ザイリンクス、ISO26262 ASIL-C レベルに準拠したオートモーティブ向け XA Zynq UltraScale+ MPSoC ファミリの供給開始を発表

ザイリンクス株式会社 2018年01月16日

From PR TIMES

XA Zynq UltraScale+ MPSoC により、セーフティ クリティカルな ADAS および自動運転システムの開発が可能に



[画像1: (リンク ») ]

ザイリンクス社 (本社 : 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ : XLNX) は 1月 15 日 (米国時間)、セーフティ クリティカルな先進運転支援システム (ADAS) および自動運転システムの開発を可能にする、オートモーティブ グレードの Zynq(R) UltraScale+™ MPSoC ファミリを供給開始したことを発表した。ザイリンクスのオートモーティブ XA Zynq UltraScale+ MPSoC ファミリは、AEC-Q100 試験規格への準拠が認定されており、ISO26262 ASIL-C レベルに完全に適合する。この製品ファミリは、豊富な機能を備えた 64 ビット クワッドコア ARM(R) Cortex™-A53 およびデュアルコア ARM Cortex-R5 をベースとするプロセッシング システム (PS) と、ザイリンクスのプログラマブル ロジック (PL) である UltraScale アーキテクチャを 1 つのデバイスに統合したものである。機能安全およびセキュリティ機能という不可欠な要素を統合しながら、最適な単位ワットあたり性能をもたらす XA Zynq UltraScale+ MPSoCによるスケーラブル ソリューションは、各種のオートモーティブ コンピュータ プラットフォームに最適である。

[画像2: (リンク ») ]

XA Zynq UltraScale+ MPSoC ファミリは、オートメーションおよびオートモーティブ システムの安全性およびセキュリティに特化した世界有数の認証機関である Exida 社により、ISO 26262 ASIL-C レベル要件への準拠認定を受けている。本製品ファミリに搭載された、リアルタイム プロセッシング機能安全アプリケーション向けの「セーフティ アイランド」は、ISO 26262 ASIL-C レベル要件の準拠認定を受けている。セーフティ アイランドに加えてプログラマブル ロジックを使用することで、モニター、ウォッチドッグ、機能的冗長性などの特定用途に合わせた追加の安全回路を構築することが可能になる。これにより、単一集積回路で ASIL ディコンポジションおよびフォールト トレランス アーキテクチャ設計の両方を効果的に実現することが可能になる。

ザイリンクスのオートモーティブ事業部シニア ディレクターであるウィラード トゥ (Willard Tu) は、「ADAS での実績に加えて、今回、新しい XA Zynq UltraScale+ MPSoC ファミリを発表したことで、ザイリンクスは、市場が要求する安全性とセキュリティを備えた次世代自動運転システムの開発が実現することを期待しています。オートモーティブ製品ポートフォリオを拡充してお客様への提供を継続し、12 年以上にわたるオートモーティブ分野の実績をさらに発展できることを光栄に思います」と述べている。

供給体制
XA Zynq UltraScale+ MPSoC ファミリは現在入手可能である。詳細は、japan.xilinx.com/xa-mpsoc を参照されたい。2018 年 1 月 17 ~ 19 日に東京で開催されるオートモーティブ ワールドおよび 2018 年 2 月 27 日~ 3 月 1 日にドイツのニュルンベルクで開催される Embedded World において、ザイリンクスのブースでオートモーティブ ソリューションの詳細を紹介する。

ザイリンクスのオートモーティブ事業について
ザイリンクスは、最高レベルのソフトウェア ベース インテリジェンスに加えてハードウェアの最適化と「any-to-any」コネクティビティを組み合わせることで、スマートで、コネクテッドな、差別化されたシステムを実現する、All Programmable 半導体製品のリーディング プロバイダーである。自動車業界の顧客は、他に例を見ない独自の先進運転支援システム (ADAS) および完全自動運転プラットフォームを構築するために、ザイリンクスのコンピュータ ビジョン、機械学習、センサー フュージョン、コネクティビティ向けソフトウェア環境および構築ブロックを利用している。ザイリンクスは、センサーおよびアルゴリズムの進化に対応して、差別化された次世代システムの開発に必要なリアルタイム性と低消費電力を実現する、柔軟性および適応性の最も高いオートモーティブ グレードのソリューションを提供する。詳しい情報は、ウェブサイト (リンク ») で公開している。

※ザイリンクスの名称およびロゴ、Artix、ISE、Kintex、Spartan、Virtex、Vivado、Zynq、その他本プレスリリースに記載のブランド名は米国およびその他各国のザイリンクスの登録商標または商標です。Arm および Cortex は EU およびその他の国での Arm の登録商標および商標です。その他すべての名称は、それぞれの所有者に帰属します。

■下記のザイリンクス株式会社ウェブサイトもご参照ください。
・トップページ : (リンク »)
・プレスリリース (日本語) : (リンク »)
・このリリースの全文は次の URL を参照のこと :
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ザイリンクス株式会社の関連情報

ザイリンクス株式会社

ザイリンクス株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]