ZTE、クアルコムおよびWearsafeと提携、革新的なIoTデバイスを市場へ

ZTEジャパン株式会社 2018年01月16日

From PR TIMES

予測不能な状況に対応するパーソナルセキュリティ・トラッキングソリューションをコアに開発



[画像: (リンク ») ]

米国第4位のスマートフォンサプライヤーである※ZTE USA(以下、ZTE)は、Qualcomm Technologies(以下、クアルコム)およびWearsafe Labsと共同で、ZTEが誇るクラス最高のハードウェアと、Wearsafeのパーソナルセキュリティ・ソフトウェアプラットフォーム、そしてQualcomm(R) Snapdragon™ Wear 1100プラットフォームを統合した、革新的なパーソナルセキュリティ・トラッキングソリューションを開発すると発表しました。
※Counterpoint調べ 2017年第3四半期

この統合されたソリューションは、ウェアラブルデバイスとして、ボタンを押すだけでユーザーと第三者(救急初期対応者やモニタリング企業、家族など)をほぼ瞬時に繋ぐことができ、不意に起こる予測困難な緊急事態にも高い安心感を提供します。

ZTE Mobile Devices社のCEOリシン・チェン(Lixin Cheng)は、次のように話しています。
「ZTEとクアルコム、Wearsafeが協力し、小さなウェアラブルデバイスを通して、次世代のパーソナルセーフティ・ソリューションを作り出します。コネクテッド・パーソナルトラッキングソリューションは、IoTの未開拓市場のひとつで、これまで消費者のニーズが満たされていませんでした。ZTEは、当社初のパーソナルセキュリティ・デバイスを開発し、ソリューションを市場に発表するのを楽しみにしています」

この提携により、ZTEのモバイルデバイスに、Wearsafeのモバイルパーソナル緊急対応システム(mPERS)を搭載できます。ここで使用される Qualcomm Snapdragon Wear 1100プラットフォームは、ユーザーが求めるシンプルさ、高い安全性と拡張性、そして優れたコネクテッド体験を実現する、次世代の目的別ウェアラブル端末用として設計されました。低電力のPower Save Mode (PSM)や最先端のコンパクトなパッケージ、グローバルバンドサポートの次世代型LTE Cat1モデムなどを搭載、必要な条件を見事に満たしたプラットフォームです。クラウドベースのmPERSソフトウェアは、LTEコネクテッドIoTデバイスに統合されており、ユーザーの判断に応じて重要なユーザー情報を収集し、第三者に送信することができます。

クアルコムテクノロジーズ 商品管理部門シニアディレクター パンカジ・ケディア(Pankaj Kedia)氏は次のように話しています。
「ZTE とクアルコムテクノロジーズは長年協力して、革新的な新製品とソリューションを開発してきました。本日の発表により、これまで展開してきたスマートフォンやスマートウォッチに新たな製品が加わります。スマートトラッカーソリューションは、クアルコムのQualcomm Snapdragon Wear 1100プラットフォームを搭載し、Cat1ベースの事実上常時接続を可能にしたパーソナルトラッカーであり、より長いバッテリー寿命と美しいフォームファクタを備えます。米国および世界に向けて、この製品を発表する日が楽しみです」

また、Wearsafe Labs Inc.のCEO/共同創業者 デヴィッド・ベノワ(David Benoit)氏は、次のように述べています。
「当社がモバイルIoTセキュリティプラットフォームをさらに拡大し、より一層グローバルなユーザーにパーソナルセーフティを提供する上で、ZTEとのパートナーシップは重要な一歩です。ZTEのクラス最高のワイヤレスハードウェアと、Wearsafeの優れたソフトウェアプラットフォームを組み合わせれば、当社のワイヤレスキャリアーユーザーとその利用者に、比類なきエンドツーエンドのパーソナルセキュリティソリューションを提供することができます。このパートナーシップと共に、当社はこれからも真の“限界なき安全性”を提供し、パーソナルセキュリティ業界のディスラプション(改革)を続けていきます」

Wearsafeは、アラームを鳴らしたり、第三者に位置情報を送信したりするデバイスを超えた、クラウドベースのパーソナルセーフティサービスをユーザーに提供します。Wearsafeは、ユーザー情報(健康状態、病歴、投薬など)を蓄積し、ユーザーの位置や移動速度、利用可能なオーディオ情報など様々な状況をより広く活用できるよう記録するソフトウェアプラットフォームです。

Wearsafeについて
2014年に創設されたWearsafeは、モバイルIoTデバイス向けのパーソナルセーフティソフトウェアを開発しています。近年、ガートナーの「クールベンダー」に選出されたほか、インターナショナルデーターコーポレイション(IDC)の「IDCイノベーター」にも選ばれました。Wearsafeはワイヤレスソリューションの第一人者として、企業とコンシューマーモバイル顧客がより良い方法で結びつき、情報収集し、援助を得ることを可能にします。Wearsafeは創設当初から、人々がどこにいようとも守り、より安全な世界をつくるべく尽力しています。
詳細については、 (リンク ») をご覧ください。

※Qualcomm及びSnapdragonは米国及びその他の国々で登録されたQualcomm Incorporatedの商標です。Snapdragon WearはQualcomm Incorporatedの商標です。
※Qualcomm Snapdragon WearはQualcomm Technologies, Inc.またはその子会社の製品です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

【ZTEコーポレーションについて ~Leading 5G Innovations~】
ZTEコーポレーションは通信機器、ネットワークソリューションを提供する世界的なリーディングカンパニーです。業界大手としての包括的な製品群とソリューションにより、民間企業や政府機関向けのICTソリューションをはじめ、最先端のワイヤレス、アクセス&ベアラー、付加価値サービス、マネージドサービスなどを提供しています。ZTEコーポレーションの先進技術は、世界160ヶ国以上の500を超える主要通信事業者に、ビジネスの目標達成、競争力強化の面で貢献しています。さらに、スマートフォン、携帯電話、タブレット、Wi-Fiルーターなどのモバイル機器は、世界中のエンドユーザーから人気と信頼を集めています。ZTEコーポレーションは世界知的所有権機関(WIPO)発表の特許国際出願件数で2010年から7年連続でトップ3に入っています。2016年は特許を4,123件出願し、世界1位にランクされました。
ZTEコーポレーションは5G技術の開発においても、業界をリードしています。2017年9月に中国北京で開催された「第2期 5Gイノベーション開発フォーラム」では5Gトライアルテストにおける第二段階での技術試験証明書を、IMT-2020 (5G) Promotion Groupより受領しており、「Leading 5G」企業として中国の5G戦略事業を全面的に支援し、5G技術研究及び産業発展を促進しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。