お客様の声を募る「ローソンのこれからのお店をつくろうプロジェクト」開始!

株式会社Blabo 2018年01月09日

From PR TIMES

日本最大の共創コミュニティBlabo! × ローソン × 全国の生活者のオープンイノベーションプロジェクト

生活者が企業の商品/サービス開発に参加できる日本最大の共創コミュニティ『Blabo!( (リンク ») )』を運営する株式会社Blabo(代表取締役:坂田直樹)は、株式会社ローソン(代表取締役社長:竹増 貞信)と連携し、お客様と直接つながりこれからの店舗についての意見を集める「ローソンのこれからのお店をつくろうプロジェクト」を開始しました。オンライン上のコミュニティなので、お客様は24時間いつでもどこからでも気軽に参加することが可能です。お客様が“わたしのほしい”を伝え、そのアイデアを元にローソンの店舗を進化させていくことで、ユーザーイノベーションを推進してまいります。




[画像1: (リンク ») ]


「ローソンのこれからのお店をつくろうプロジェクト」概要
■プロジェクトサイトURL
(リンク »)

■オンライン企画会議テーマ:
ローソンの店舗を作ろう!あなたがコンビニに感じてるちょっとした気持ちとこんなお店だったらいいなって?
近所のローソンに、自然と立ち寄るようになっちゃった。一体どんなお店だったから?(1月公開予定)
もしもコンビニが日本中から消えたなら…あなたは最後にどのような手紙を書きますか?(1月公開予定)

■お客様への提供価値
ローソンのお客様や全国のユーザーは、店舗に訪れ、商品を購入するだけではなく、「わたしたちがほしい店舗体験」を直接伝え、共同開発することが可能となります。また、候補アイデアに選ばれたお客様には、「ローソンが厳選した商品詰め合わせセット」のプレゼント、限定の企画会議への参加など様々な特典を用意しています。

■Blabo!について
日本最大の共創コミュニティ『Blabo ( (リンク ») ) 』では、2万人を超える生活者がプランナーとして企業の商品開発に参加し、活躍しています。日本コカ・コーラ、カルビー、キリンビール、森永乳業、ハウス食品をはじめとする大手企業から経産省、神奈川県など行政まで、200社以上が活用し、150個以上の商品やサービスが、生活者のアイデアから実現しています。商品開発プロセスにお客様に参加いただくことにより、商品とお客様とのミスマッチをなくしてから発売することが可能となります。また、参加型の商品開発プロセス自体がプロモーションとなり、発売前から話題にすることができる新しいマーケティングとして日本に拡がっています。
[画像2: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Blaboの関連情報

株式会社Blabo

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]