住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」住宅ローン取扱額が100億円を突破!

株式会社MFS 2018年01月17日

From PR TIMES

フィンテックを活用した住宅ローンコンサルティングサービスを提供する株式会社MFS(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO 中山田 明、以下「MFS」)が提供する住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」は、住宅ローン取扱額※が2016年4月1日の営業開始以来1年9ヵ月で100億円を突破しました。
※取扱額とはモゲチェック・プラザの有料サービスを利用して住宅ローンを新規に借り入れたもしくは借り換えたユーザーの住宅ローン元本合計額です。




サービスが利用されている背景

 従来、住宅ローンを選ぶ際は、不動産会社が斡旋するローンを申し込むかユーザー自身がローンを探して申し込む方法しかありませんでした。
 しかしながら、この方法では最適な住宅ローンがアレンジされない可能性があるという問題点があります。具体的には、不動産会社の斡旋する住宅ローンの種類が限定的で幅広く選べない、住宅ローンの知識がないユーザーは不正確なネット上の情報で住宅ローンの良し悪しを判断せざるを得ないなどです。
 そうした中、2016年4月にサービス開始した住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」は、フィーをユーザーから頂くサービスにも関わらず、一般消費者に徐々に受け入れられつつあります。完全にユーザーの立場にたった住宅ローンの相談窓口が今まで誰にも相談できずに困っていたユーザーニーズの受け皿になり、新しいサービス業態として認知が広がっていると言えます。
[画像1: (リンク ») ]



ご利用状況

 モゲチェック・プラザの有料サービスを利用して新規借り入れもしくは借り換えしたユーザーは2017年12月末で累計354名となり、住宅ローン取扱額は101億円となりました。上半期(4月~10月)の取扱額で比較すると前年度比316%と極めて高い成長率です。面倒なローン選びや申し込み手続きをお任せできる点が大変ご好評頂いています。

[画像2: (リンク ») ]

 また、相談件数(無料サービスのみの利用者含む)は累計1,910件となりました。

[画像3: (リンク ») ]



ユーザーの評価

 サービス満足度調査(5段階評価によるアンケート)を実施しており、最高の5をつけた利用者は全体の72%を占め、平均は4.7です。主なコメントは下記の通りです。
「とても親身にご対応いただきました。 自分で仮審査など受けていた時と違い頼りになり安心できました。」 「初回のヒアリングから借り換え完了まで、思いのほか早く済みました。土日の対応が可能な点、広く金融機関の比較ができ、絞り込みをプロが担ってくれるという点が、お願いする決め手となりました。」
[画像4: (リンク ») ]



株式会社MFSについて

代表者:代表取締役CEO 中山田 明
所在地:東京都新宿区西新宿1-3-15 栃木ビル5階
事業:住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」、住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」の運営など
ウェブサイト: (リンク »)


本リリースに関する報道関係の皆様からのお問い合わせ先

株式会社MFS 担当:塩澤
Tel:03-5989-0575 Fax:03-5989-0576  e-mail:pr@mortgagefss.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。