編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

日本人は現在、電子ビザでブラジルに旅行することができます。

GCL Internet Services, LLC

From: PR TIMES

2018-01-13 10:01

この度ブラジルは日本人のための電子ビザ制度を開始しました。 1月11日現在、日本人はオンライン申請を完了することでブラジル eVisa を入手することができます。



[画像: (リンク ») ]

冒頭: ブラジル政府は短期訪問でブラジルへ旅行を希望する日本人のための電子ビザシステムを展開しています。
日本人はオンラインから申請することでブラジル電子ビザを取得することができます。 かつてブラジル旅行を希望していた日本人は、領事館や大使館を通じてビザを取得する必要がありました。 こちらの 日本人向けブラジル eVisa ( (リンク ») ) は、このプロセスを容易にし、申請者の時間と労力を節約します。

ブラジル政府は、日本、オーストラリア、カナダ、米国の市民がビザ申請の 60 %を占めていると述べています。 これら4カ国との絆を強化し、旅行を促進するため、ブラジルはこの簡素化された電子ビザシステムを作りました。
ブラジルのeVisaは、旅行、ビジネス、医療、教育、スポーツ活動など、さまざまな理由でブラジルを訪れる日本人旅行者を対象としています。 認可されたブラジルのeVisaは2年連続で有効で、訪問者に年間90日間の滞在を許可します。
日本人旅行者は数分でオンラインeVisaアプリケーションを完了できます。 申請者は有効なパスポート、Eメールアドレス、ビザ代を支払うためのデビットカードまたはクレジットカードを持っていなければなりません。 ブラジルeVisaの申請書を完成させる場合、旅行者は氏名、生年月日、性別などの身分証明書を提出する必要があります。 一連の義務的な質問もあります。
電子ビザの処理には最大5営業日かかります。 ブラジルのeVisaが承認されると、申請書に記載されたEメールアドレスにPDF形式で送信されます。 日本人の旅行者は、飛行機に乗り込み、ブラジル到着時に国境管理官に見せるために、印刷された承認ビザを持っていなければなりません。

ブラジルは、昨年11月21日、オーストラリア市民のためにeVisaを初めて利用しました。 電子ビザシステムは、今後、カナダと米国向けにも展開されます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]