累計20万部ヒットのベストセラー著者と話せる!著者をボット化した「AI著者ボット」β版がリリース!

株式会社REACT 2017年12月26日

From PR TIMES

著者から読者へのコミュニケーションを図り、新しい価値の創造を目指す

LINE/Facebookボット制作を手掛ける株式会社REACT(読み:リアクト 本社:東京都渋谷区桜丘町 代表取締役CEO:加藤僚浩)は、ビジネス書出版などを手掛ける株式会社クロスメディア・パブリッシング(所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷 代表取締役:小早川幸一郎)に「Engagebot(※)」を提供し、著者をボット化した「AI著者ボット」を共同制作しました。



[画像1: (リンク ») ]


2017年12月20日(水)、著者をボット化した「AI著者ボット」第一弾として『自分を変える習慣力』などの習慣力シリーズが累計20万部のヒットを記録した三浦将(みうら・しょうま)氏の「三浦 将ボット」β版がリリースしました。LINE/Facebookで展開される「AI著者ボット」はQRコードからスマホにインストールでき、著者や書籍に関する機能を搭載しています。「三浦 将ボット」では生活習慣を変えるためのカウンセリングを行う機能を持ち、ユーザーからの相談に本人が回答する場合もあります。

「AI著者ボット」は著者と読者を繋げることによる、双方の価値の最大化を目的に制作されました。「三浦 将ボット」ではカウンセリング機能以外にも、著者本人のメルマガへの登録やオンラインサロンへの参加、書籍の購入などが可能です。

【今後の予定】
今回リリースした「AI著者ボット」β版を試行・運用し蓄積したデータを元に改良を重ね、2018年1月下旬を目途として「AI著者ボット」の正式リリースを予定しています。

▼Facebook「三浦 将ボット」β版はこちら
PC・スマホの方はこちらのURLから  (リンク »)
Facebookの方はこちらのユーザーネームから @miurashoumabot

▼LINE「三浦 将ボット」β版はこちら
PCの方はこちらのURLから  (リンク »)
スマホの方はこちらのQRコードから
[画像2: (リンク ») ]



(※) Engagebotとは
GUI形式でプログラミング知識不要のLINE/Facebookボット制作サービス。企画から最短1日でのローンチが可能。テレビ局を初め導入実績多数。ボット上でユーザーへのアンケートやイベント予約、物販などが可能。DAUなどの効果測定を行いながらボットの制作や運営が行え、ユーザーのエンゲージメントの向上を実現。
サービス紹介: (リンク »)

■株式会社クロスメディア・パブリッシング
▼本事業に関するお問い合わせ先
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷4-20-3 東栄神宮外苑ビル
Tel:03-5413-3140
【URL】 (リンク »)
▼本プレスリリースに関するお問い合わせ先
株式会社クロスメディア・パブリッシング 事業推進部
担当:高橋、石田
Tel:03-5413-3140
E-Mail:takahashi@cm-group.jp

■ 株式会社REACT 会社概要
設立:2014 年 5月 15 日
所在地:東京都渋谷区桜丘町7-13宍戸ビル2F
代表名:代表取締役CEO 加藤僚浩
導入・取材お問い合わせ先:info@react.tokyo

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]