加者の一例
1.多摩地域で活動する企業や職人が挑戦する、地域の新名物
Ex.地元工場が作る新しいアイデア商品。 老舗の酒屋が取り組む新しい作りのお酒。
2.多摩地域の素材や地域に根付く技法などを取り入れた日常がちょっと楽しくなるような商品
Ex.地元の産材を使った新しい商品。 地域伝統の絵付け技法を使った雑貨の販売。
3.時代を超えて愛される、多摩地域の自然や建築物を思い起こすような商品
Ex.地域独特のシンボルをモチーフにしたアクセサリー。 歴史的建造物の立て替え時に出た廃材で作る雑貨。

【2】 2018年1月末 応募〆切。プロジェクト審査。
【3】 2018年2月初旬~3月 プロジェクト開始(支援者・支援金募集)
【4】 2018年4月 “マルシェ”運営準備
【5】 2018年4月下旬 エキュート立川 イベントスペース「タマリバ」等において、“マルシェ”を実施
※数日間、日程は変更となる場合がございます。

株式会社JR東日本ステーションリテイリングが取り組む背景
株式会社JR東日本ステーションリテイリングはこれまで、「駅を変える。」を経営理念の柱として、従来は別々の機能を持った“鉄道”と“商業施設”を一体化し、駅の環境計画から商業施設のMD、取引先選定、売場マネジメント、販売促進までを一気通貫するビジネスモデルを構築し、駅のポテンシャルを最大限に活かしたエキナカビジネスに挑戦してまいりました。2005年3月にエキュート大宮を開業して以来、運営している施設は合計6施設。駅を変えてきた企業として、次なる想いは、“エキュートがある街に住みたい”と思っていただけるようになりたい、ということです。そのために、これからも「駅を変える」ことを通してお客さまと街の毎日を楽しく実り多いものに変えていくために、新しい挑戦を継続しています。

本プロジェクトでは、そうした挑戦の一環として、クラウドファンディングを使った地域活性化スキームを新たに構築し“エキュートのある街”の魅力向上に努めます。株式会社サーチフィールドが運営する「FAAVO」が、地域を盛り上げるプロジェクトに特化したクラウドファンディングネットワークであることから、このたび、株式会社サーチフィールドと協業することを決定しました。

プロジェクト概念

[画像2: (リンク ») ]


マチとのコトづくりとは
株式会社JR東日本ステーションリテイリングがすすめるCSRのひとつ。“マチとのコトづくり(マチコト)”をテーマに、ヒトとマチ、マチとマチをつなげる取り組みを行っています。マチの皆さまと協力して地域の魅力を発信することで、エキを取り巻く社会の発展を目指しています。URL: (リンク »)

株式会社JR東日本ステーションリテイリングについて
本社所在地:東京都港区北青山2-7-9
設立:2003年9月12日
資本金:480百万円(東日本旅客鉄道株式会社100%出資)
事業目的:駅構内における商業施設の運営及び開発/衣料品、飲食料品、雑貨品等の販売/店舗等の管理及び運営

「エキュート立川」について
JR東日本立川駅改札内外にあるエキナカ商業施設。スウィーツやデリ、ベーカリー、飲食店、雑貨等のショップのほか、駅型保育園や総合クリニック、東京観光情報センターなど、様々なショップが立ち並びます。
住所:東京都立川市柴崎町3−1−1JR立川駅構内
開業:2007年10月5日
売場面積:約4,500m2

株式会社サーチフィールドについて
本社所在地:東京都品川区西五反田7-20-9 KDX西五反田ビル3F
設立:2008年7月28日
資本金:1,000万円
主な事業:ソーシャルゲーム等のイラスト制作代理サービス 「GIKUTAS(ギクタス)」
地域に特化したクラウドファンディング「FAAVO」の運営
使いみちに特化したガバメントクラウドファンディングサイト「エフバイジー(F×G)」の運営

FAAVOについて
2012年6月に開始した地域に特化したクラウドファンディングサービス。地域を盛り上げるクラウドファンディングサービスをあまねく全国に広げるため、現地の事業者、行政、金融機関などと連携し、FAAVOの運営を委託するエリアオーナー制度を設けていることが最大の特長。2017年12月現在、全国76エリアで展開し、28自治体、42金融機関、119の民間企業/NPO・NPO法人と連携。

※内容は変更する場合がございます。※写真はイメージです。
※本資料は2017年12月21日時点での情報です。※詳細なスケジュールは、順次、 (リンク ») でお知らせしてまいります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。