イラストレーターと企業をつなぐ制作受託サービス「GIKUTAS(ギクタス)」が実施した第3回イラストコンテスト『イケメン大戦争』の各部門受賞者が決定!

株式会社サーチフィールド 2017年12月25日

From PR TIMES

10月6日~11月6日の1か月間に多数ご応募頂いた作品の中から、総合最優秀賞をはじめとした各4部門の部門賞受賞者を決定

様々なクリエーター支援事業を展開している株式会社サーチフィールド(本社:東京都品川区、代表取締役社長:小林琢磨)が運営している制作受託サービス「GIKUTAS(ギクタス)」で実施した、第3回男性キャラクターイラストコンテスト『イケメン大戦争』の総合最優秀賞を始め、現代部門賞・和風部門賞・ファンタジー部門賞の受賞者を12月25日に公式ウェブサイト上で発表しました。



■様々なシチュエーションの男性キャラクターイラストをテーマとした第3回「イケメン大戦争」イラストコンテストの結果を発表!

[画像1: (リンク ») ]


▼「GIKUTAS」開催の第3回イラストコンテスト『イケメン大戦争」』

結果発表ページ: (リンク »)

12月25日、第3回イラストコンテスト『イケメン大戦争』の結果を発表したのは、サーチフィールドが運営するイラストレーターと企業をつなぐ制作受託サービス「GIKUTAS」です。

▼ 漫画・イラストに特化した制作受託サービス「GIKUTAS」: (リンク »)

「GIKUTAS」が実施した第3回イラストコンテストでは、様々な属性、フェチズムをくすぐる多様なイケメンを形にしていただくことをテーマに10月6日~11月6日の約1か月間の開催期間を設けておりました。
社内の審査チームで厳正な選考を実施し、 それぞれ4部門で受賞者を決定いたしました。
今回、総合最優秀賞となったのは「泣きぼくろのカレ」という作品で、作者は「hiro」さんです。
[画像2: (リンク ») ]


おもな選出ポイントは次のとおりです。

◆着彩面
・立体感や質感差、前後感が表現できているか
・色遣いなどでよりキャラクターを魅力的に表現できているか

◆キャラ感
・キャラクターに合ったカメラアングル、ポーズになっているか

今回総合最優秀賞となったのは「泣きぼくろのカレ」は記の選定ポイントからしっかりと汲み取りを
行っていただいており、キャラクターのかっこよさを際立たせるポージング、しっかりと質感差の分かる
塗りこみなどから、審査員全員から大変高評価だった為、本作品を最優秀賞に選出を行わせて頂きました。

その他、受賞者となった作者には「GIKUTAS」の社内アートディレクターによる受賞イラストへのアドバイスなどのサポートを実施していきます。

サーチフィールドでは、イラストレーターと企業をつなぐウェブサービス「GIKUTAS」のビジネスモデルを
さらに拡充して、すでにプロとして活躍しているイラストレーターだけでなく、プロのイラストレーターをめざす方にも仕事を獲得できるチャンスを提供し、1人でも多くの作家を発掘していきたいと考えて
独自のイラストコンテストを実施しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]