「Onkyo AI」対応 AIスマートウェアラブルを開発、CESにて参考出品

オンキヨー株式会社 2018年01月09日

From PR TIMES

オンキヨーグループでは、2018 年1月9日から12日まで米国ネバダ州・ラスベガス市にて開催される CES(Consumer Electronics Show)2018 において、独自のAI「Onkyo AI」に対応させた、新開発のAIスマートウェアラブル「VC-NX01(仮称)」を参考出品します。



当社は、長年培ってきた音に関する技術とAIを結び付けることにより、音で生活を豊かにするご提案を続けており、昨年には、欧米及び日本にてAI対応スマートスピーカーの販売を開始しております。

このたび、音とAIの融合を“身につける”形で実現する、これまでに無い新しいタイプのAI対応製品を開発いたしました※。                         ※特許出願中(2018年1月9日現在)

2017年1月にグローバルパートナーシップを発表したSound Hound社の対話型音声対応知能「HOUNDIFY」を活用した独自のAI「Onkyo AI」に対応させているほか、オンキヨーの技術の結集により、身につけて話すだけでどこでも快適に音楽再生やAIとの対話を楽しめるスタイルを実現しています。

当社は、経営理念である「VALUE CREATION」に基づき、これまで培ってきた音に関する技術を磨くのみならず、他社技術とのコラボレーションによるAI活用の研究開発にも取り組み、生活をより豊かにする新しい価値提案を推進してまいります。

[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

【主な特長】
首元センサーによる起動
身に付けるだけ、話すだけで自動的にON。完全なハンズフリーを実現しています。

本機器からの音楽、音声と周囲の音を両立させる新技術
音を耳元に集中させることで、AIアシスタントの音声を聞き取りやすく、周囲の喧騒音に関わらず音楽を快適に楽しめ、かつ、周囲の音も聞こえる安心感も提供します。

独自のAI「Onkyo AI」
Sound Hound社の対話型音声対応知能「HOUNDIFY」を活用した、開発中の独自AIを搭載。
[画像3: (リンク ») ]

Sound Hound社の対話型音声対応知能「HOUNDIFY」をもとに作られた音声アシスタントです。
通常のスマートスピーカーでも行われる、質問の応答や音楽再生の他、次の特長を備えています。

1.アシスタントの音声を選択できる「Onkyo Voice」を搭載。お好みの声のアシスタントへ設定が可能です。
「Onkyo Voice」とは
東芝デジタルソリューションズ株式会社が提供するコミュニケーションAI「RECAIUS™(リカイアス)」の音声合成技術と当社の音声入出力に関する技術を組み合わせて開発された音声アプリケーションです。
関連リリース: (リンク »)
[画像4: (リンク ») ]



[画像5: (リンク ») ]


2.時間・位置・ユーザー特性を組み合わせ、シーンに合わせたおすすめアプリと自動連動して、さまざまなサービスを提供します。

3.音声による、複数キーワードでの絞り込み検索が可能。質問を繰り返すことで、探し出したい答えに近づくことができます。

「Onkyo AI」は、今後も機能を追加する予定です。
AIスマートウェアラブルの導入地域、希望小売価格、発売時期については、現在検討中です。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

オンキヨー株式会社の関連情報

オンキヨー株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。