ビィ・フォアード、モンゴルに初のライフスタイル関連商品の実店舗「FUJI SHOP」12月26日オープン

株式会社ビィ・フォアード 2017年12月27日

From PR TIMES

独自の物流力を生かし、新業態で初のリアルショップ

株式会社ビィ・フォアード(本社:東京都調布市 代表取締役:山川博功)は、モンゴルの首都ウランバートルにきのう12月26日(火)、日用品などを販売する「FUJI SHOP」をオープンしました。これは、中古車等輸出の越境ECサイトを運営するビィ・フォアード初の、ライフスタイル関連商品部門における実店舗となります。



[画像1: (リンク ») ]

ビィ・フォアードはこれまでも中古車輸出サービス拡充のため、現地オフィスを世界16か国に展開してきましたが、このたびオープンした「FUJI SHOP」は、ビィ・フォアードの新業態である日用品等ライフスタイル関連商品を販売する初の実店舗です。この「FUJI SHOP」は12月8日(金)にプレオープンし試験的に運用してまいりましたが、きのう26日(火)に正式オープンとなりました。


ビィ・フォアードは2014年から自社開発の越境ECサイトbeforward.jp内において、時計やスマートフォンなどの商品を試験的に販売してまいりましたが、特にモンゴルから一定の需要があることと、さらに現地では日本の日用品が高額で売られている現状に着目し、このたび、自動車販売で培った物流力をフルに活用し、徹底的に物流コストを削減して、日本人が日本で使っている製品を低価格で提供するリアルショップを展開することとなりました。
[画像2: (リンク ») ]


「FUJI SHOP」は、日用生活品、家庭用雑貨、バラエティグッズ、家電などが低価格で楽しめるアミューズメント性あふれるストアです。バラエティに富んだ商品は、モンゴルの消費者ニーズに精通した現地スタッフがセレクトして仕入れを行っています。

「FUJI SHOP」第1号店は、モンゴルの消費者需要を把握するためのアンテナショップとしての位置づけであることから、場所はウランバートルの中心エリアに立つデパート「Grand Plaza」内にオープンしました。
ここで得たマーケティングデータは今後、主たる業務であるECサイト運営にフィードバックし、ECサイトの拡充や、さらなる店舗の展開に繋げていく予定です。
これは、オンライン(インターネットやスマホアプリ)からオフライン(実店舗)へと消費者を促す「O 2 O(Online to Offline)」プロモーションの逆となる、「オフライン to オンライン」というビィ・フォアード独自のマーケティングモデルです。モンゴルの生活者にFUJI SHOPで「FROM JAPAN製品」を実際に見て、触ってもらい、ゆくゆくはサイトBeforward.jpでの買い物を促すという、新しい可能性を探るプロモーション施策となります。
[画像3: (リンク ») ]



ウランバートルではこの新店舗オープンについて、今月16日からラジオCMを放送しており、オープンの12時には店内は多くの来場客でにぎわいました。

■ FUJI SHOP所在地 : Bayan gol duureg 2 r khoroo, Baruun 4 zam, Enkh taiwni urgun chuluu Grand Plaza , 1F 1-10 Fuji Shop
■ 電話番号 : +976 8852 1050

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。