ディスカバリーズは、横浜市の「 都市デザイン行政強化のための職員研修等における、ソーシャルネットワーキングサービスの活用実証実験」に参画します

ディスカバリーズ株式会社 2018年01月15日

From PR TIMES

ディスカバリーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田 祐一朗、以下「ディス カバリーズ」)は、横浜市の「 都市デザイン行政強化のための職員研修等におけるソーシャルネットワーキングサービスの活用実証実験」事業に参画します。



背景
横浜市都市整備局は、部署や役職にかかわらず都市横浜の課題に創造的に取り組む意識を持つ職員を育成し、都市デザイン行政力の向上を目指す取り組みをしています。その中で都市的なテー マを設定し、研修やグループワークを通して提案まで行うアーバンデザイナー養成講座を実施しています。

今回、今年度の講座において、所属部署を超えた職員同⼠の自発的な情報の共有や、継続的な共 同作業を行うことから、職員間ソーシャルネットワーキングサービス(以下、庁内SNS)を活用して、研修における情報管理が安定化され、かつコミュニケーションがより活用・促進されるこ とを検証する実証実験を、横浜市に対する公⺠連携の提案窓口である「共創フロント」を通じて 行うこととなりました。

この窓口において募集があったテーマ「都市デザイン行政強化のための職員研修等における、ソーシャルネットワーキングサービスの活用実証実験」に対して、ディスカバリーズ株式会社は、日本マイクロソフト株式会社とともに応募・提案し、共創事業として三社での取り組みを開始することとなりました。

実証実験の概要

目的:
ソーシャルネットワーキングサービスを活用したコミュニケーションによる職員の能力開発とエンゲージメントの向上を検証する

内容:
本実証実験の実証の場となるアーバンデザイナー養成講座では、様々な所属部⾨から参加する 有志職員 50名を対象に、講義やグループワークが行われます。情報共有基盤を通して、気づい たアイデアや入手した参考情報の共有、スキルや経験を持つ職員間の相互理解やつながりを深 め、スムーズで効率の良いコミュニケーションが図れたか、グループワークでの成果に貢献でき たかをコミュニケーションのログを分析して検証します。

この実証実験のために横浜市は、マイクロソフトの Office 365 とディスカバリーズのクラウド サービス「engauge.works(エンゲージ・ドットワークス、以下、エンゲージ)」を使い、 対象職 員に展開します。
[画像: (リンク ») ]


期間:  2017年10月から2018年3月

対象: 横浜市 職員

検証:

職員間のコミュニケーションの機会と情報の集約
事務局の受講生への情報周知業務の負担軽減
受講生間の情報共有環境の差異の低減
研修中の受講生間の活発な議論と成果の質
世代間・部署間・職種間の交流と相互理解
各受講生の専⾨性の発揮と向上



各者の役割


横浜市 都市整備局: アーバンデザイン養成講座の実施、職員によるサービス利用の管理・サポート
ディスカバリーズ: クラウドサービス「エンゲージ」(注1)、「 Discoveries InSite」(注2) 利用環境の提供、 および「インテリレポート」(注3)によるデータ分析と検証、事務局運営サポート
日本マイクロソフト: 「Office 365 」の提供



成果

実証実験を通してデータ収集および分析を行い、本事業におけるソフトウェアの活用による職 員間のコミュニケーションと研修の効果への影響について分析して、横浜市 総務局しごと改⾰ 室へ提出される資料の参考情報として頂きます。

横浜市様からのコメント

「横浜市都市整備局都市デザイン室では、市としての都市デザイン力の更なる向上を目指して、研修やワークショップなど人材の啓発と育成に取り組んでいます。今回の実証実験事業を通じ て、様々な部署から職員が参加する際の受講生間のコミュニケーションや情報共有環境におけ る課題等を解決し、研修の実施効果や成果の質を向上させ、庁内のアーバンデザイナー育成へ と繋げたいと思います。」 横浜市 都市整備局 都市デザイン室 室長 梶山祐実

注1:「エンゲージ」は人と組織を効率よくつなぎエンゲージメント向上を⽀援するクラウドサービスです。
(リンク »)

注 2:「 Discoveries InSite」は、Office365 向けの職員専用総合情報ポータルのクラウドサービスです。
(リンク »)

注3:「 インテリレポート」はシステムのアクセスログを自動的にログ収集して、働き方を可視化・レポー トするクラウドサービスです。
(リンク »)

本件に関するお問い合わせ :
ディスカバリーズ株式会社
アナリティクス&サービスグループ(担当:高橋 一樹)
メール:contact@discoveries.co.jp
電話:03-4360-9177

ディスカバリーズについて ディスカバリーズは、イノベーションをもたらす「働く場」を実現するため、職場でのコミュニ ケーションの活性化からチームのエンゲージメントを高めるサービスを提供しています。個人 の生産性を高めるだけではなく、異なる所属部⾨でも一緒に働くチームの中でコミュニケーシ ョンを図り、相互に貢献しあう(=エンゲージメント)働き方の実現を⽀援しています。 2011年には、マイクロソフト・パートナー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、ディスカバリーズが ⽀援した導入企業の総社員数は 100万人以上におよび(※)、顧客満⾜度 85%の実績があります。
ディスカバリーズに関する詳細な情報は、下記Webサイトを通じて入手できます。 ※2017年時点の集計値です

ディスカバリーズ株式会社  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ディスカバリーズ株式会社 の関連情報

ディスカバリーズ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]