編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

自宅などの駐車場の周辺環境の記憶による高度な自動駐車技術「Park by Memory」を開発

日立オートモティブシステムズ株式会社

From: PR TIMES

2018-01-09 11:00

日立オートモティブシステムズ株式会社(社長執行役員&CEO:関 秀明/以下、日立オートモティブシステムズ)とクラリオン株式会社(取締役社長兼COO:川端 敦/以下、 クラリオン)は、自宅駐車場の周辺環境を記憶する自動駐車技術「Park by Memory」(パーク・バイ・メモリー)を開発しました。今後、自動車メーカーなどへの提案を通じ、本システムの早期実用化をめざします。



近年、駐車時の操作ミスによる自動車事故が社会的な問題となっている中、人為的な操作によらない安全な自動駐車技術の早期普及に期待が寄せられています。こうした期待に応える技術として、利用頻度の高い自宅や職場などの駐車場への自動駐車を実現する「Park by Memory」を開発しました。本技術は、クラリオンの外界認識技術と日立オートモティブシステムズのステアリング、ブレーキなどのアクチュエーターおよび車両統合制御技術を連携させ実現しました。
「Park by Memory」は、車両の前後左右に装着したクラリオン独自のカメラシステム 「SurroundEye(R)」*による俯瞰映像と、ソナー信号による周囲構造物の検知情報、さらにGPSによる位置情報を統合することで、駐車周辺環境と駐車パターンを記憶します。これにより、「Park by Memory」搭載車両は、記憶した駐車場に近づくと、自動駐車可能であることをドライバーに通知し、車内もしくはスマートフォンアプリのボタンをドライバーが押下する簡易な操作だけで自動駐車ができます。
「Park by Memory」は、SurroundEye(R)による高精度な画像認識情報を活用するため、白線で区切られただけの駐車スペースをはじめ、さまざまな形状エリアでの任意の駐車スペースに自動駐車することができます。加えて、専用の位置情報システムではなく、一般的なカーナビゲーションのGPS情報が使えるため、早期導入が容易です。

日立オートモティブシステムズとクラリオンは、今後も先進の外界認識や車両統合制御技術による運転支援技術の開発を強化し、自動車メーカーが加速させている自動運転車両や自動駐車技術の開発を支え、早期の実用化に貢献していきます。
* SurroundEyeはクラリオン株式会社の登録商標です。


[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


■画像データのダウンロード
製品画像データダウンロードシステム「Clarion Data Bank」をご利用下さい。
Clarion Data Bank (リンク »)


■会社概要
日立オートモティブシステムズ株式会社
本社: 東京都千代田区大手町二丁目2番1号 新大手町ビル
事業内容: 自動車部品および産業用機械器具・システムの開発、製造、販売およびサービス

クラリオン株式会社
本社:埼玉県さいたま市中央区新都心7-2
事業内容:車載情報機器、自動車向けクラウド情報ネットワークサービス、セーフティアンド
インフォメーション事業等の製品の開発、生産、販売およびサービス

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]