映画『猟奇的な彼女』の監督と小説『花戦さ』の作者が夢のタッグ! 1月26日映画公開『風の色』著者・鬼塚忠が語る、リアルで純粋な物語を書く秘訣とは?登場人物には全てモデルが…?

株式会社旭屋書店 2018年01月17日

From PR TIMES

旬な作家の意外な素顔が・・・?旭屋書店「本TUBE」ピックアップ本、著者出演インタビュー企画!【旭屋書店主催イベント:著者出演インタビュー】

旭屋書店では、1月23日から各店舗で“純粋な気持ちを思い出したい時の一冊"にて、鬼塚忠さんの『風の色』をフィーチャーした『本TUBEニュース』コーナーを設置!連動して、1億人の本と本屋の動画投稿サイト「本TUBE」のスペシャル企画、ピックアップ本の著者への直接インタビューも開催!今回は、『風の色』発売を記念し、鬼塚さん自身に、じっくりと語っていただきました。



[画像1: (リンク ») ]

◆本編再生はコチラ!
(リンク »)

旭屋書店では、鬼塚忠さんの『風の色』(講談社)発売をフィーチャーし、著者インタビューを実施した。これまでに多くの作品が映画化されてきた鬼塚さん、主な著書に『Little DJ』(2007年映画化)、『カルテット!』(2012年映画化・ミュージカル化)、『僕たちのプレイボール』(2010年映画化)、『花戦さ』(2017年映画化)、などがある。
本作『風の色』は、2018年1月に劇場公開を予定。『猟奇的な彼女』を手掛けたクァク・ジェヨン監督との共作が話題となっており、監督自身「自分史上、最高のラブストーリー」と銘打つほどの自信作という。舞台は流氷の北海道・知床と東京。そこで生きる二組の男女が、ドッペルゲンガーの世界へと迷い込んでいく。人間の存在の本質を、ミステリータッチで描き出した最高傑作のラブストーリーとなっている。

――こちらアイディアはクァク・ジェヨン監督ということですが、面識はあったのですか?

面識は全くなかったですね。ただ私は、クァク・ジェヨン監督の『ラブストーリー』という映画が大好きだったんです。今回『風の色』小説化の話が持ち上がって、原案に対して話を書く小説家を探している中で、私が候補に上がったようです。その後ストーリーや、色んな話を聞く前から、監督と仕事がしたいという意思を伝えました。
[画像2: (リンク ») ]

――純愛ラブストーリーを良く書かれていますよね?読んでいると、邪な気持ちのある人が出てこない、純度の高い物語ばかりなんですよね。なぜこんな美しい物語が書けてしまうのですか?

小説を書くときは、登場人物のモデルがいないとキャラがぶれるから、絶対モデルを作るんです。私の周囲に、あまり邪悪な人がいないので当然小説にも出てこないんです。原稿を書くときは、最初は登場人物の名前をモデルとなった方の本名で書きます。最後に一括変換して違う名前にするんです。

――主人公の男の子のモデルは?

“なりたい自分”ですね!「モデルは自分」と言ったらおこがましいですけど(笑)。

___________________

本編のインタビュー動画では、この他にも質問やトークが盛り沢山、そして普段は見ることのできない作家さんの表情も楽しめます!完全版が見たい方は、ぜひ本TUBEをチェック!

→ (リンク »)


[画像3: (リンク ») ]

文庫: 256ページ
出版社: 講談社

※店舗によりコーナー名表記・開催日程が異なる可能性がございます。予めご了承下さい。
[画像4: (リンク ») ]

◆本TUBEとは・・・
著者出演動画数は国内最大級!本屋が作った動画で気軽に”本”と出会えるコミュニティサイトです。
読んでみたくなる本が動画で見つかる、読んだ本の記録や整理できる本棚機能など、
毎日の読書がもっと楽しくなるコンテンツが盛りだくさん!
(リンク »)


◆公式Twitter
(リンク »)

◆公式Facebookページ
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]