インターネット広告やテレビCMの効果を統合的に分析するマーケティングツール「マゼラン」の機能を強化

株式会社サイカ 2018年01月10日

From PR TIMES

リリースから1年で、広告宣伝費ランキング上位100社の1割が広告分析にマゼランを利用

 株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役:平尾 喜昭、以下サイカ)は、インターネット広告(リスティング広告、動画広告など)、テレビCM、交通広告など多種多様な広告の効果を統合的に分析するマーケティングツール「XICA magellan(以下、マゼラン)」に、各種広告データの連携機能、最適予算の管理機能などを追加した、新バージョンの提供を開始いたします。



[画像1: (リンク ») ]


 広告手法の多様化が進む昨今、「予算を投入すべき最適な広告手法を如何に選択するか」は、企業のマーケティング活動における最重要課題となりつつあります。そのような課題を持つ企業に対しマゼランは、パス解析*1の手法を取り入れた独自の分析アルゴリズムで広告予算の最適な配分案を算出することで、全体最適のマーケティング活動を支援しています。2016年9月の販売開始以来1年が経過し、現在では広告宣伝費の金額が多い上位100社*2のうち、実に1割の企業で広告分析にマゼランが利用され、高い評価を得ています。

(*1: パス解析は、複数の要素間の関係性と影響を明らかにすることに長けた分析手法で、それを用いることでマゼランは、各広告施策が成果(売上、消費者からの問い合わせなど)に与える効果の大きさや、各広告施策間の影響と関係性を明らかにすることができます。

(*2: 出典:「広告宣伝費」が多いトップ300社ランキング|東洋経済オンライン|2017年09月10日( (リンク ») )


 追加される機能は、マゼランをご利用いただいているお客様からの要望に応えたものであるため、今回の機能強化により、従来以上にマーケティング業務におけるマゼランの実用性が向上しました。追加される機能は、次のような特長を備えています。


導入、および運用にかかる工数を軽減

マーケティングツールで管理しているデジタル広告データとエクセル等で管理しているデータを連携する機能や、分析に必要な仮説の設計をユーザーインターフェース(UI)上で行える機能などが追加されることで、導入時、また導入後の運用時にかかる工数が軽減されています。

分析の精度改善を簡易化
通常、分析の精度改善には専門的な知識と膨大な工数を要しますが、今回の機能強化により、分析モデルの精度が低い箇所をユーザーが視覚的に把握できるようになり、また、精度が低い箇所の改善もユーザーインターフェース(UI)上で行えるようになるため、より簡易に分析の精度改善をすることができます。

分析結果に基づく日々の予実管理にも対応
レポート作成に必要な情報を出力する従来の機能に加え、予実管理を行うことができる機能が追加されることで、マーケッターの日常業務にマゼランをより活用していただきやすくなっています。

マゼランの新バージョンは。2018年1月24日より利用可能*3になります。

(*3: 先述した各機能は、2018年1月24日の新バージョン提供開始以降、順次公開してゆく予定です。


●マゼラン概要

マゼランは下記の4つの機能を備えています。

テレビCMをはじめとした、あらゆるプロモーション効果の“見える化”
リスティングやディスプレイなどのオンライン広告、ソーシャルメディアや動画、テレビやラジオ・雑誌などのオフライン広告まで、cookieでは追うことができない、あらゆるマーケティング施策のプロモーション効果を統合的に“見える化”できます。また、パブリシティ、競合環境、曜日や祝日の影響などの外部要因も分析に取り込むことができます。

重要なKPIや施策の設定
マゼランでは、各KPIや施策が最終成果にもたらす貢献値(パス解析の分析結果を元にした間接効果を加味した評価スコア)を算出することができます。その貢献値を基に、最終成果の最大化に向けて重視するべきKPIと施策を、数多ある候補の中から選抜することができます。

広告予算の統合的な最適配分
パス解析によって導かれた各広告施策の効果をもとに、最適なプロモーション予算の配分案を算出できます。PC領域など、各種の施策カテゴリに閉じた部分最適ではなく、全体最適から鑑みた費用対効果の最大化を支援します。

最適予算を基にした予実管理
予算配分機能で算出された予算と、その予算で狙える成果目標を基に、成果の達成・未達の管理と、それに応じたボトルネックの発見(予算目標に対して出稿し切れていない)を恒常的に行うことができます。

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

「XICA magellan」製品サイト: (リンク »)


●株式会社サイカについて

サイカは、“すべてのデータに示唆を届けすべての人に幸福を届ける”というミッションのもと、2012年の創業以来、統計分析システムの企画・開発・提供分野において急成長を続けているITプロダクト開発企業です。創業当時より「分析のプロ」ではなく「現場のプロ」であるビジネスパーソンをユーザー対象としており、その独自戦略で鍛え上げた操作性と直観性が高く評価されてきました。
その他詳細はホームページを参照ください: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]