コヴィア ORVIBOスマートホームシリーズ第2弾 Wi-Fiスマートカメラ「SC-10」発売 www.orvibo.jp

株式会社コヴィア 2017年12月22日

From PR TIMES

株式会社コヴィア(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:神代敏彦)は、家庭をスマートホー ムに進化させるORVIBO社製スマートホーム製品の第二弾として、Wi-Fiスマートカメラ「SC-10 」の国内販売を2017年12月末より開始します。



[画像: (リンク ») ]

ORVIBOスマートホームシリーズ(www.orvibo.jp)は、スマートホームのリアルなニーズに応える機能を備えた、シンプルで美しいデザインのWi-Fi端末です。 ORVIBOスマートホーム製品はいずれもWi-Fi接続で操作でき、特別なゲートウェイ機器等は必要ありません。ご家庭の既存のネットワークに簡単に設置でき、ご自宅をスマートホームに進化させます。 11月の発売開始よりご好評をいただいている、ORVIBOスマートホームシリーズ第一弾のWi-Fi スマートリモコンMagic Cubeに続く、同シリーズ第二弾は、Wi-Fiスマートカメラ SC-10です。 2017年12月末よりAmazonサイトでお求めいただけます。

ORVIBOスマートホームシリーズでは次のラインアップとして、「Wi-Fiメータープラグ S31」 を2018年4月に発売予定です(当初予定の2月より延期)ので、ご期待ください。


■HomeMateアプリ
HomeMateはORVIBO製品専用の統合型スマートホームアプリです。ORVIBOスマートホームシリーズの製品はすべてHomeMateアプリからクラウドを介して制御できるので、ご自宅内でも、 外出先からでも、場所を意識せずに同じ手順でORVIBOスマートホーム製品を操作することができます。また、HomeMateアプリは同一のアカウントに複数ログインすることができるので、 ORVIBOスマートホーム製品を複数の端末でご利用いただくことができます。さらに、 HomeMateアプリにはORVIBOスマートホームの各製品を利用する”部屋”の設定ができるので、 異なる部屋に設置した複数のORVIBOスマートホーム製品を個別にコントロールすることが可能です。 HomeMateアプリでご利用中の設定はクラウドに記録でき、端末を変更したときや端末を追加したい場合も、面倒な設定の引き継ぎが必要ありません。
HomeMateアプリはiOSとAndroid OSの両方に対応しています。


■Wi-Fiスマートカメラ SC-10
*セキュリティレコード
SC-10はモーションとサウンドの検出機能を備えています。PIRセンサー機能は、暗視撮影用のLEDライトとCMOSカメラを使ってソフトウェア処理で実現しており、暗闇でも6メートル以内の動きを検出することができます。 検出された人の動きや音はHomeMateアプリを通じてユーザーに通知されるとともに、アプリ内のセキュリテイレコードに記録され、検出イベントが発生した時刻を確認できます。また、異常が検出された場合、SC-10に接続してHomeMateアプリでリアルタイムにSC-10の撮影画像を確 認することができます。さらに、SC-10にSDカードを設定していれば、SDカードに記録された画像で過去に遡って不審者の動きを確認することも可能です。 このように、SC-10は監視カメラとしての機能に加えて、不在中の不審者の侵入などの検知にもご利用いただくことができ、防犯に役立ちます。

*インターコム
インターコム機能は、HomeMateアプリとSC-10の間で双方向で音声通話ができる機能です。スマートフォン側ではSC-10の撮影画像を見ることができ、画像(片方向)を見ながらの会話も可能です。日常的なコミュニケーションのほか、セキュリティイベントの発生時には遠隔から声がけするなど、防犯の用途にもご利用いただくことができる機能です。

*写真・動画のスマホ撮影
SC-10で撮影した画像は、遠隔からスマートフォンで見ることができるだけでなく、写真または動画としてスマートフォンに取り込むことができます。

*ローカル録画
SC-10にmicroSDカードを装着して、設定した時間帯の連続動画記録を行うことができます。撮影された動画にはタイムラインでセキュリティイベントが赤いラインで表示されますので、過去の記録動画を遡って確認するのに便利です。

*ホームページサスペンション
HomeMateのルーム管理画面にSC-10で撮影した画像を差し込むことができます。この機能により、たとえば、SC-10を設置した室内でMagic Cubeを使った家電の遠隔操作(エアコンや照明の スイッチオン/オフ、など)をした場合に、SC-10が撮影した室内画像の変化(遠隔操作前・後) によって視覚的に遠隔操作の確認をすることができます。これによりペットの様子を見ながら、 遠隔でエアコンや照明の操作ができます。


■仕様
Wi-Fi規格       :IEEE802.11 b/g/n(2.4Ghz帯)
カメラレンズ     :113度広角視野角
センサー       :1/4” OV9732 1MP CMOS
ナイトビジョン    :自動光学フィルタ制御
赤外線LED :10個のLEDで暗がり視野最大6M
画像センサー     :1/4" OV9732 1MP CMOS
マイク        :モノラル -48dB
スピーカー      :内蔵 8Ω1W
音声         :双方向通信対応(対スマホ)
SDカードスロット   :あり
画像圧縮       :H.264 MP/HP Level 4.0
解像度        :1280x720P
フレーム数      :30fps(可変)
ケース素材      :PC(プラスチック)
電源         :5V/1A microUSB給電(ACアダプタ付属)
環境温度       :-20°C~50°C
外形寸法       :68x68x125mm(68x68mmは台座部分)
質量         :約110g


*電波法に基づく技術基準適合認定を受けた製品ですので、日本国内で安心してご利用いただけます。
*付属のクイックスタートガイドには使用上の注意、安全に関する記載があります。正しくお使いいただくために、ご使用前に必ずお読みください。
*デザイン、仕様等は改良のため予告なく変更する場合があります。


■製品名         :Wi-Fiスマートカメラ
■製品型番        :SC-10
■発売時期        :2017年12月末
■価格          :オープン
■Amazon販売価格    :5,980円(税込)
■ORVIBO製品サイト   :www.orvibo.jp


【商品画像】
(リンク »)
【商品ユーザーガイド】
(リンク »)

【本製品に関する問い合わせ窓口】
電話 : 050-5894-0977
E-mail: info@orvibo.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。