120万部突破シリーズ最新刊『99%の人がしていないたった1%のメンタルのコツ』!最強のメンタル管理法はアスリートに学ぶ?オリンピックメダリストで現役メンタルトレーナーの田中ウルヴェ京氏との共著が話題

株式会社旭屋書店 2017年12月28日

From PR TIMES

旬な作家の意外な素顔が・・・?旭屋書店「本TUBE」ピックアップ本、著者出演インタビュー企画!【旭屋書店主催イベント:著者出演インタビュー】

旭屋書店では、1月4日から各店舗で“豆腐メンタルな自分を変える一冊"にて、河野英太郎さんの新刊『99%の人がしていないたった1%のメンタルのコツ』をご紹介&本書をフィーチャーした『本TUBEニュース』コーナーを設置!連動して、1億人の本と本屋の動画投稿サイト「本TUBE」のスペシャル企画、ピックアップ本の著者への直接インタビューも開催!今回は、『99%の人がしていないたった1%のメンタルのコツ』発売を記念し、河野さん自身に、じっくりと語っていただきました。



[画像1: (リンク ») ]

◆本編再生はコチラ!
(リンク »)

旭屋書店では、河野英太郎さんの『99%の人がしていないたった1%のメンタルのコツ』 (ディスカヴァー)発売を記念し、著者インタビューを実施した。河野さんは、大手広告会社、外資系コンサルティングファーム等を経て、2002年以降日本アイ・ビー・エム株式会社にて、コンサルティングサービス、人事部門、専務補佐、若手育成部門リーダー、サービス営業、ソフトウェア営業などを歴任。著書に累計120万部の『99%の人がしていない たった1%のコツ』シリーズ(ディスカヴァー)、『現代語訳 学問のすすめ』(SBクリエイティブ)がある。

120万部突破の大人気『99%の人がしていない』シリーズ最新刊の本作は、ソウル五輪シンクロ・デュエット銅メダリストであり日本スポーツ心理学会認定メンタルトレーニング上級指導士を務める田中ウルヴェ京さんとの共著。ビジネスパーソンにとって不可欠な“しなやかなメンタル”をアスリートに学ぶというコンセプトだ。ビジネスもスポーツも心の使い方は同じ、最高のパフォーマンスを発揮するために今すぐ使えるメンタルのコツが、二人のプロフェッショナルによって熟考されている。

――これまで同シリーズで「仕事のコツ」、そして「リーダーのコツ」をお書きになって、なぜ今回は「メンタルのコツ」にしようと思ったのですか?

この国のホワイトカラーの生産性を上げたいなっていうことを、ずっと会社の仕事とかこういう著作活動を通じて考えてきました。それで一冊目、二冊目は現場とそこを束ねるリーダーと両方に何かヒントになればと書いたんですけど、この二冊は内容がスキルに寄っているところがありました。ただ、同じスキルを持っていたとしても発揮できない時があり、それは、気分を含めたメンタルの部分が大きいかなと思いまして。それをマネージすればより高いパフォーマンスになるんじゃないかと、田中京さんと一緒に考えたのが本作です。
[画像2: (リンク ») ]


――本書の中で河野さんが特に大切だと思われる部分はどれですか??

二つありますね。まず一つめのポイントは心理学に使役動詞がない、ということです。「You make me mad.」お前のせいでむかつくんだ、という言葉がありますけれど、そういった考え方は心理学の世界では存在しない。原因やきっかけを作った人物はいるかもしれないけれど、「You make me」ではなくて、怒ってる自分がいるだけだと。相手はどういう行動を取っていようと自分がどうするかは自分の問題であると。それに関してはいくつか複数箇所言及させていただいています。


――もう一点のポイントは?

人間の本能として、怒りや怯えといった感情は、そういう風に思うこと自体は良いというか、当たり前だということですね。外に出すから問題なのであって、そうした感情をまずは肯定しましょうと。大切なのは、そこからどうするか。例えば、朝「しんどいな」と思ったら、今日は30点でいいよと、マネージすることでパフォーマンスを上げていくんです。

___________________

本編のインタビュー動画では、この他にも質問やトークが盛り沢山、そして普段は見ることのできない作家さんの表情も楽しめます!完全版が見たい方は、ぜひ本TUBEをチェック!

→ (リンク »)


[画像3: (リンク ») ]


単行本: 228ページ
出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン

※店舗によりコーナー名表記・開催日程が異なる可能性がございます。予めご了承下さい。

[画像4: (リンク ») ]

◆本TUBEとは・・・
著者出演動画数は国内最大級!本屋が作った動画で気軽に”本”と出会えるコミュニティサイトです。
読んでみたくなる本が動画で見つかる、読んだ本の記録や整理できる本棚機能など、
毎日の読書がもっと楽しくなるコンテンツが盛りだくさん!
(リンク »)

◆公式Twitter
(リンク »)

◆公式Facebookページ
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。