第一種金融商品取引業者登録完了に関するお知らせ

株式会社スマートプラス 2017年12月27日

From PR TIMES

株式会社スマートプラス(本社:東京都千代田区、代表取締役 藤江典雄、以下「当社」という。)は、2017年12月26日付にて第一種金融商品取引業者に登録が完了しましたので、お知らせいたします。



[画像: (リンク ») ]

当社は、株式会社Finatext(本社:東京都千代田区、代表取締役 林良太、以下「Finatext」という。)の子会社として2017年3月に設立されました。株式売買執行機能のプラットフォームサービス「BaaS(バース): Brokerage as a Service」を中核に多様化した投資家ニーズに適応する様々な証券サービスを創造していきます。

この度、第一種金融商品取引業者の登録が完了したことを受け、BaaS上で動作する第一弾の株取引モバイルアプリ「STREAM(ストリーム)」を2018年初旬に公開すべく※1、準備を進めてまいります。STREAMは、ソーシャルネットワークが組み込まれた日本株の株取引アプリとなり、以下のような独自の特徴があります。

<「STREAM」の特徴>
1. 取引アイデアがすぐに見つかる
会員の集合知を活用し、場中に最も注目されているニュース等を評価。当該情報から銘柄情報を参照できる等、高度な分析をしなくとも取引のきっかけが容易に見つかります。

2. コミュニティによる投資力の向上
STREAMには、会員同士が互いに投資力を向上できるよう、ソーシャルネットワークサービスが備わっています。

3. スマートフォン上でスムーズに取引できる画面設計
STREAMは、取引対象となる銘柄の発見から取引完了に至る画面遷移並びに片手で取引を完了できるよう設計されており、投資家はスマートフォン上で迅速かつ円滑に取引が行えます。

現在、当社ではSTREAMの事前登録を受け付けております。リリース後は順次、事前登録者様へ招待制にてアプリ利用をご案内する予定です。事前登録は以下より行なっております。
STREAM事前登録受付URL: (リンク »)

※1 STREAM公開時は、株取引機能が制限されたα版リリースを予定。

<株式会社スマートプラス について>
スマートプラスは、株式会社Finatextの子会社として2017年3月に設立されました。Finatextグループにおいて証券サービス機能を担い、株式売買執行機能のプラットフォーム「BaaS(バース): Brokerage as a Service」を中核に多様化する投資家ニーズに適応する証券サービスを創造します。

<株式会社Finatext について>
Finatextは、2013年12月に東大出身者を中心に次世代ウェルス・マネジメント・サービスを提供すること目指し設立された会社です。リテール向けにモバイルサービスや投資関連のアルゴリズム等を提供する Finatextと、機関投資家向けにビッグデータ解析サービスを提供している Nowcast(2016年8月経営統合) 、次世代証券プラットフォームの確立と、個人投資家のそれぞれのライフシーンで投資が可能なモバイル端末をメインとした証券会社スマートプラスの3社を軸に、日本国内をはじめ国外(台湾、マレーシア、ベトナム、イギリス)でも事業を展開しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]