『サラバ静寂』の予告編が解禁!!初めて音楽に触れる吉村界人と若葉竜也、闇ライブを探し求めるSUMIRE、そしてそんな3人を追い詰めていく斎藤工の姿も!!

株式会社Vandalism 2018年01月14日

From PR TIMES

-僕たちはただ、生きるために音楽を聴いた。

株式会社Vandalismは1月14日、制作プロダクションを務めた映画『サラバ静寂』の予告編が解禁されたことを発表致しました。



[画像: (リンク ») ]

映画『黒い暴動(ハート)』の宇賀那健一監督による、2018年1月27日(土)にユーロスペース他にて公開となる、静かなるノイズ映画『サラバ静寂』(出演:吉村界人、SUMIRE、若葉竜也 、斎藤工 他)の予告編が解禁となりました。

予告編では娯楽が禁止された世界で初めて音楽に触れた吉村演じるミズトと若葉演じるトキオ。そして、父の残したヒントを頼りに闇ライブ=サノバノイズを探し求めるSUMIRE演じるヒカリ。そんな彼らをじわりじわりと追い詰めて行く斎藤演じる警察官、杉村の姿が映し出されております。

▼予告編URL
(リンク »)

【映画『サラバ静寂』あらすじ】

「遊楽法」という音楽や映画、小説などの娯楽が禁止される法律が施行された日本。ネジ工場で働くだけのつまらない生活を送っていたミズト(吉村界人)とトキオ(若葉竜也)はある日、偶然根絶されたはずの音楽が沢山保存されている廃墟を見つけてしまう。廃墟に通いつめ、どんどん音楽に魅了されていく2人は、未だに闇ライブが行われているという「サノバノイズ」の存在を知り、そこへいくことを夢見て一緒に音楽を作りだすのだが、音楽を心から憎んでいる杉村(斎藤工)率いる警察、そして、音楽を所持している罪で父親を殺されたヒカリ(SUMIRE)も2人のいる廃墟へと歩みを向けていた…。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]