アプリから最速1分で誰でも作れるVisaカード「バンドルカード」が「ソフトバンクまとめて支払い」でのチャージ対応を開始

株式会社カンム 2018年01月19日

From PR TIMES

30万インストールを超えるユーザーに向け「ドコモのケータイ払い」に続く携帯キャリア決済を開始

最速1分で作れるVisaカード「バンドルカード」( (リンク ») )を運営する株式会社カンム(本社:東京都港区、代表取締役:八巻渉)は、ソフトバンクユーザーに向けた「ソフトバンクまとめて支払い」によるチャージの取扱いを開始したことを発表いたしました。



アプリから最速1分で誰でも作れるVisaカード「バンドルカード」は、多くのユーザーの声にお応えして「ソフトバンクまとめて支払い」によるチャージへの対応を開始いたしました。


キャリア決済によるチャージは、ドコモ、ソフトバンクなどの各キャリアの管理画面でID、パスワード、暗証番号を入力するだけで簡単にお支払いできるサービスです。 ユーザーはバンドルカードへのチャージ代金を携帯電話の利用料金と後日まとめてお支払いができるため、シンプルで利便性の高いチャージ手段として多くのユーザーに利用されています。

(ソフトバンクまとめて支払が追加されたチャージ画面)
[画像: (リンク ») ]



今回ドコモに加えソフトバンクによるキャリアチャージが可能になったことでユーザーの皆さまに、より多様なチャージ手段を提供することができると考えています。

「バンドルカード」は2016年9月の発行以来、若年層を中心に約30万ダウンロードされ、約30億円の利用をされているVisaプリペイドカードです。アプリ世代ユーザーの利便性を追求した決済手段を提供しており、ユーザーに寄り添った様々なサービスを今後も提供予定です。

バンドルカードについて
バンドルカードは「アプリから誰でも1分で作れるVisaカード」というコンセプトのチャージ式Visaプリペイドカード。生年月日と電話番号だけでアプリからすぐにネット決済専用のバーチャルカードが発行され、希望者は実店舗で使えるリアルカードを持つこともできます。
カードは日本を含む全世界200以上の国と地域にあるVisa加盟店でご利用いただけます。

株式会社カンムについて
株式会社カンムは、2013年から大手クレジットカード会社と提携し、「Card Linked Offer(以下CLO)」を運営してまいりました。CLOは、クレジットカードデータを使ったターゲティングと、導入設備が一切不要なことが特徴のカード決済インフラを活用した店舗への送客手法です。2016年からは、若年層向けに、最速1分で作れるVisaプリペイドカード『バンドルカード』を提供、自由なデザインで発行可能な企業や団体との提携カードの発行も開始しています。

カンムは今後も、「バンドルカード」を通して、これまでにないカード体験を提供してまいります。


詳細はWebサイトをご参照ください。
(リンク »)
・「ソフトバンクまとめて支払い」のチャージ方法: (リンク »)
・「バンドルカード」アプリのダウンロード: (リンク »)
・「バンドルカード」Webサイト: (リンク »)
・「バンドルカード」オフィシャルサイト: (リンク »)
・「バンドルカード」コラムサイト: (リンク »)
・「バンドルカード」公式Facebook: (リンク »)
・「バンドルカード」公式Twitter: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]