訪日外国人向けAIコンシェルジュ「Bebot」、春節に向けて羽田空港のレンタカー向けサービス提供を開始

ビースポーク 2018年01月09日

From PR TIMES

~中国語でもAIンシェルジュサービスを羽田空港から提供開始~

株式会社ビースポーク (本社:東京都港区、代表取締役: 綱川 明美) は、2018年1月9日より、訪日外国人向けAI(人工知能)チャットコンシェルジュ「Bebot」のサービス提供を、タイムズモビリティネットワークス株式会社(本社:広島県広島市、社長:川崎 計介)のタイムズカーレンタル羽田店と成田空港店にて開始しました。今後は、ご利用状況に応じて全国の店舗へ展開することを予定しています。



[画像: (リンク ») ]

2016年に日本で初めて訪日外国人向けコンシェルジュ業務を人工知能で対応可能にした「Bebot」は、365日いつでも訪日外国人の質問やリクエストにリアルタイムで多言語対応することができるチャットボットです。サービス開始以来、その効果が認められ日本全国に導入施設が増加中。グランベルホテルやホリデイ・イン大阪難波を始めとする宿泊施設はもちろんのこと、2017年11月からは訪日外国人の玄関口である成田国際空港でも導入が開始されています。日本を訪れた方が、ストレスフリーな充実した時間を過ごすための必須サービスとして、また受け入れ側の生産性を高める効率的なシステムとして、導入施設はますます拡大中です。

今回はタイムズモビリティネットワークスのレンタカーサービス「タイムズ カー レンタル」へ、英語に加えて、中国語でも対応するAIコンシェルジュサービスの提供を開始することとなりました。訪日外国人の利用が見込まれるタイムズカーレンタル成田空港店、タイムズカーレンタル成田空港第1ターミナルカウンター店、およびタイムズカーレンタル成田空港第2ターミナルカウンター店(いずれも千葉県成田市)に加えて、春節に向けて、台湾や香港の便が多い羽田店でもサービス提供を開始します。今後は、全国の店舗へ展開することを予定しています。

■「Bebot」導入によるメリット


言語が通じないことで発生するご意見の激減
チャットで宿泊者自身が飲食店予約を行うことによる無断キャンセルの回避
単純な問い合わせ対応自動化による、フロント業務の軽減
チャットによる店舗外での手厚いサポートにより、利用者の満足度向上&口コミ投稿率上昇
施設単位のカスタマイズにより、利用客の細かいニーズへの対応


■「Bebot」とは
「Bebot」は、24時間365日いつでも訪日外国人をサポートすることができる人工知能のコンシェルジュです。訪日外国人からのよくある質問やリクエストに対して、フロントスタッフに代わり「Bebot」が自動で多言語対応します。飲食店の予約も宿泊者自身で簡単に行えるシステムとなっております。ご利用施設の要望にあわせたカスタマイズも可能となっており、訪日外国人ユーザーへ利用施設のレビュー投稿を「Bebot」チャット内で依頼することも可能です。2018年より、海外ホテル他にも導入が予定されています。

■会社概要
商号 : 株式会社ビースポーク
代表者 : 代表取締役 綱川 明美
所在地 : 東京都渋谷区
設立   : 2015年10月
事業内容 : インバウンド向けAIソリューション
会社URL : (リンク »)

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社ビースポーク 広報・ゆきち先生
Email : press@be-spoke.io

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。